マヤの預言とアベノマスク⁇ 180話

以前、マヤの預言の続きを書いたので、後は世界の人々の意識が変わるのを願っていたがやはり、無理であったか?日本だけでもと思っていたが予言通りに進んでいるとしか思えないですね。私は悲劇を望んでいるわけではなく、予言が当たらない事を願っているのですが。

コロナの傷もかなりのダメージを世界に与えてはいますが、これから十年の間にはもっと大きな被害があるのではと思っています。今、大地震が来ると専門家が話していますが、これで福島のような地震、津波、原発災害が重なれば、回復不能の事態になるでしょうー、仮にオリンピック開催の時に起きた場合は世界の大悲劇となるは必定で、そういう事を想定してオリンピック誘致を決めたとは到底思えません、権力者の栄光と人気集めの為ではなかろうかと思っています。

今の安倍総理は散々叩かれていますが、自業自得の面もあるでしょうー私は彼が他の知事とか歴代総理と比べて大きく劣るとは思っていません、戦後では石橋湛山総理とか、戦前、右翼に襲われて男子の本懐と叫んだ浜口雄幸総理などの例外を除けばの話ですが。

他の人に比べて自己アピールが下手と言うか、演技が大根役者ですぐにボロが出る、それに夫人の不要不急の行動が足を引っ張る面もあるが、これは似たもの夫婦であり、仕方なしか、別に特に良いと言うわけではなく、トップになってはならない人達がトップになっている日本国民こそ不幸で時代が波静かな徳川時代であったなら勤まったでしょう。

マア、徳川時代で言えば、末期の井伊直弼の頃てはとても勤まらないし、大老にもなれなかったと思いますが、その当時に今の政治家たちに誰が勤まったかと思うと皆、?の人間ばかりで、是からの日本は未曽有の危機に入っていくのに我が日本国民は凡庸な人間しか選べないのが現状で、世襲のボンボンたちが人気になるようでは真っ暗である。

歴代総理は米国大統領のご機嫌を伺い、彼等の希望に適うような政策をさも、日本政府が考えたようなふりをうまく出来た総理だけが長期政権となっている、他の議員たちがやっても同じで上手く出来るかどうかの差であり、人物の大小ではない

ただ、人間の質の面では多少劣る事は否めない、コロナが起きるまでは、俺様が日本の最高責任者だなどと傲慢な態度をとっていたが、米国の
大統領の前では小さくなっており、責任は私にあると言っても何もしない、報酬を一年、全額返上とか、直ちに総理を辞めるとかの行動がない

モリカケ騒動の時も今回の検事長辞任の騒動にしても、口では責任は私にあると言うだけで、まったく風呂屋の番頭総理と言われてもしかたあるまい、今回の検事問題も誰が見ても、総理の意向があり、またもや、忖度役人かと国民は思ったでしょう、弁護士出身の法相が野党の人間ならば厳しく追及したと思う、法相に任命されたので恩義があるのか?ボンボン総理の為に迷走したか?ストレスはかなりあるだろう。

私の生活でいえば、外に出る時はマスクをと連日、テレビなどで叫ばれていますが、一月の終わりころにマスクを何枚か所持していたのですが
これを使い二枚になったので、もう、買わなくてはいけないと思い求めたが全然、なくて諦めた頃、内閣が一億枚増産とか、六億枚増産と声を大にして誇らしげに言うので、何とかなると思ったのだが、まるで市場に出なく、高値の闇マスクばかりが話題になった

私のような貧しい庶民にとっては高額なマスクを買う余裕はないので、とうとう、二か月間、二枚のマスクを洗っては使っていました、よれよれのマスクであり効果はないとは思いましたが、外に出るにしていないと白い眼で見られるし、万一、自分が人に移すことは避けねばならないのと効果がなくて自分に移されるのは覚悟の上でした

マア、阿部のマスクはまるきり期待していなかったので腹も立ちませんが、マスクなしではどこに行くにも人の目がありますのでかなり、弱りましたね、自画自賛の安倍内閣を非難する気はありませんが、闇マスクなどを税関などで押さえて、国が一括して買うと言う政策が出来なかったのか?日本国中、何処にも売ってないというなら仕方ないですが、こういう所でトップの器量を国民は見る。

民衆党の総理だった菅氏もトップになるべき人ではないと満天下に醜態をさらしたが、イラ菅というあだ名がありましたが、民間の人間にあのように怒鳴り散らしていたのでは下の人間は委縮するだけである、無論、役人には怒鳴っていいと言うわけではないが、老人は死ぬ気でやれと言う意味だと説明したが、東電の故吉田所長の爪の垢でも飲んだ方がいい政治家は山といるなー

昔から、政治家は党利党略、私利私略に走る事が多く、戦前、あの犬養総理でさえ、野党の時、海軍軍縮に調印した浜口内閣を統帥権干犯と騒ぎ倒閣運動をした、軍艦を米国、英国と同じ比率にしないと国防に自信が持てないとの海軍軍人の主張を入れたのだが、結局は軍部台頭のきっかけとなり、海軍軍人に殺されている。

戦艦の比率を553から555にしろという交渉は貧乏国の日本が金持ちの米英と同じにする必要はなく、平和路線で行けばいいと言うのが浜口総理の主張であり、今から、見ればどちらが愛国者であったか一目瞭然である、軍艦ありて国は泣く、陸軍有りて日本ナシの帝国であった、それが
飛行機の時代になっても戦艦大和であり、無残な敗戦となる。

国賊とか、非国民とかは軽々しく言うべきではなく、あの山本五十六元帥でさえ、日米戦争を回避しようと頑張っていた海軍次官の時に国賊とか愛国心のない女々しい軍人だと言われていた事を思えば、近視眼的に人を色眼鏡で見るのは避けるべきである。日本では勇ましい発言をする人間を持ち上げて、人に愛国心はないのかと攻撃したがる、慎むべきである。

検事長の問題にしても、あれは安倍総理の意向ではなく、他の人があの検事長を押していたのだとか、またもや、御用評論家が言い出した、平目官僚と忖度役人に御用評論家、御用マスコミに囲まれて、国民が見えないのか?世襲ボンボンではこの程度なのかもしれない、

週刊誌が出す特ダネは、本来なら、金も人員も組織も桁違いな大手マスコミが出すべきなのに、それがほとんどないのは、権力者たちとの癒着があるからで、麻雀事件で図らずも国民は知ることになった、もっともそんな賭け麻雀の話は大手マスコミなら、誰もが知っている事で、過去にもあったし、記者クラブでは当たり前であろう。

接待麻雀に近い事もあるだろうし、賭け金ももっと大きいだろうと思っています、レートを低く発表して問題を大きくしないように配慮したのか知らないが、そんなことで得られる、特ダネは国民には何の益もない、つまり、当たり障りのない事しか記事せず、政局を揺るがすような
特ダネは、権力者に貸しをつくり沈黙する、御用マスコミは国民には何の益もない、

いずれは中国や北朝鮮のようなマスコミになるであろう、民主主義を唱えているが、本音は徳川時代のような知らしむべからず寄らしむべしで
あろう、徳川を倒した薩長政権も似たり寄ったりで、民権運動を弾圧した、要するに権力者たちに従順な羊であれば、いいが、反対するものは
抹殺するのが独裁政権で、台湾や、香港の人達はよくやっていると思います。

日本はどちらに転んでいくのかわからないが、いい方には転ぶまい、すべては米国次第だが、日本の舵取りは容易ではない事は誰てもわかる、今は米中が反目しているが、バランスが崩れた時はどうするのか、独ソ不可侵条約の例も過去にあり、米中蜜月もあるだろう、はっきりしているのは日本の製品がなくても、米国も中国も困らないという事で、忍耐競争では日本に勝ち目はない、

独立独歩でやるには、軍事も経済も弱い、核の脅しには白旗で国民に戦前の忍耐を求める事は至難であり、日本は食料と石油を止められれば、戦争以前に白旗である、それは米中もソ連もよくわかっている、軍備を強化するには莫大な金がかかり、米中ソに勝てるわけはない、それで北朝鮮は核兵器を選んだ、それが成功して各国が金を出した。

日本は通常兵器は米国から買わされてある程度は保持しているが、こういう軍事強国に対抗できるかと言えば、いつまでたっても米国の財布である、これから、災害もあるだろうし、順調な間はいいが、この難しい時代に凡庸なトップでいいのだろうか?

元都知事が以前、日本の海上自衛隊の方が中国より強いような発言をしていたが、こんな、相手を挑発するようなことを権力者が言ってどうするのかと思った、例え、床屋談義でも長屋の住人が言うなら許されるがそんな低級な話をして自己満足するのは勝手だが、戦ったら勝てるかもと国民に思わせるような発言は、慎むのが大人であろう。北朝鮮とは比べ物にならない核ミサイルを保持している中ソに自慢しても仕方なし。

ただ、日本の制度では選挙によってトップになる、よってボンクラでも凡庸でも余り文句を言えない、自分は彼に投票していないと言ってもそこの選挙民が凡庸ではどうにもならない、よって、選挙制度を変えるべきで二回、投票に行かなかったら三年か五年は投票権は失効するというような制度にすべきで、権利があれば義務もある。

戦前は義務ばかりで納税と徴兵ばかり押し付けられた、選挙権もある程度の納税者だけに許されたので、選挙の時は大手を振って投票所に行った、それを昭和に入り治安維持法と抱き合わせで普通選挙権を与えたが婦人はなしであった。それでも男子は25歳以上は与えられたが、後半は
大政翼賛会など官憲の締め付けは強く、自由に議員を選べたわけではない

それを戦後、男女とも20歳になれば選挙権を与えられたので、勝ち取った権利という意識が薄くなり、選挙に行かなくなった、大体、金を使ってまで選挙に行ってくださいとお願いするのは間違っている、自分たちの社会をより良くする為にあるのであって行きたくない人は効力がしばらく失効するのは当然である。

かって、元総理経験者が無党派の人は寝ていてくださいとの発言があったが、これは少ない投票率では支持者が固いか、何が何でも投票に行かせる政党に有利になるからで、本来なら、選挙民の八割が投票してその中の当選者が真の選良である、今は選良というより悪霊であろう。
選挙に行く気がないのなら、選挙権を放棄が返上したらどうであろうか・・・金で売るのは論外であるが。

学校の行事には父兄は黙っていても参加する、選挙には自分たちの未来を決めるという意識が少ない、よって権利放棄なら、ペナルティがあってしかるべきでサッカーのレッドカードのようなものが必要である、さすれば、たいして効果のない宣伝費を使わずとも投票所に行く人は増える筈である、そういう事をしないのは悪徳議員たちに有利だからで、マスコミもそういう事は言わない、故に醜議員とか惨議員ばかりになる

この国は権力者と宗教法人、御用マスコミ、御用司法に支配されているが多くの国民は気が付いていないか、諦めているかのどちらかであろう
私はパブロフの犬になる気はない、ヒットラーも言っていたが嘘も何回も繰り返されると真実と思うようになるのが大衆だと。
ロッキード事件も米国で問題にならなければ、日本の司法は何もしなかったと思う、検察が独立していると言うのは夢物語で、時の権力には最終的には沈黙するだろう。麻雀検事長の件はたまたま表に出たので叩かれているだけであろう

近頃、女子プロレスラーが自殺したことに貧乏神の官房長が談話を出していたが、自分たちの政権の不祥事には財務省の役人が抗議の自殺をしたのにはお悔やみを申し上げるが再調査はしないとロボットのような態度であったのに、彼等が談話を出すときは常に何か裏があると思っています。これを機に政権に不利な発信をする人間の取り締まりを強化しようとかである。

個人情報保護法が何故、権力者保護法と言われているのか、それは大手マスコミはどうにでもなるが週刊誌は難しい、それで個人の銃を保護すると言う国民に耳障りのいい事を言って制定した過去がある、彼等は自分たちに有益な事を常に考えているから、その裏を見なくてはならない
そんな、国民の一個人に涙するような繊細な人間ではない、大厚顔の人達である。

検事長の問題である程度の芸能人がネットに発信していたが、よく見ると、人気アイドルグループとか大手芸能プロのタレントたちは沈黙している、それは芸能プロが阻止しているか、タレントたちに本当にそんな危機感がないかであろう、アスリートたちも同じてある、桜を見る会には参加するが余計な事を言って権力者たちの機嫌を損ねたくはないというのが本音ではないかな。

権力者たちと蜜月であれば、何かの時には助けてもらえるかもとか、あのレイプ疑惑の新聞記者の例を見ているので猶更であろう、米国では真のエンターテイナー達は堂々と発言する、記者はそうである、日本にはジャーナリストはいない、真のエンターテイナーもいない、大岡越前も遠山の金さんもいない、権力批判にならない事では芸人はハッスルする、故に、人気タレントたちの唄う絆とか、連帯とかの応援歌を私は歌わない、NHKの流す歌もタレントたちが唄わない、出ない応援歌なら聞く。

ジャーナリストはいないが記者クラブという従軍記者は大勢いる、公平にニュースを流すなら各社にファクスを送ればよろしい、検察でも政治家でも特定の個人にだけ流すネタなど、それが速かろうと一日遅れだろうと国民には何の益もない、彼等が聞いて流さないネタの方が国民には
大事である、自分の所で発表出来ないので週刊誌に売る記者もあろう、戦前の従軍記者は軍の検閲があり、軍の都合のいい写真や記事しか発表
出来なかった・・・・今はどうだろう…・地位と収入は大手マスコミと格差があるが週刊誌の方が頑張っていると思う。

果たして、日本がこのまま、やって行けるのか?以前、昔を取り戻すと叫んでいた安倍総理の昔が、コロナの前ならいいが、薩長政権の頃なのか、大日本帝国の事なのか?私の使命とやらがころころ変わるなー、かっては私の代で拉致問題を解決する決意とか、それが憲法改正になり、オリンピックになり、今度はコロナ終結に邁進とか言ってたが、マスクも金も不十分なのに検事長の定年問題に邁進していたとは・・・・・、

そして相撲で言えば完全に死に体の総理に今も群がっている、御用評論家やマスコミ、平目議員、忖度役人を見るにつけ、沈没していく国はこんな風に落ちて行くのかと思っています。人類に希望があるような世界情勢なのかなーーー自分たちの欲望を満足させる為に武力や戦争になってもいいと思っている人達が多いか、そういう人達が権力を握っている国が大国であるのは人類の不幸である。

マア、凡庸でもボンクラでもボンボンでもヒットラーやスターリンのような人間よりはましではありますが、今、チャップリンが生きていたら
どんな映画を見せてくれただろうか・・・現在の独裁者の真似をして笑わしてくれるだろうか

私は普通の人でありたい、地球の最後が来ても人類の最後が来ても神に感謝して地球を去りたいと思っています。
何も持たずにこの世に生を受け、何も持たずにこの世を去る 当然ではなかろうか


人類が全部、滅亡ではなく少しは残るのですが、大半は消えるでしょう、アトランティス大陸の消滅と同じで、そこから逃れた人類がまだ、未開のエジプトなどにたどり着き、新しい文化を発展させたように、今の人類がほとんど消滅しても残りの人達が新しい世紀を作り出していくのではと思います。ただ、今の文化、世俗の名利に執着して生きて来た人類にとっては悲劇ではありますが。

マヤの預言の続きを知りたい人達へ 179話

今月は、三回目のブログとなりますが、どうしても書いておかねば後悔すると思いまして、ここに掲載しました、人間、一寸先は闇と申しますから何か、心を突き動かすものがありまして書きました、過去にマヤの預言と22世紀はあるかの二つのブログを載せましたが、これは最終回の積りです

私の書いた事を信用しても信用なさらなくても自由でありますが、是からの読者の方たちの人生の参考になればと思っています、今も厳しい状況ですが、これはほんの序曲に過ぎないと思っています、数年たてば、本当の地獄の窯が開くのではと、退屈で平凡な日常が懐かしく思えるような日が来るのでは・・・・・・悲しい事ですが、・・当たらない事を祈っています。

私自身は天命に従って生きていますので、今日を一生懸命に生きれば、明日、死が来てもそれはそれでよく、一年後でも百年後でもなんら構わないと思っていますが、このまま、人類の終焉を傍観してるのは人としてはどうかと?愚かな人たちの共犯者にはなってはいけないと。

マヤの預言は2012年で終わっていますが、地球はまだ動いています、人類や多くの生物が滅びても地球はこの先も長く残るでしょうーそれでは2012年とは何なのかという疑問がわいてきます、それは人類が明るい未来に進める最後の年が終わったと言う意味でしょう、

どこかの宗教団体が自作自演のハルマゲドンを引き起こそうとしましたが、そんな事をしなくても人類は滅亡への道を進んでいると思います。坂道の頂上から地球という大玉が転げ落ちているのに、途中で止めるのは本当に至難の事で、例え、誰かが潰されても又、誰かが支え全員が力を合わせて押しとどめる努力をしないと、そして地球をそこから落ちないように渾身の力と叡智を結集しないと無理で、出来ると思いますか??

コロナでさえ、自分たちの欲を剥き出しにして他人よりは自分という人達が多くいるのを見れば、如何に困難かおわかりでしょうー今の状況は福島の津波が押し寄せる直前で地震で右往左往しているようなもので、本当に酷い原発の崩壊がすぐに迫っているのにまだ、大丈夫だろうとか、地震が治まれば,又、元の生活が出来るだろうとの甘い予測をして昼寝をしているのが、2020年の地球の人類の有様でしょう、

ファティマの預言と言う言葉を聞いたことがあると思いますが、これは、1917年にポルトガルの田舎のファティマに聖母マリアが現れ、三人の子供に預言を託した事件で、何万と言う大群衆は恐れおののいた、この予言は三つあり、三人の子供の一人が修道女になり、ローマー法王に内容を書いた紙を提出した、これを見たローマ法王は卒倒したと言われている。

一は大一次大戦の終結、二は第二次大戦の終結、これは公表され当たっている、それゆえ、三番目の預言も確率が高いと思われ、ローマ法王が卒倒して、未だに公表しないのは人類の終焉だろうということで、それが2043年とされている、良い預言でないことは確実で、いつまで法王が
沈黙しているのか・・・バチカンが壊滅するまで待ち、一緒に滅ぶ道を選んでいるのか・・・バチカンの権威を守る方が大事なのかはわからないが、時間はない…聖母の預言なのでじたばたしても仕方ないと諦めているのか??

ノストラダムスの大予言と違い、普通の人でも難解ではなく、三本の中の二本が的中とあれば、神の代理と称している法王としては聖母の預言を信じないわけにはいくまいが、発表して人々がそのまま、畑を耕す生活を続けてくれるか?今までどおり、神を信じて、教会を信じて静かな生活を続けてくれるか?どうか迷ったのではなかろうか?

ローマ法王が言うのだから間違いない、後、二十年なら好き勝手な生き方をした方がいいと秩序がなくなり、無法者の世界になるかも知れぬと
イスラム教の人達や、仏教徒やヒンズー教の人達は温和な生活を続けてくれるか?チャンスとばかり、戦争を仕掛けてくるかも知れない、どちらにしろ沈黙したほうがいいだろうとの考えに至ったのかも知れない。

私は神様を百パーセント信じていますが、神や仏の代理はいらない、中間はいらない直接、神の僕でありたいと思っています、地上の人間の王様や権力者たちの奴隷や僕になる事は拒否しますが、神の従者でありたいと思っています、人に命令したり、ふんぞり返って豪華な邸宅に住み
差別したり、貧しき人達を見下ろすような生き方はしない。

学校の試験では差別はいけないと思いますと書いた秀才たちが、官僚や権力者になり、人を差別して見下ろし、道徳教育が必要だと発言するのはまさしく、喜劇であり噴飯物である、上にはゴマをすり下には威張る、下士官根性が将官たちも同じになったと言うべきか。

世界の状況を見るにどんどん、滅亡に向かっているとしか思えない、質素で正直な生き方をしている人が多いか少ないか、そういう生き方を求めている人が多いかどうか、多くが貪欲に人よりもいい生活を、人より出世し楽な生活をしたい、そういう暮らしをしている人が羨ましいとか
己の貧しさを卑下するか、世俗の名利に淡泊な人は奇人扱いされるか、馬鹿な生き方と思われるのではなかろうか?

そういう楽な生活を保障してくれるのではないかと有名大学に行き、行けなかった人間はとにかく、金だと金だと突き進み、彼等よりも豪華な生活をして見返したいとの生き方をするようになる、今までにもそんな生き方をして大金持ちになった有名人は幾らでもいる、金か権力か、両方か・・・そういう人達が後、二十年と知ったらどんな生き方をするか?・・・人を騙しても上に立つ欲を捨てるだろうか?

確かなのは権力者たちは正直ではないという事、例え、ローマ法王から情報を得たとしても信じない国もあるでしょうし、やはり、ぎりぎりまで沈黙したほうが都合がいいと思うか・・公表するのは誰の目にも助かりそうもない天変地異か、核爆発があった時でしょう・・・そういう時でも自分たちの安全を確保してからではなかろうか?国民と一緒に沈む道を選ぶ指導者が何人いるかでしょうーー

コロナで何百万以上、死んでも悲しいが驚きはしない、貧困の人達の多い国、水もろくにない衛生環境の悪い国ほど、人口も多いし、密集も避けられない、病院もない、行く金もない、どうして、このまま終息するだろうか?奇跡があるとすれば、低価格の副作用のない薬がすぐに発明されるか?この貧しき人たちが強健な体力を有して、ウイルスをものともしない事だろう?が手洗いも石鹸もマスクもない人たちの明日を思えば、神に祈るしかない・・・・・

狂牛病は一千万に一頭くらいの確率だと聞いたが、それでも多くの正常な牛が殺処分になった、豚コレラにしろ、鶏にしろ、ウイルスが発生するとそこに住んでいる仲間たち全部が殺処分である、人間だけは例外なのか、何となく心が痛む、そんなに人間は偉いのかと。鳥インフルエンザは空を飛んでくる、コロナウイルスはそういう種類なのではなかろうか?

人間も自然の一部である、鳥も獣も草や花も同じで一緒に生きている、万物の霊長だなどと高みに上がり、あまり傲慢になってはいけないと思います、過日、世界遺産の知床で熊親爺というあだ名の男性のテレビがありましたが、彼も同じような事を言ってました、熊を殺すのではなく一喝して追い払い何十年も被害なしと、

この人は漁師で最初は恐怖があり、ハンターに熊を殺して貰っていたのですが、後味の悪さを覚え何とか共存の道を探り今に至ったと。権力者が官僚を、官僚が庶民を見下ろすような精神的差別を他の生物にしたくはないですね。

豚や牛の場合は人間には感染しないから、安心だと言われている、鳥インフルエンザも最初は人間には感染しないような事を言ってたが、どんなウイルスも突然変異するかも知れないし、結核菌と同じで、今はより強力になったと聞く、最初のワクチンが効いても長くコロナが続くうちに強力になるのではないか? 一度抗体が出来たら、天然痘のように完全なのか?誰もわからない

蝙蝠の研究から出たのではと言われているが、中国が発表しないから確かな事は言えないが、イソップ物語のコウモリは地上の仲間になったり鳥の仲間になったりで狡い動物とされているが、人間の仲間であったとはウソッフ物語となるかな

人類が結集して叡智を出して協力して地球を守る最後のチャンスを神様がくれたのではと思います、問題は終結後もそういう関係を続けれるかどうかですが、運搬途中で他国のマスクを何倍もの高値で横取りしたような大国があるのが現状で、売る国も売る国であるが。

こういう例を見ると、幕末に鉄砲を幕府側か薩長側かに売るのに、うちは商売人ですから金を出す方に売ります、武士には武士道があるように商人には商人道があると大見得を切ってあくどく設けて、戦前に大富豪になった男がいたのを思い出します。

戦前、三菱が中国の蒋介石に鉄条網を売って儲けたのを軍が、帝国陸軍の兵士がそれによって難儀して犠牲を出したら何とすると叱責したところ、三菱の答えは、兵隊さんは国を守るのに命を懸けで働く、私たちは品物を売って国を富まして国防に協力している、何の問題もないじゃありませんかであった。マア、自分の息子が鉄条網の前まで行って戦死するかもとは夢にも思わないのでしょうが

第二次大戦後、最大の危機だと欧米の国は言っておりますが、今までシリアにしろベトナムにしろ、アフリカなどで大勢死んでも他国の話と無関心だったのが、自国でかなりの死者が出ると最大の危機とは人間勝手なものだと思います、それを人類は繋がっている、戦争は駄目だと強く反省して平和路線に行けるかどうかでしょうー第一次大戦の後、しばらくは反省したがナチスが出て来て前より酷くなった

何処の国とはは言わないが、何とかファーストでやっている権力者たちにとっては他国よりは自国であり、それは他県よりは自分の県、他人よりは自分という最小単位が、そのスタートでしょうー人間はイエスでも仏陀でもないですから、自分が優先する人がほとんどでしょうが、国の舵取りをする人間はそれを押さえるべきで、そういう人を選ぶのが正しい国民で、独裁国家では国民に選ぶ権利はないので、何とかファーストをやられても他国は戦争か黙認かになります。

さりながら、一応、民主国家と自他ともに認めている国のトップが自国本位、自分本位であるなら、それは国民に責任があるでしょうー後から、こんな筈ではとか、こんなアホであったとか、無責任だとか言っても自分にも責任ありで、特に権力を監視する役目にあるマスコミと
司法には大きな責任があると思います。普通の国民は自分の仕事に忙しく、人の仕事をよく知らないし、わからない、

政治の方もわからないように役人と政治家とマスコミが結託すれば、まず、わからない、そして個人情報保護法「別名、権力者保護法」がつくられたので国民は目をふさがれた儘、走らされているようなもので、たまに週刊誌が暴露し、たまに検察が余りに酷いと社会秩序に影響すると思った時だけ、逮捕する、税金の使用が適切であるか検査する、会計検査院も大きな不正は黙認するが、小さな不正を取り締まってやっていますと存在意義を示す。

検察、そんなものは総理の意向に逆らえるわけはないとばかりに大汚職や大選挙違反をやると、あまり、舐めた真似をするなと大々的にやって
アピールする、どの程度、国民が三権分立を信用しているかはわからないが、大岡越前とか遠山の金さんはいないと私は思っている、遠山桜は
権力者には通用しないか?見せる場面もないか 徳川政権より今まで、知らしむべからず、寄らしむべしが続いている

日本の中ではコップの中の権力争いが続いているが、世界では覇権争いがバケツの中で続いている、トランプアメリカが勝っても醜金兵中国が勝ってもババを引くのは日本であろう、日本の権力者たちはどちらが勝ってもすぐにひれ伏すだろうという事は確信している、エースがいない
切り札がない、信念もない 理想もない、あるのは国民から、かき集めた税金だけでどちらかの財布になることは間違いない。

こんなひどい世界情勢でコロナ終結後、明るい未来が来るか滅亡に向かうかと問われれば、予言通りに進んでいるとしか思えない、私は当たらない事を望んでいる・・昔なら世を惑わす不届き者として牢屋に入れられたかも知れない・・・予言が大外れで私は非国民とか、罰当たりとか大ウソつきと呼ばれても当たらない事を望んでいます

世界が非道な国家ばかりになっても日本がまともであれば、まだ、救いがあるのだが・・・・・・今も過去も東海大地震が来ると日本地震学会は叫んでいる、三十年以内に来る、明日来ても今来てもおかしくないと言っているのに、政府はオリンピックを金で買って誘致している、裏金が動いたとフランス司法が元、会長を調べたとかニュースになっていたが、それは驚く事ではない、サッカーにしろオリンピックにしろ誘致には大金が動くのは常識で、その為に理事をやっている人間もいる、公明正大では理事をやっている旨みがない

問題はそこにはない、大地震が来ると国民に叫んでいながら、オリンピック誘致を大金を使いながらやるのか?どうしてもやりたい理由が裏金と同じ闇にある、選手の為にとか、地震復興の為にとか、表向きの理由はともかく、お祭り好きの国民は知らず、オリンピック見たいだろ、日本選手の活躍見たいだろうと言って、これで増税しやすくなったと喜んでいた元都知事がいたが本音はそこにあったと思う。

オリンピックの為と言えば、反対する人間は非国民扱いされるから何でも可能であっただろうが、コロナで全部パーである、今日もIOCが延期の費用のほとんどは日本が持つことになっていて阿部総理も承知していると発表した、金の配分で揉めている今の時期、数千億の金を出すと言う話は不味いと元スケート大臣が何も決まっていないと打ち消したが、どちらが本当の事を言ってるかは誰でもわかる。

金を出しても誘致したいとお願いした方と、金を出すなら東京でいいよと許可した側とどっちが強いかは一目瞭然で、この問題は両方の顔が立つように裏で合意するだろうと思っています、来年、開かれればの話ですが・・・私は中止が正解だと思います。

発生源の中国が刑務所ロックで速くに終息して、経済も一番になり、日本もかろうじて終息した場合、米国も終息した場合、経済は今年どころか来年も危うい時は米国は反対する、他の国はまだまだ終息していない可能性が強く、オリンピックをやれば、またも病気が再燃する、ワクチンが出来て完全に終息すれば、別だが見通しは明るくはない、

中米日が復興して、選手も準備万端ならいいのかと言えば、他国もそうでなければなるまい、公明正大の原則から言っても貧しい国、準備が遅れた国の選手と競争して勝ったところで何になろう、金メダルが取れれば何でもいいのか?公正と選手の健康の為にドーピング検査があるのではないか?明治以来の勝てば官軍の日本ではそれでも、金メダルが何個とか、一等国だと大騒ぎするのだろうか?

東北の被害も大きく、原発の放射性廃棄物は千年どころか万年先でも消えないと言われているのに、どこにするか、どうするのか?何も決まっていないのに政府がコントロールしていると大ウソをついてまでオリンピック立候補を決めるような政権を私は信用しない、すべて完全に始末して東北の人達がオリンピックでも誘致しましょうと言いだしてからなら、わかりますがそれが本当の復興音頭で福島の人達と祝ったでしょう

コロナになる前から、東京音頭は踊れないと何回もブログに書きました・・それが本筋であり、金メダル云々ではないと思います、例えて言えばドンドン豪華なマンションを建てたがトイレは後回しで、さあ、世界の皆さん、いらつしやい、被害者たちには仮設住宅を与えていますからおもてなしには美女を用意していますと・・・廃棄物の問題は千年も後の人間がやるでしょうーとにかく、オリンピックが先だ、踊や踊れとアホ踊りを官民一体でやって今に至っている。

パチンコ屋が店を休業しないと騒いでいますが、客の言い分は大の大人が部屋に閉じこもっておれるか、総理みたいに踊れるほど広い部屋で優雅に犬と戯れるならいいが、歯を食いしばれとか、不要不急な外出は控えろなどという事は女房に言えでしょう、俺たちは歯を食いしばってパチンコ屋に来て、ストレスを発散しているのだと・・それは客も店も病気の予防には良くないが、あんなトップのいう事をまともに聞けるかで権力者たちに信用があれば、もう少しは違ったでしょう

日本は一応、民主国家という事になっていますから中国のような監獄ロックも出来ず、欧米のような封鎖も出来ず、全部の補償も出来ず、中途半端になっている、今更遅いが武漢で発生した時、大きく封鎖して一か月だけ忍耐して貰えれば大きくはならなかった、最大の危機だからと強権を発揮してやれば良かったが、選挙や経済を考え高官たちが悪者になる勇気がなかったのだろう

ニューヨークのようになってから厳しくするのは誰でも出来る、独裁国家であれば、病死か監獄死しかないので反対は不可能だが、民主国家ではトップの信頼度が鍵になる、あの人が言うなら間違いないだろうから従いましょうとなるのと、大丈夫かとか、補償は間違いないのかと疑われるようなトップでは差が出る、日本はどうか?国民の為と言いつつ自分を売り込むことに熱心な人もいる。

テニスは離れてやっているので練習はいいと思います、卓球もシングルなら構わないと思います、満員電車がOKなら大抵はOKでしょうーパチンコ屋の利益は大きく、脱税の常習者の一つですから、その補償をするとなれば、百万くらいでは辞めないでしょう、権力者もパチンコ屋も金の
魔力には勝てないか?パチンコ屋を営業停止するくらいの強権を発揮するかどうかを国民は見ている

欧米のように、中国のように刑務所ロックにするには決断が必要ですから、このまま治まってくれないかと祈っている所でしょう、民衆もそれを願っているのですが、もっと広がって倒産が続出した時、次も10万とは行かないでしょう・・財務省「旧大蔵省」は税金を取る事には熱心ですが払う事には渋る、官僚たちも使う事には熱心で財団法人とか独立法人とか、国民には不要不急の会社をつくり天下りしていく、そして財源がないとか、日本には莫大な借金があるとか言う・・・それでもオリンピックには打ち出の小槌があるのか?どんどん金を出す

自分本位、我さえ良ければ他人はどうでもいい人たちが権力を握り、世の中を動かしている、下の人達もそれを見て、まともに働いても安い報酬しかない、それなら、手っ取り早くオレオレ詐欺でもやるかになる、問題は若い人たちがそういうのに走る社会はまともではない、中年過ぎてリストラなどで食い詰めて詐欺に走るならまだしも、若者に未来がない国は滅亡に向かっても止めようがない

勝てば官軍、後は金、金、金の世の中に希望があるのかな・・・私はろくでなしで何の力もありませんが真に偉い人とそうでない人はわかります、いい人ほど速く亡くなるというのは当たらずとも遠からじか・・過去には小島の春という本を出されて、ハンセン氏病に力を尽くした女医の小川正子さん、東京女子医専を卒業して、長島愛生園に奉職され昭和18年に41歳で亡くなられた。

この本を読んで多くの人が感動して、映画にもなりました、戦前ですが、子役で中村メイコ、主役は夏川静江 杉村春子などが出演しています
女医の神谷美恵子さんも影響を受け、愛生園に行き慈愛溢れる誌を書かれました。世間的には知られていませんが、女医の服部けさ、さんなども草津のハンセン氏病の治療にあたり、若くして亡くなられている、彼女の死は草津の聖女と言われたメリー女史を悲しませた。

しかし、同じく無償の愛を貫いた西成「釜ヶ崎」の女医、矢島祥子さんは無残にも川で死体で発見された、自殺か他殺か、わからないという事になっていますが、覚悟を決めてこういう危険な所で貧しき人たちを助ける仕事についた人が自殺するとは思えないです、深い闇がここにあったという事で、金銭か何かは解りませんが他殺であれば、犯人は大きな苦しみを背負う事になりましょうー

釜ヶ崎のマザーテレサと言われた人が34歳の若さで何故に無残な死をとげねばならなかったのか?これはNHKの事件の涙という番組で放送されたもので、九年前に起きた事件だそうで、私も知りませんでした、稀にはNHKも良い番組を報道する、視聴料という税金に近い金をとっている
ほとんど国営放送だから、景気に左右されないし、良い番組を放送しても罰は当たらない・・権力に弱いのは情けないが

御両親も御兄弟も医師だそうで、そういう所に行く決心をなされた女性を止めることが出来なかった御両親の嘆きと後悔は計り知れないと思います、釜ヶ崎とか山谷には中に住んでいる人しか、共有できないルールがあり、名称が変わろうと宿舎はハンバであり、宿泊所はドヤであり
昔ほど怖いところではなくなったと言われますが、若い女性には向いている所ではないですね、犯人が捕まっても殺されても御両親の悲しみは今生では消えないでしょう・・

この人はマザーテレサにも蟻の街のマリアと呼ばれた北原怜子「さとこと読みます」さんのようにもっと多くの人達の尊敬を集めても遜色ない人で断じて不明の死で終わっていい人ではない・・これは日本の恥でもある・・・・権力者の友達であれば、もっと捜査は進展したのかも??

今の世界の状況は本当に悲劇の序曲に過ぎない、これから、本当の災害がやって来ると思います、後、二年くらいは平穏かも知れませんが、そしてほとんどは人災でしょう、つい最近、北欧の少女が地球温暖化に警鐘を鳴らしましたが、彼女の言う通り、金儲け優先、自国優先の国ばかりで先送りして今もそうである、南極と北極の氷が解ければ世界の大地のほとんどが海に沈むと言われている、それを止める手段がなければ、
気が付くのが遅ければそうなるでしょうー

地球の酸素の三割ほどを供給しているアマゾンの原生林もなくなりつつある、誰が止めるか、一少女のいう事などをまともに聞く必要はないというのが権力者たちで、相変わらず国連で、酷会で愚にもならないコップの中の争いをしている・・いい人が速く死んで悪人ばかりが残るか
地球は生きている、人間の独占物ではない、地下で核実験をしていれば害はないというものではない、地球は地球で修復しているのだ、そのひずみが火山などの爆発につながっている。

私の役目は警鐘を鳴らし、例え、一人でもわかって貰えれば真に幸いです、何事も最初は一人から、最初の一歩からですから、馬鹿な事を言ってるんじゃない、この世は金だろう、名誉だろう、地位だろうという人が多いのは解っていますが、人間の勤めは自然を愛し人を愛し無償の愛を実行出きるように少しでも努力したか、しようとしている人が多いか少ないかでこの先の人類の運命は決まると思っています。もしも預言を変えれるとしたら是しかないでしょう

人間は苦しくなれば何でもしかねない生き物であるが、法を守って餓死した判事がいた。戦後の焼け跡の生々しい時代、人々は配給だけでは生きて行けず闇米を買い、多かれ少なかれ法よりも生命であった、飽食の時代になって、地位も権力もある人たちが不正をしてでも金を求める、衣食足りて礼節を知ると言うが、今、一人でもそんな判事がいるだろうか?

善人にも悪人にも神「天ともいう」は陽を照らし、雨も降らす・・人間はそれに甘えてはならない、傲慢になってはいけない、明日までの命と言われても、地球に感謝して別れたい、人にも自然にも感謝して別れたい、そして神に今まで生かしていただいことを感謝して別れたい、何の迷いも執着もない心で別れを告げたい

世襲ボンボンと民衆の心 178話

普通は月に二回は書かないのですが、あまりにも日本国総理の民衆の心がわからないのに呆れて、書くことにしました、何度も書いているし、御用評論家や提灯マスコミ、コバンザメ芸能人以外は誰もがわかっているから、無理に書くことはないかとは思ったのですが。

家で踊ろうなどとしまりのない顔で犬と戯れている動画を載せるとは、あまりにも民衆の心と離れている事に側近も気が付かないのか?それともお山の大将になっているので聞く耳を持たないのか?・・どうだ、この動画はいいだろう、これで国民も癒されるだろうと自画自賛したのか知らないが

これまでは夫人のミスをカバーする不運な亭主という同情票もあったが、結局は似たもの夫婦であったという事か・・・明日にも倒産するかも知れない、今は我慢できても先は未定という中小企業の経営者、仕事がなくなって来月からは家賃も払えなくなるだろうと不安が一杯の人達にとって、家で踊るどころではないだろう

やけくそでもそんな心境になれるのは、ある程度の財産があるか、保証があるか、世襲のボンボンたちくらいであろう、故田中角栄総理なら、間違ってもこんな動画は出すまい。朝鮮半島での財を戦争で失い、裸一貫から戦後伸し上がって来た、彼は民衆がどうすれば喜ぶか、哀しむかを肌で感じて来たのでそんな凡ミスはしない。

金権などでは色々、批判があった人物だが、人の心を見抜く力はあった、世襲議員の欠点は生活苦を知らずに親の後を継ぎ、苦労は永田町の駆け引きくらいで、余程の馬鹿でない限りは側近のいう事を聞いていれば、それなりにやっていける、たまにはどうしょうもない傲慢な主に反旗を翻す側近もいるが、大抵は側近が泥をかぶって我慢する。

芸能界のスターとマネージャの関係に近い、親玉こけたら、飯の食い上げになるので大抵はイエスサーになるが、問題は秘書などの側近が有能かどうかであろう、叩き上げの側近であれば、少しは民衆の心がわかっているので、殿、それは控えた方がと言う筈だが。封建時代ではないので手打ちにはならないだろうに、中には足で蹴飛ばす主もいるようだが。

今の世襲議員たちを見ていると、江戸時代の武士の苦労がしのばれる、確かに士農工商で身分的には国民の中では上であったが、三百年近く、世襲が続き、バカ殿やボンクラ家老、保身一筋の高官が一杯出た事だろう、まれに名君とか昼行燈と呼ばれていた名家老も存在したが、無能役人たちでも勤まったいい時代であったとも言えるか・・・世襲のボンクラにとっては

一番、その人物の力量をわかっている側近や夫婦が沈黙していれば、庶民はその実態を知ることはない、こんな人間が何で大スターなのか?何で清純派なのか、分かっているマネージャ―たちには噴飯物だが世間はテレビに出てくる表の顔しか知らないからサインを求める、議員たちも同じでどこが愛国者か、国民の為に粉骨砕身とか言って、中身は金権しか眼中にないのを知っているのは秘書と政治部の記者だけである。

彼等は飯の種だから外に漏らすことはしない、余りに酷い時だけ、週刊誌に漏れて国民は驚くが、それはほとんど氷山の一角であろう、だいぶ前に出張費の使い道が公務でないのがバレて、泣きまくった県議がいたが、こんな男が議員とはと多くの人が驚いていたが、こんな程度の人物は幾らでもいるだろう・・・ウイルスと同じで検査してなければ、少ない・・・議員たちも表に出ていないだけだろう

過日、一億五千万の選挙資金をだした政党があったが、余程、金が余っていると見える、政党助成金を返上したらどうか、議員の数も半分にしろと私は思う、歳費の二割程度の削除で、国民に歯を食いしばれとはよく言うよ、自分たちの席が危なくなって初めて庶民の痛みがわかると思うがボンボン政治家たちには無理か?

政党助成金と言うのは私に言わせれば、税金強奪金としか思えない、共産党以外は全部賛成で、議員削減には理屈を捏ねて抵抗する、要するに自分たちの得する事には賛成で、損する事には反対という事で街の兄ちゃんたちとなんら変わらず、何処が選良か?それで、身を切る改革とか、歯を食いしばれ、痛みに耐えろでは言う方は相当、厚顔か、厚顔でなければ議員は勤まらないという事か・・・・今、余っている強奪金を
全部、提出して医療に使ったらどうか・・・

元は税金であって議員たちの金ではないだろう、超党派でたまには議員半減とか、助成金返上くらいの事をしてみても罰は当たるまい、国民は誰も反対はしないと思うよ・・国民何とか会議の面々はわからないが。都合のいい時だけ愛国心はないのかとか、明治維新は素晴らしかった、俺に続けと言われても金権と保身しかない連中の為に命をかける価値があるとは思えないがね

英雄、色を好むと言うが英雄とは程遠いが色の道だけは英雄なみの酷会議員がいるようで、精力が有り余って妻だけでは物足りない精豪にとっては居酒屋、理髪店よりは、夜の社交場を対象外にして欲しいのが本音ではなかろうか?私は道徳家や教育家ではないので特に非難する積りはないが、その精力を少数の婦人の為に使うだけではなく、多くの国民の為に使っていただけたらと思います。

亭主を一番、よくわかっている妻が何故別れないのか?、こんな程度の男が大臣とか、総理では日本は危ないなと思う事はないのか?庶民と違って財産分与とか、離婚で金がないという事はあるまいに。離婚は選挙に不味いから仮面夫婦でもいいから別れないでくれと頼まれるのか?好きな事をしていいから、肝心な時だけは一緒のポーズを頼まれているのか知らないが、罪がないとは言えまい。

小池都知事も、権力者の間を渡り歩き、ある程度は民心の心を掴むのにたけているので、こんな凡ミス動画は流さない、中身は兎も角、選挙だけはうまいだろう、今、国民に阿部と小池がどちらが総理にふさわしいかと問われば、八割くらいは小池知事だと答えるのではないか。

都知事選も出れば、小池知事の圧勝だろう、毎日、テレビで顔を売っているし、ウイルスの防止に全力を尽くしているように見えるから、自民党では太刀打ちできまい、阿部の後に控えているのが、キツネか狸、貉のような幹部ばかりでは楽勝か。

私は世界を見渡して信念ある政治家だと今、思えるのはドイツのメルケル首相くらいだろう、難民の問題でも崩れなかったし、原発廃止の件でも高度の技術国家である日本でも制御出来ないような危険なものはドイツにつくるべきではないと。難民の件もナチスのような人種差別を繰り返してはならないと国民の反対意見も押し切って実行した。

東西ドイツは合併したが、差別がなかったわけではない、東ドイツ出身でトップになるとは人物が傑出していたという事でしょう、オリンピックでは東ドイツの選手たちは大活躍した、特に女子水泳は凄かった、長身でロボットとあだ名されていた選手は金メダルを総なめにしたが、合併後はほとんど名前を聞くことはなかった、有名選手で名前が残ったのはフィギュアのカタリーナビット選手くらいか

かって日本にも理想主義ではあったが信念のある政治家、故石橋湛山氏がいた、金権と色しかない日本の現状を見ると情けなくて声も出ない、
マスコミにも、桐生悠々という骨のあるジャーナリストがいた、陸軍の天下であった頃に、関東防空大演習を嗤うという社説を掲げて、陸軍の激怒をかい、新聞社を辞めることになった

バケツリレーをやっているのを見て、日本は木と紙で出来ている家がほとんどで、上空に敵機が現れるようではそれで終わりだと、今もバケツリレーをやらした国があったが、核爆弾にバケツリレーとは、あの時の教訓がまるで生きていないと実感する、現在も海と空が破られたら、防衛は不可能なのは同じである、消火は気持ちでやれば消えると喚いていた陸軍と同じなのかなー

戦車と大砲で待ち構えた場所に、堂々の輸送船で上陸してくるわけがない、空と海が敗れたら、この細長い国土の何処でも戦場になる、まして
少子高齢化の日本で未亡人と老人ばかりが残って、悲惨な結果しかない、哀しいかな現状では米国か中国のどちらかに隷属しなければやっていけない日本である、

食料も輸出も防衛も米中に握られているのを自主独立でやっていける政治家が現れるのを待つしかないが、すべて対岸の火事で過ごして来た多くの国民は、ウイルスが収まれば、自民党と小池氏の主導権争いを眺めるだけとなろう、コップの中の争いであって日本はどちらの財布になるかの選択だけか、

今の台湾で議員たちが全部、今の日本の選良「悪霊」であったならとっくに中国の望む政党になっていただろう、台湾はよく頑張っていると思います。、コロナで圧勝した時、小池氏が日本国民が待っている救世主なのか?よく考えないで人気だけで投票する国民性を見ると小池万歳の
声が大きくなるような気がしますが・・・・マア、世襲のボンボンたちよりはいいとは思うが。

自民の高官も小池都知事に押し切られたとかのアドバールーンを上げているが、失敗したら小池知事のせいにする積りなのか知らぬが、どう見たってまだまだ、ウイルスは増えるし、一億のかなりの人間が免疫にならない限り、一人でも患者が残れば、免疫のない人は感染する、低価格の副作用のないワクチンはまだ先の話であるから、強きに規制強化を叫ぶ方が有利であり、当たり前である。

大企業や公務員や大金持ちは別にして、取りあえず命の保証を数か月はしなくてはなるまい、まずは生きていけるだけの金を一律に配るのが先決で、要請はしても金は出さないでは駄目で、欧米のように軍が見張って、外出を規制するしかないそれでも治まらないかもしれぬが、誰かが悪者になって厳しく、特例法でやるしかないが、保身と金権、選挙が第一の議員たちには出来ないだろうな。

世襲総理が民主党時代も含めて続いているが、上から目線で格好いい事を言ってマスコミ受けする人間よりは、国民の心がわかっている真の政治家を求めている、私自身は、都知事も総理も中身はたいして変わらないと思っている、ただ、ボンボン育ちゆえ、生活苦に喘ぐ民衆の心がわからない人よりは、少しは理解できる人との差でしょうか?

前回の都知事選でも年増の何とかと言われて、女は弱いのよと切り返し、圧勝したのは見事であったが、築地の移転とかで中身がたいしたことはないと思われ、オリンピックで張り切ろうと思ったら延期となり、学歴詐称で批判され、今回は最後のチャンスか、オリンピック優先ゆえに、あまり、コロナ患者が多く出るのはどうかと思ったかどうかは知らぬが、延期以後、患者が急に増えた、

患者が少なかったのは検査をやらなかっただけで、全部やれば、一日、千人は出ると思っています、百人に驚く事はない、医療崩壊を防ぐために検査を自粛したような事を評論家に言わせているが、疑わしい、オリンピック施設を病院にするという案はどうなったのか、軽い患者なら初期の段階なら受け入れ可能ではなかつたか?

どうなるかは神のみぞ知るであるが、オリンピックは返上すべきであろう、公平な競技が出来なくて何ぞアスリートの祭典か、国家の祭典ではないのだ、ナチスは国威発揚に都合のいい部分だけをオリンピックに復活させたが、古代オリンピックは一位しかなかった、銀も銅もない、神に選ばれた人だから称賛された。古代はインチキを防ぐ為に全員、文字通り裸であったと記録にある・・・マア、神の前で披露する試合であるから裸なのかも知れない、身を清め公明正大にやりますとの決意か。現代は公明正大かな・・・

内閣と喧嘩しているような事は、武漢で発生した時に、会議で決めておくべきでなかったか?時間は十分にあったのだから、今頃、ビジネスホテルを借りるとかやっているが、金だけはある東京都と不要不急の軍事に膨大な金をつぎこんでいる政府に期待するだけ無理なのか?よもや
この期に及んで憲法改悪ではなかろうと思うが。

私は日本は普通の国で存続していければ十分だと思っています、一等国だとか、大国だとか、世界に冠たる何とかの国になる必要はない、背伸びしてナチスになる事はない、小池知事も大きな欲を出さなければ花道を飾ることも可能だが・・・小池新党の夢は消えたかどうかである。

森友問題は、同じ国民会議に所属していたと思われる、籠池理事長に阿部総理がテレビで幼稚園の教育場面が流れたのを見て、昔に戻すとはこういう事かと思われるのを防ぐ為に、慌てて梯子を外したのが原因であろう、それでなければ、夫人が名誉校長になったのも絶賛したのも知らなかったとは誰も思わない、

国民会議とは何であるのか?知らない人が多いと思う、有名な米国のKKK「白人至上主義」や謎の多いフリーメーソンではない、建前は愛国団体であるが、戦前の玄洋社とか黒龍会のような右翼組織ではないので名前が明白になっても何ら、困る事はないと思うがあまり、表立って名乗る人間はいない、宗教団体でもないが今は呉越同舟の混合団体か?

籠池氏がひれ伏して泥をかぶれば、こんな大ごとにはならなかったであろうが、自分の教育方針が間違っていると認める事は武士として出来ない、阿部さん、あなたも勤王の志士の出身でしょうが、変心は見苦しいよという事か、ここで全部、彼が悪いと頭を下げれば所詮は長いものに巻かれるのが国民会議かと思われたでしょうー生活の為に節を曲げたと、国民会議が大政翼賛会でもなく、純然たる愛国の会であるならば、籠池氏を守るべきではなかろうか?

元々、籠池氏は国民会議のメンバーではないとか、除名とか言っているが、ならば二人とも全然関係ない人だと言えばいい、安倍総理のように明治の頃に戻したいのか?大日本帝国に戻したいのか、メンバーたちの腹の中はわからない、敗戦後、軍神の記帳所に署名した人たちの中から、慌てて、記帳誌の自分の名前を消しに行った者もいた、信念なき人は哀しきか

不味くなれば、後でそういう趣旨とは知らなかったとか・単なる愛国者の座談会とか、国の名誉を上げる為の団体と思っていたとか逃げ場は幾らでもあるが、形勢が悪くなって側近や下の者に忖度させて平気であるとはトップにあるまじき行為で、これでは信念も怪しく、トランプに一喝されればグラグラであろう、その前から変心か? 明治維新を云々する資格はない、兵隊には散兵線の花と散れか

アメリカ第一のトランプと中華思想の習近平とロシア帝国のプーチン皇帝たちが平和国家を目指すとは思えない、狭い地球の中で一番だと豪語して、戦争も辞さない権力者たちと宗教国家がある限り、ウイルスは終焉しても明るい未来がある筈がない、もう滅亡に進んでいると思う、坂道を転がりだした地球を押しとどめるのは個人の力では至難の業で、日本の支配者たちにそれを期待するのは魚屋で野菜を買うようなものか

人が生きていれば、やり直しも効くが、金が残っても人がいなければ何になろう、今の議員たちは金が大事で命は次なのか、こんな時に選挙とは馬鹿ではないか?そんなことは終息が見えてからで十分で、その為に副市長とか副知事とか、助役がいるのではないか、三か月や半年伸ばしても何も困る事はない・・

役人は前例主義だが、それは自分たちは間違っていない前例に従ったまでという責任回避のシステムがあるからで、この非常事態に前例も何もない、人と金は医療と国民の命に回して、危機が去ったら考えるべきだろう、敗戦後の闇市と焼け野原から立ち直って来たではないか、それこそ不要不急の予算は壊してでもと思う。

今の危機に阿部総理と小池知事の肩書が入れ替わって、阿部都知事だったら同じことが出来たかどうかを国民は考えている、決断力はどうか、
小池総理だったらマスクを配ったかであろう、一億増産とか、六億増産していると言っても、一向に回ってこないマスクなのに、外に出る時は
マスクをと呼びかける矛盾 二枚でウイルスが終焉まで持つのかな?布マスクなら、ちょっとした内職でやれる人が大勢いるのではと思うが。

新コロナは神の警告か 滅びの道か?177話

今、世界はコロナウイルスで大騒動である、これを神の警告と取るか、滅びの道に向かっていくのか、読者は如何お考えであろうか?原発では米国のスリーマイル島の事故、ソ連のチェリノブイの爆発事故、そして日本の福島の原発事故、そして日本には阪神大震災があって幾らも立たないのに大災害である。

ある外国人が地震に津波に放射能 こんな災害が重なるなんて余程、日本は悪い事をしたのだろうかと?元都知事がこれは天罰だ、是からは地道に生きて行くしかないというような放言をして、東北県民が何の天罰なのかと言われ慌てて謝罪したが、一番初めに傲慢の罪で天罰があっても不思議ではない人間に言われるとはである。

その発言の舌の根も乾かぬうちに、オリンピックだと騒ぎだした、地道な生き方は何処に行ったのかと思う、阪神大震災で少しは目覚めた筈で東日本大震災では流石に、生き方を反省すると思いきや、すぐに元の木阿弥であった。被害にあった方たちはそれなりに人生を回顧しただろうが、肝心の権力者たちには雀の涙程度の反省しかみられなかつた。

東北の被害、中でも福島原発のこれから、取り出される最悪レベルの放射性物質をどうするのか何も解決していない、千年も万年もなくならない放射能を含む物質を何処に埋めるのか どうするのか、百年先何ぞどうでもいいと得意の先送りなのだろうが、オリンピックを招致したい為にコントロールしていると大見得の嘘をついて、なおかつ、大金を払って東京に獲得した、

その付けは大きく、おもてなしで済む話ではない、未だ、福島のあちこちに置いてある放射性廃棄物だってそのままだし、原発にたまっている放射性の水だって、海に捨てるか、空中かで揉めている、レベルが低いとされている廃棄物でさえこれでは、最悪のレベルの廃炉物ではどこもうちの県でもいいよとは言わない、そんな事を言えばすぐに選挙で落選するからで、得意の金で話をつけるのは無理である。どこがコントロールされていると思うや?

こういう問題を完全にクリアしてから、東北県民が望むならオリンピックでもやりましょうかが本当の政治ではなかろうか、幾ら選手たちが望んでも権力者たちがゴーサインを出さぬ限り、オリンピックはない、彼等にメリットがない限り招致活動はしないのが常識である。選手たちは何が何でも2020年にオリンピックをやりたいと権力者たちに訴えたのだろうか?あの災害からそんなに立っていないのに是非と言う選手が多いとは思えない・・活動を始めたのは石原知事の頃からで大義名分は復興オリンピックだが・・

東京には金が有り余っているとばかり、カバンに入らない程の金を汗だくで詰め込もうとした知事もいたし、公用車を私用で使ったと騒がれた
知事もいた、そして今は学歴詐称ではないかと疑われた知事が汗だくで顔を売っている。女は弱いのよと同情票を集めて選挙に圧勝したこの知事は初代女総理の声も飛ぶほどの勢いであったが、近頃は人気挽回に必死である。

私見ながら、私はこの人が弱いなどとは思わない、政界渡り鳥と言われ、ある時は小沢氏にすりより、ある時は今の総理と選挙カーの上でハッスル、ハッスルと協力していた、ある時は何とか天皇と言われていた官僚の解雇に力を発揮した、その頃、車の中で記者に対する受け答えがとても高圧的で今の、馬鹿丁寧な上品ぶった話し方とは雲泥の差であった、当時、大臣ともなると女性でもこんな風になるのかと思いました。

昔、七つの顔の男という片岡千恵蔵主演の映画かあり、ある時は片目の運転手 ある時は新聞記者とか、しかして本当の正体は正義の探偵であると最後にいうセリフが気持ちよかった、この都知事も最後はそんなセリフを吐くのかなー私は権力者になろうとする人間はろくでなしばかりで、ほとんどが選挙と保身と金権しか頭にない種類の人達だと思っています・・マアその他に名誉とか、夜の社交場も好きな人も大勢いますが

非常事態宣言とかで、金余り東京と国の方針が一致しなくてもめているが、出すまでに話す時間は十分にあった筈で、日本得意の先送りが出来なかったのか、有明海の関門の設置とか、八ッ場ダム工事の是非とか、中々、決断が出来なかった過去を見れば、これだけ経済が傾く事に保身を優先する権力者たちが決められるわけはないか?

それを見越してロックダウンとか言って世間にアピールしているのが弱いと自分だけが言っている小池知事である、選挙が上手いと自民党の幹部が認めているから、今度の都知事選も小池支持だと言うわけだが、それだけ自民党は選挙が下手で、アピールも下手であるという事で、都知事に中身があるわけではない、無能の内閣をロックダウンは出来ないがノックダウンは出来るだろう

非常事態宣言「中身なしだが」を早く出しても遅く出しても失敗すれば内閣の責任に出来るから、強きに言えるだけで金余りの知事でなかったら、同一歩調をとるだろう、目立つことが第一、保身が第一は内閣と同じだが、世間受けのアホーマンスがやや上手い、大義名分は医療崩壊と
患者を増やさない事であるが、そんな単純な人物が長く、政界におれることはない

オリンピック優先、経済優先でやって来た失策が今、出ただけの事で、武漢市の様子を見ていても対岸の火事としか思っていなかったのは、トランプも阿部も小池も同じである、チェリノブイの原発事故の時、あそこは遅れているから、日本は高度な技術があるから、絶対安心と説明していた時となんら変わらない。

オリンピックは建前はアマチュアのアマチュアの為の祭典となっているが、今は金と権力者の為の祭典となっている、スポーツの公平さから言っても、劣悪な環境の国の選手と国家が援助してくれる選手とでは、大いに違う、貧しい国では他国に練習場を求め、何から何まで自分がしなくてはならない、練習だけしていればいい選手と生活も考えなくてはならぬ選手が同じ競技場に出て公平だと思いますか? 

まして、これから南米、インド、パキスタン バングラデッシュやアフリカの医療設備も衛生も期待できない、人口だけは多くて貧しい人たちが大勢いる国に感染が広がれば、トランプの発言した地獄の二週間どころか、本当に地獄を見ることになるでしょうー一年はまず駄目で、来年のオリンピックがどうして公平な祭典になろうか?潔く、中止を宣言して四年後に考えるのが本当でしょう

準備万端の国の選手の国旗が幾つ上がろうと、それはオリンピック精神に反するだろう、参加することに意義があるのはそれによって戦争をしない国になって欲しい、クーベルタン男爵の願いで会って、勝てば官軍の日本はそれでも金メダルの数なのか?今からでも遅くない、中止を宣言すべきだろう、希望があるとすれば、副作用のない低価のワクチンが速く完成されるか?奇跡的に途上国の人達の強靭な肉体がウイルスを跳ね返せるかでしょう

いずれ、医療も金もない国はブラジルのように、国民の多くが病気にかかって免疫が出来るようになるのを待つしかない、その途上で肉体的に弱者の高齢者や医者にも行けない不衛生な環境の経済弱者は、死んでいくことになると思います、テレビで見ても現地をよく知る人も、日本の密集を止める宣言など、天と地くらい違う密集家族の団体生活を見れば、どうしてコロナが速く終息するなどと思う人は、決定的に想像力が足りないか、日本の権力者くらいだろう。

中国の集団刑務所生活を二か月半強制して、あの程度である、それでも隠れ患者はまだ多くいると思うのが正直な感想で、刑務所生活も駄目、何の補償も出来ない国においては推して知るべしで、これから、多くの国が疲弊していくのにどうしてオリンピックが開けるのか、あまりにも
自己中である、完全に終焉しないまま、保菌者が大勢来て又もや、蔓延ではなかろうか?

これからは病院も患者を選別し、経済もそうなるであろう、当然、若い人、優先、国に必要な産業、事業を助ける方向に行くだろう、生活必需品を扱う業種優先で、特別なエリートと自負している患者も優先されるかも知れない。この先、しばらくはウイルスが終焉しても中国で新しい感じの病気が発生すれば、すぐに渡航も来日も禁止するだろう。遅すぎたが。

これから、簡単に終息することは考えられず、厳しい意見を言っておく方が政治家としては有能と見られるだろうが、建前は医療崩壊を防ぐ、死者を減らす事だけに集中するのか、経済を優先するのか、ブラジル型で行くのか?国民生活は苦しくなり、多くの犯罪が発生するだろう、無能であっても決断は早くするべきだろう、まずは日本からオリンピック返上を言うべきで、誰が言い出したか知らぬが、おもてなしに無駄な金を費やし、是からも費やすくらいなら、もっと国民の生活安定に回せと言いたい

いざと言う時は国が助けてくれる大企業にはしばらく、社員の生活を保障して貰い、公務員にを覗き、その他の国民には一律、一家族につき、三十万払って生活保障をして一か月だけ、全部休業でその地域からは出ないようにして罰則を設ける、これくらいの事をしてもウイルスは止まらないと思う、・・欧米を見ればわかるではないか・・・・

ダラダラとやっても何も解決しない、アへのマスクが役に立つのは外出好きな夫人の顔を隠すことくらいでしょう、根本的な解決を目指すには
保身を捨てて、悪役にならなければなるまい、日本の政治家にそれが出来るかである、元々、悪人の人にはさほど至難ではあるまい、オリンピック開催宣言はヒトラーや天皇もやったが、返上宣言は誰がやるのか、歴史には残るだろう、

マア選挙に役に立つとなれば涙の返上宣言をやってアピールすることくらいは朝飯前か、ついでに言えば、某議員に一億五千万の選挙資金を提供したとの報道であったが、そんなに金が余っているなら、政党助成金などいらぬではないか・・

共産党も色々、問題はあるが、助成金を受け取らない姿勢は立派だ、共産党に出来て何で他の党に出来ぬ、言い訳は結構だ、貰えるものなら貰っておこうでは卑しすぎる、誰が決めたのか自分たちではないか、日本は金があるどころか借金まみれと言われている、だから、消費税増額ではないのか・・いい加減にしろと言いたい

ある時は総理大臣、ある時は知事 ある時はオリンピック主催者 しかしてその正体は正義の何とやらになる人が現れるだろうか?日本では中身がなくても人気だけの議員もいれば、タレント性があれば総理にもなれる国ゆえ、国民投票で選ばれるならもっと無能の人間がトップになれるかも知れませんが、現状ではアホーマンスだけでは権力者の仲間入りは出来てもトップには無理だろう。

日本でも多くの貧しき人たちが住んでいる、この人達は余程、重病にならない限りは病院には行かない、まして、二週間隔離では家族を抱えて路頭に迷うし、隔離する部屋もない、定職についていたいた人達でさえ、この先、どうなるかわからないというのに他人の事を考える余裕もないだろう、

かって、独身で無職の知人に無料の結核レントゲン車が来ているが行かないのと聞いた所、わかったところで仕方ないから行かないと答えた、病院に行っても差別されるし、ただでも病院には行かないと。彼等にとって明日は明日の風が吹く生き方で、簡易宿泊所に泊まり、金があれば酒を飲み、拘束されるのを嫌う人達が、コロナウイルスの検査に行くとはとても思えない、パチンコ屋には行くだろうが。

余程、厳しく罰則を定めなければ、今のウイルス蔓延を止めることは不可能であろう、結核にかかっても症状が出ない人はいた、問題は保菌者だが他人に移す可能性のある人とそうでない人の見わけがつかない事にある、東京のように検査をしなければ、患者は少ない、今、一日、百人を超えたと騒いでいるが、本当は千人はいるだろうと思っています。医療崩壊を起こさない為に、検査を控えていたと言っているが、野放しの保菌者が大勢いれば、結局はどうなるのか?

歯を食いしばって耐えて下さいと安倍総理は話していたが、相方の婦人がレストラン「高級と言われている」に行き、若いタレントやアイドル達と密集して、桜の木の下で記念写真を撮っている姿は歯を食いしばって参加しているようには見えない。今日明日にも仕事がなくなるか、どうかの瀬戸際なのにである。昔から庶民には痛みを押し付け自分たちは夜の社交場がほとんどである

総理はレストランに行っては悪いのかと反論したが、多人数での密集を避けましょうと片方で言って庶民には不自由をかけているのに夫人は野放しかという声もある中では、反論せずに歯を食いしばって軽率な行いだったと思いますと頭を下げれば済む話ではなかろうか?

善意に解釈すれば、亭主は密集するなとか、夜の行動を控えろとか言っているが、そんな事では世の中、暗くなってしまう、家庭内野党としてはパーと派手に桜を眺めて食事でもした方が明るくなる、あなたたちは若いからウイルスにかかっても大丈夫よねと言ったかどうかは解らないが、しかめ面の総理を眺めるよりは楽しいでしょう。

しかし、オーナーもタレントたちも今の時期ではまずいんでないのと諫める人はいなかったのか?、マア,私人でありながら役人が秘書についた偉い人ゆえ、総理夫人と仲良くなれば、何かいいことがあるだろうと思ったか?こういう誘いを断る人と言えば、引退したプロ野球の超有名選手のあの人くらいかな。

仮面夫婦とか、相思相愛だとか言われているが、何があっても夫人を庇う姿は男としては見習うべきか・・余程、弱みがあるのか?庇わなかったのはトランプ大統領に、夫人は英語が出来ないから代わって貰ったと言われた時くらいではないか・・本当に日常会話もできないのかはわからない、英語学校を出ておられるとのことで、在学中、寝ていなければ会話は出来ると思うが。それともトランプには何も言えないか?

籠池夫妻の幼児教育を見て、絶賛し、亭主も暗黙の了解をしたと理事長は思ったから、官僚もその方向で動いたのだろうが、テレビにその教育場面が流され、これは戦前の軍国教育ではないかとか、幼児に権力者を称えるのは如何なものかと批判が出て、梯子を外したのが騒動の真相であろう、内心はこの教育でもいいと思っていても今は不味いという事か・・

亭主が嫌がりそうな教育を夫人が絶賛するとは思えないが。昔を取り戻すと言って大声で喚いていた男が、信念を曲げるとは武士の風上にも置けないと理事長は思っているから裁判になっていると思う。

信念のない男なら、総理に不味いと思えば平伏し、穏便にと願う事も出来だろうに、教育者としてのプライドか、過去の縁で夫人に正直な話をを涙ながに頼んだ理事長夫人に総理夫人の答えは、神に祈っていますであった。蜜月の崩れるのは早い、金権以外興味のない政治家たちに大きな期待をかけた方が甘かったというべきか。私も総理夫人がこれ以上、叩かれない事を神に祈っています

ブラジル大統領のように、ウイルス、ドンと来いと言って免疫抗体が出来るまで野放しにするのか、さすれば、経済弱者や肉体的弱者は淘汰され、生き残った人たちだけで国を再建する事になるが、罰則を厳しくしても経済が持たなければ、ドンドン、貧しい国になり、病院があっても経済的に行けない人達が増えるだけで、迷路のような状態が今の地球である。

中国の武漢が発生源である事は明白で、アメリカがウイルスをバラまいたとか言ってるが、それはあり得ない、ワクチンがないのにそんな事をしたら自国が崩壊してしまう、中国の海鮮市場で野生動物を解体したとの話であったが、家畜の解体でそれはない、海産物のタコや魚でもない
どんな動物を解体したのか、全部、明白にして出すべきだろう、

それによって今後の研究も変わって来るだろうし、普通の解体でも発生するものなのか?調べる必要があるだろう、何処までも秘密主義では終焉しても疑心暗鬼は続くだろう、一千万都市の武漢には貧しい人はいなかったのか?皆、マンション住まいの家庭ばかりなのか?全部、検査して終了なのか、無症状の保菌者は隔離されたのか? 全部が免疫になるには時間が速すぎると思う。

中にはロケットを飛ばし、わが国には患者は一人もいないと豪語している人物もいるし、もし、運よくこのウイルス騒動が終焉したとしても覇権争いは終わるだろうか?この後もろくでなしの権力者たちの争いが続くようでは滅びの道に向かうだろうし、今はそこに入っていると私は思っています。

不要不急な外出を控えろとお触れが出ているが、米国から大金を払って買わされたイージスジョアだが、これこそ不要不急ではなかろうか?中国や北朝鮮からは七分もかからずミサイルは飛んでくる、最初にどこに向かうかを見極めて防衛体制をとるのだが、実質は三分か四分では国民は逃げようがない、米国には十分対処する時間があるから便利だろうが、核ミサイルであれば当たれば終わりで、試し打ちはなく、同時に多くのミサイルが発射されれば、全部撃ち落とす事は至難であるる

不公平の契約であり、押し付けられて買わねば政権が維持できない日本に何のメリットがあるかと言えば、権力者と天下りが出来る防衛省幹部と商社だけで一兆以上の税金を投入して国民に犠牲が出ないとは保証出来ない兵器とは何であるか?東京都は金余りかも知れぬが、つい、この間まで日本国民、赤ん坊から老人まで一人当たり何百万の負債があると喚いていたのではなかったか?故に増税で返済していくのだと

新コロナが終息して、また、不毛の覇権争いが続き、米国の兵器を買わされるようでは未来はない、核の脅しに対抗出来ない兵器を幾ら買った
所で米国が手を引けば、終わりであろう、永遠に米国の属国扱いである、米朝会談の後、トランプがこれでロケットが飛ばなくなって安倍晋三も喜んでいるだろうと高所からの物言いで、日本の権力者たちが官僚に対するのと同じ目線である

ヒットラーやスターリンに比べると他の独裁者は影が薄い、今、アジアの独裁者たちに比べると日本の権力者は善人に見えてしまう時がある、こういう独裁者たちがおとなしく平和路線に向かうとは思えないが、日本の権力者が平和に貢献するとも思えない、マア、少々無能であっても
決断は早くして、失敗すれば退陣すればよろしい、元々 森加計問題で退陣あるべきであった筈で、人命は地球より重いのではなかったかな、下級役人の死なぞ、問題にならないのだろうか?

このウイルスが最後の人類の結束のチャンスで、神の警告であると信じています、このまま破滅に向かって大半が滅びても驚かないし、私がその中に入っていても驚かない、明日、地球が最後となっても私は地球に感謝して別れを告げたい、今まで有難うと言って。そして神に祈る この傲慢な人類の罪を許したまえと

マスクをした日本の未来 176話

中国の独裁国家特有の弊害によって、コロナウイルスの蔓延が広がったが、日本も最初であったら封じ込めていたかどうかは疑問である。中国は感染源が自国であることを隠すため、最初は後手後手に回った、天安門事件の時、中国の幹部が我が国の人口をご存知か?14億以上いるんですよ、その中で百万くらいは問題にならないと言ったという噂話がありましたが、当たらずとも遠からじと思った人は多いでしょう。

当局に反抗する奴は百万が二百万でもいなくなっても当然というムードが、今でもあるのかなと。戦前の日本も権力者たちが共産党やその仲間と思った人間は拷問などで抹殺されても当然と言う空気があった、そういう国は都合の悪いことはオーブにはしない、何処の国もそういう欠点は多かれ少なかれ、ありますが、特に強いのがマスコミを支配している国である。

天安門事件の時は中国の大学生が立ち上がったのだが、彼等は当時はエリートであり、親が共産党の幹部か高級職員でなければ、簡単には北京大学とかの学校に入れないし、余裕もない筈だ、そういう優秀な若者でも邪魔者は消せの思想が共産党にはあったという事か。

無政府主義者であった大杉栄一家の斬殺が、関東大震災のドサクサに紛れて憲兵隊によってやられたのも権力者の影を感じる、軽い刑で満州の陰の帝王になれたのは権力者の暗躍がなければあり得ない、自分たちに抵抗したり、意見の違うものは抹殺も止む無しと言う環境が軍高官や権力者たちにあったということで、今の中国にもそれを感じる。

日本がそういう国にならない事を願ってはいるが・・・マア、今の政治家たちでは軍の反乱がおきた時、抑えきれまい、すべては米国次第である。形だけでも蜜月状態「実態は隷属」である場合は何とかなるだろうが、世界平和よりは自国の利益優先の白人国家である米国が、最後まで日本に手を差し伸べるとは思えない、突然、米中蜜月になるかも知れず、小国日本の舵取りは余程、有能な人間でないと無理だろう。

マスクの転売が流行っていたが、こんなことはもっと前から厳しく罰金一千万とか懲役三年とかで取り締まれたと思う、何で今頃なのか遅すぎる、事は国民の安全にかかわる事なのに、権力者に都合のいい個人情報保護法「別名、権力者保護法」とかは反対があろうとすぐに制定したが、時限を限って一年とか二年の間とか転売を禁じると言う風にすればいいのではと思った、誰が反対するのかなー???

建前は立派でも目的が別にある法律には国民はよく考えないといけない、大手マスコミはどうでもなるので、個人情報保護法は週刊誌を取り締まる為の法律ではないかと最初から疑われていて、作家の故城山三郎氏も強力に反対していたが成立させた。

品行方正とは言い難い議員や財界人には有難い法律で、多くの醜聞は週刊誌から始まる、人員も資本も桁違いの大手マスコミが後追い発表をするのはわかっていても調査しないか、表に出た以上やらざるを得んと言う所か?なれ合いのマスコミよりも独立の週刊誌の方が国民には役に立っているのかな?

国民の多くが困っている時に、マスクの転売をしていた県会議員がいたが、こういう人が公僕をしている事に、日本の民族の劣化を感じる、元々、美しくない国なのか、公僕たちだけが腐っているのか?日本の議員はこんな程度なのか 選んだ人達が悪いのか?正当な商売だと開き直っていたが、普通の感覚では公僕であれば、無償奉仕せよとは言わないが原価に近い値段で市民に売るのが自然ではなかろうか・・・

金を儲けたいのはわかるが、必需品の転売で財を増やすのは如何なものか、過去のオイルショックである石油会社の幹部が各支店にこれは千載一遇のチャンスだと伝えた、国民の困窮で儲けようとする輩はいつの世にもいる、そしてデマによりトイレットペーパーがなくなるという騒ぎもあり、当時の田中角栄総理が心配はありませんと会見した。阿部総理の言う美しい日本は何処にある、それとも景色だけが美しいのか?

日本人はデマに弱い、関東大震災の時のデマは誰が流したのか、はっきりしないがそれにより、朝鮮人の人達への虐殺に繋がった、そして反体制の人間もついでに始末しようとなったが、今回のトイレ紙のデマは公僕の一人であったと判明して謝罪したが、何も考えずに虚偽情報を流す
人間もいれば、確信犯もいる。オレオレ詐欺に引っかかる高齢者を笑えないではないか。

日本でマイナンバーが普及しないのはうっかりもあるし、金銭で売る役人もいるし、政策としてハッカーをしている国もあるし、ハッカーのプロにかかれば、米国の国防情報でさえ盗まれる時代、日本のボンクラ役人ではとても守れまいと思う人が多いという事と、役人が確信犯的にヤッタとしても罪が軽すぎるし、上司や役所の責任問題も絡むから内部で隠蔽して外に出ないのではと危惧する、

オレオレ詐欺の金持ちの情報は何処で仕入れているのか、よく知る人間と言えば役人のような公的人間しかいないが、国民の不安はそこにある、善人ばかりが公僕になっているとは限らないし、人間苦しくなれば何でもする、デマにもハッカーにも弱い日本か。

イタリアでは病院が満杯で、助ける優先順位を決める段階に入っているとか、船が沈まんとする時もタイタニック号のように優先順位はある、日本ではどうであろうか?優先順位を真っ先に主張するであろう、人間の職業は誰もが想像できる、昔は貴族優先であったが、高級武士の時代を過ぎて、今は市民優先かな????

金で買ったオリンピックも新コロナで金欠となり、病気も蔓延、先は暗い、消費税減額くらいでは上昇しないだろう、本当に一寸先は闇と言うがその通りで人間の思惑通りにはいかないものだ、オリンピック決定の時は皆、喜色満面で飛び上がり、是で将来も安泰と思った元皇族、元知事たちもこんなことになろうとは夢にも思わなかったろう、

おもてなしとかで顔を売った女性はどうやら世襲のボンボンを掴んだようだが、ほとんどの国民はおもてなしが決定の要員とは思っていまい、欲深き理事たちの票を得るには今も昔も小判を包んだ悪徳商人の出番が当然で、今の何とか電力を見れば一目瞭然である。私は何も2020年に立候補する必要はなく、東北が完全に安全になってからでいいと思っていたが、権力者には速くしたい理由があったのだろう

オリンピックは輝かしい未来を運んでくれるはずだったが決定の後、バラ色どころか皆バラバラになってしまった 決定で飛び上がった知事はどうなったか?公用車の問題で躓いた元知事もいたが学歴優秀で頭がいいと言われていた人達も先は読めなかった。今、学歴詐称ではないかと騒がれている都知事の先は明るいのだろうか?
 

元監督の婦人も学歴詐称とかで議員立候補をやめたが、寝コロンでも入れる大学か、金で買える学位なら良かったのに、何でそんなに箔をつけたいのか?中身が乏しい人ほど無理をするということか、流石に東大卒業とは言えないので外国の大学の名前を上げるようだが、いただけで遊び暮らしていた政治家のボンボンは幾らでもいる、持ちつ持たれつのマスコミもそんなに追及はしない。

しかし、政治の世界では学歴では歯牙にもかけない存在の人間に、優秀な成績の高学歴な才子才媛が顎で使われ、平身低頭する図を見れば、中身さえあれば額縁は必要ないと思うが・・・と言っても世襲議員のボンボンたちに中身があるというわけではない、ほとんどは金権に平伏しているだけで学歴優秀というだけで何もなければ、世襲バカボンの下になる。

無論、腹の中ではこんなボンクラ大臣たちのミスをカバーして頭を下げなくてはならぬとは世も末だと思う役人もいるだろうが、明智光秀になる勇気がない。絵が大切か額縁が大切か・・・日本は額縁を大切にしている国と言えようか。

ついこの間まで、日本は国民一人あたり八十万程の借金があるから、増税が必要だと唱えていたのではなかったか?それはどうなったのか?
大金を浪費しても大丈夫になったのか?まったく権力者たちは信用できない、オリンピックとかで国民は騒いでいるが、そういう話はマスコミも言わない、金メダル、金、金と連呼していればOKなのか・・・・同じアホなら踊らにゃ損、損か

今の情勢を見るに終結宣言は遠いであろう、日本もそうだが病院にかかれない、貧困層の人達は無料でも病院には行かないだろう、一家の働き手がコロナにかかり、二週間も休んだら全員餓死である、それに住居を消毒されても行くところがないし収容しきれまい

世界には日本よりも医療設備のない国も多く、貧困者も多い、こういう人達が静かに栄養をつけて待機していると思うや?米国にも保険のない人たちは五千万近くいると言う、病気になってもまず、病院には行かないから患者は増える 体力のない人間から死ぬが発見した時は拡散しているだろう、中国の貧困層は多い筈で、これから患者が増えるのではと思う・・・終息宣言は速いのでと危惧する、

東京は金が余るほどあると豪語していたが、金でウイルスを退治できればいいのだが。コロナが蔓延した国民は思っているだろう、普通の生活に戻りたいと・・・人間、オリンピックで生活しているわけではない、普通の生活、普通の国で充分である、強欲になってはいけない、世界中が対策に躍起難っているのに、オリンピックの準備を予定通りやりますと言う姿勢は、流石、美しい日本である。

追記 三月十八日
今日、書類を改ざんして罪悪感に苦しみ自殺した役人の遺書が公表されたが、総理や幹部たちにはカエルの面に小便であったか?貧乏神の官房長のペーパ棒読みの哀悼文を聞くにつけ、本当にこの国の幹部たちは、美しさとも謙虚さともゼロの人達で下の人間の死は、戦前の兵隊の死と
同じく、何の痛みもない感じない人種だと実感した、戦前の兵隊は葉書一枚で戦場に連れていかれた。

大元は安倍総理の言わなくてもいい、発言「私や妻が関係していたら議員を辞める」のつじつまを合わせる為に佐川局長が忖度したのか、阿吽の呼吸で官邸から指示らしきものがあったのか?本省でもない一地方の財務局の下役人が、勝手に改ざんすることはあり得ない事は誰でもわかるのに・・・高官の発言は特に再調査しないである・・・再調査できないか? 再調査するまでもなく犯人は解っているからしないかである

まるで北朝鮮の拉致被害者の調査と同じで、結果は解っているのに将軍のゴーサインがでるまでは解決済みか調査中と言われて国民は切歯扼腕
しているが国内で同じようなことがあるとは・・・その上、忖度した?局長が栄転とは、満州事変で活躍した軍人が栄転して、その後、我も我もと他の軍人たちが中国を侵略して日本が転落していったことを思い出す 歴史は繰り返すか。

自分に忖度した人間を優遇するような政治は、必ず駄目になる、それをただす事が出来なかった司法は死んでいる、日本が敵視している独裁国家ならわかるが、一応、民主国家であり法治国家だと豪語している国の政治家がこれでは空しくなる、冤罪は裁判官も人間であり眼力不足の事もあろうが、初めからおかしいと国民が思っていた犯罪が不起訴では司法はいらない、是で検事の定年延長が決まれば三権分立も終わりか

学歴優秀と言われ、小さいころから褒められてきた役人がこんな程度では、学歴には何の価値もない、本人たちは出世はするだろうが、そのかわり、日本が堕落していくだけだ、頭がいいだけで何の信念も責任感もない高級役人は何人いようと日本の危機、国民の危機にはとても役には
立たないだろう

長く座っているだけの総理と言われたくないので、憲法改正とオリンピックをした人と称賛されたかったのか知らぬが、ウイルスと不景気で
退陣となるかもとは夢にも思わなかったであろう。この人の功績は何だろう、友達やゴマすり坊主を優遇したかもしれないが、あるとすれば、何度も書ているが日本では凡庸な人でも優秀な学歴の人間の上に立てるという実績をつくり、勉強が苦手な子供たちに希望を与えた事だろうが???ナマケモノでもトップになれると勘違いさせるかも知れない。勝てば官軍か 

こういう国のトップたちが躍起となって開きたいオリンピックが綺麗なわけはない、病人よりは自分たちの利益か、一将功なって万骨枯るの戦前と変わるまい、上が高級軍人から高級官僚に変わっただけで、徳川が薩長に変わっただけの時と大して変わるまい、同じマスクでも、恥ずかしくてマスクをつけたい日本になって欲しくはないが



人類滅亡は神の手か?人間の手か?175話

人類の滅亡は起きるのか・・それは神の怒りによる天変地異か、それとも愚かな人間たちの戦争による殺戮か、それともペスト菌のような病魔によって起きるのか、金儲けに狂奔して地球を温暖化により破壊するのか・・・南極や北極の氷が全部解けたら海水の高さが上がり、地球の大部分が海に沈むと言われている。エレベストなどの高山は残るだろうが人間が住める土地は???

私は天命に逆らう事はしない、あるがままですが、このままでいいのだろうかと思いはあります。特に醜い人間の争いによって地球が滅びるのは見たくはない、やるべきことをやっても滅びるなら、天命であり、今まで地球よ有難うと言って去りたいと思っています。

ほとんど生物は今日を精一杯生きて、明日を心配する事はない、例えば、トカゲもカマキリも蝉も鳥もライオンも明日どうなるか、考えて生きているようには見えない。それは自然と共に生きているからで自然を破壊して生きている人間は先を考えてくよくよする、他の生物は人間の破壊行為によって大きく人生?を狂わされてきた。

象にしてもゴリラにしても暗黒大陸と言われていた時から大きく仲間を減らした、百年前でも同じで生活の為でもなく、単なる狩猟の娯楽で、近代人と自負していた白人たちにより多くの生物が抹殺された。それでも彼等は何も言わない、人間が逆の立場であったらと考えた事はないのだろうか

ただ、一時の快楽を得る為にゴリラやライオンに追いかけられる境遇に置かれたら、どうだろう、無論、ライオンやゴリラは生活の為に戦うが無益な事はしない、まして快楽の為に人間を狩るなことはしない。

神がお許しにならない兵器は作る事は出来ないと言われていたが、それでは毒ガスはいいのだろうか、多くの生物を抹殺出来る兵器を神はお許しになったのだろうか?原爆や水爆などの核兵器はどうだろう・・核は平和利用と言う隠れ蓑があり、毒ガスは農薬の為の副産物であったという言い訳があるが・・・人類の進歩に役立つと神はお考えなのだろうか?

それとも悪人を大量に抹殺するのに役に立つとお考えなのだろうか?我欲の塊である人間が高尚な考えで悪人だけを抹殺することが可能とは思えないが。ぎりぎりの生活で日々 生きている人たちには権力者や独裁者のやる事を見張る余裕も抗議する事も出来ないかも知れないが、仕事を終われば、ゲームや遊興に費やす時間のある人たちは傍観していてはいけない。

戦前は権力者は側近が選び、天皇が認可するシステムになっており一般庶民には傍観するしかない環境であった、短い期間だったが議会が機能している間は一応、庶民の代表が政治をやる事が出来たが軍部独裁になってからは銃剣が支配した。

戦後は国民が代表を選べるシステムになったので、戦争や原発事故などがあっても全部、権力者の責任とは言えなくなった筈である、戦前は悪いのは全て軍人で、東条英機総理大臣が悪いと言っておれば、自称文化人も平和主義者も非難されることからは逃れた。

何が怖いと言って戦争よりは悪はない、現代において、阪神大震災、東日本大震災などの家屋の被害も酷いが、人間の被害は数千人から一万くらいでした・・・戦争では三百万以上であり、家屋も全国で壊滅的被害でした、親、兄弟、子供、親戚など何人かは家族の中で亡くなっており、全員、無事の家族は稀であった。

戦争に向かわないように常に、監視をしていないといつか来た道になる、アメリカに頼るのはわかるが、貧しくても平和の道があるなら、真剣に考えるべきでしょうー今の安倍政権も歴代政権も米国大統領に平伏してきたが、果たしてそれが正しいのかどうかである。

ただ、己の権力を維持する為だけに平伏して来たのか?口では日本の為とか国民の為とか言っているが本当にそうだろうか?必要でない兵器を高値で買い取っているのではなかろうか・押し付けられて断れないので日本防衛の為に必要だと言っているだけではないのか?自衛隊の幹部たちはそういう商社や兵器産業に天下り出来るメリットはあるだろうが。

戦前、日本はロシア対策の為に満州に傀儡国家をつくったが、その後がいけなかった、満州事変を起こした軍幹部たちは栄転した、それを見た他の軍人たちも次は俺たちだと中国を支配しようと戦争を始めた。勝てば官軍で栄転できるならと当時の中国なら簡単とばかり幾らでも戦線を拡大した。

考えても見よ、小さな島国に育った日本人が何倍もある満州をとり、そのうえ、中国とは欲のかきすぎで誠に情けない、ソ連とはノモンハンで
惨敗して停戦している、簡単に勝てそうもない相手とはすぐに講和するが中国とは威圧的交渉だから、まとまるわけがない。

それにしても、戦前のギャングだったアルカポネたちは軽機関銃や自動小銃を使用していた、日本のやくざは短刀か日本刀で、ギャングでさえ軽機関銃を持つ国に日本では兵隊が持つ銃が、三八式歩兵銃とは?? ノモンハンの戦闘でソ連の兵隊が使用していたのも自動小銃で何も考えない陸軍上層部の頭こそ驚きであった。

弾が当たるのは一発で後は無駄玉になるから勿体ないという精神だそうだが、短時間に百発撃つのと一発撃つのとでは誰でも百を選ぶと思う、
百発百中の技を磨くのはいいが、戦闘では余裕を持って撃ち合うことはまずない、日本軍は演習でもあまり、実弾は使用しない、そんな貧しい国が千発でも無駄うちする国に挑むかなー?

人間の欲は限りない、今の権力者たちの夢が大日本帝国よもう一度なら、あまりにも悲しい、安倍総理は過去を取り戻すと前は大声で喚いていたが近頃は言わなくなった、明治維新を言っているのか、言質をとられないように用心しているのか知らないが、はっきりと言うべきだろう
何処へ国民を引っ張っていくのかを。

昔は天皇を頂点とする公家たちが長らく民衆を支配してきた、そして源頼朝以後は武士の時代になった、明治以後は薩長政権が支配し、昭和に入って軍人の世になった。大半が農民であった日本国では、自分たちが作ったコメはほとんど支配者たちに搾取され、長らく暗黒の時代が続いた。今は商人つまり金の時代である、猫も杓子も金、金、金、金で買ったオリンピックで選手は金メダル、権力者はそれを利用しての金権維持
であろうか。

阿部総理が絶賛する明治維新とやらも何のことはない、徳川政権に対するクーデタのようなもので、頭が徳川から薩長に変わっただけである、明治以後の改革も最初からそういう青写真があったわけではなく、欧米を視察した薩長幹部たちがこのままでは日本、即ち自分たちも奴隷のようになると驚愕して慌てて、文明開化という列車に乗り込んだだけであろう。

民衆が下になるのは構わないが、自分たちがそうなるのは阻止しないといけない、それには富国強兵だとその目的のためにのみ突進した、実際は一部の人間だけが栄える富国で、貧民貧国強兵であった。明治以後、何が大きく変わったかと言うと、農民は貧しかったが戦争に狩りだされる事はなかったのが、知らぬ他国の民を殺す戦争に連れていかれ、それが国の譽となり、金鵄勲章となった。

チャップリンの殺人狂時代と同じで、戦争で大勢殺せば英雄で国内では一人殺しても殺人者となる時代が幸福な時代である筈がない、何百年もの間、酷使され搾取され続けた農民が、今度は鍬の代わりに銃剣を持たされ貧しい生活の果てに戦死では泣くに泣けまい、それまで楽な生活をして威張っていた階級なら因果応報であるが。

明治政府の富国強兵の中身は全て軍事優先である、国民はどうでもいいのである、例えば、車、アメリカでは誰もが乗れる時代だというのに
軍はトラック優先で、乗用車の生産は後回しであった、そして権力者や財閥、軍高官たちは欧米の高級車を乗り回していた、国民の幸福は完全に後であった。

そして、自動車もろくに乗った事のない若者たちを飛行機に乗せ、多くは南海の空や沖縄の空に散った、この予科練に集まった優秀な若者たちを無駄死にさせてしまった罪は大きい、本当に得難い人材であったと思う、何の体験もない若者たちが空を自由自在に飛べたのは非常な努力と
素質であったでしょう 本当に惜しい、将校ばかりが惜しいのではなく偉くもない、名もない兵隊を惜しみ、家族の悲しみを思う。

生きていれば、大きな仕事をしたかも知れないのに・・・中学を卒業したかどうかの若者たちが、無線だとか、空を飛ぶ航法だとか、学業もあり、実地訓練もある、当時の軍隊であるから一昔前の相撲部屋と同じで、無理編に拳骨は当然で今の若者たちでは至難であろう、知識も体力も気力も適正もあった彼等は国の宝であった筈で、彼等に普通の生活を味わってもらいたかったと切に思う。

戦前は薩長の宣伝の為に明治維新は輝く偉業で長州には松下村塾があり、薩摩には西郷がいたという伝説を創り、日本国民を欺いて来た。私に言わせれは西軍「薩長」が勝ったのは、半分以上、ダメ将軍と最初からやる気のなかった勝海舟のお陰であろう、東軍「徳川政権」が小栗上野介の意見を聞くか、大阪で交戦していればどうなったかわからない。

徳川は薩長幹部たちより早く、欧米視察をしているし、このままでは日本は駄目になる事は悟っていたから、近代化を進めていたと思う、それが徳川中心の連合体「坂本龍馬の案もそれに近い」になるか、雄藩連合になったかはわからぬが、明治政府と同じような事をしただろう、それが速いか遅いかの違いである。

銃を買って、欧米を想像するのと実際に行って見るのでは百聞は一見にしかずで、海舟も福沢諭吉も咸臨丸で米国に行って驚いたはずで、幕府の高級官僚たちも馬鹿ばかりではないし、まともな頭なら絶対にこのままでは列強に勝てないと理解するだろう。問題は徳川が主導権をとるか
薩長がとるかだけだ。マア、アホ公家と傲慢薩長官僚の日本と徳川官僚の日本のどちらが庶民に幸せであったかはわからない。

幕臣として高禄を食み、武士として育ったて来た忠臣としては、将軍が薩長の下級武士より下に置かれる事は忍び難く戦いを選択したのだが、会津と桑名以外は実戦経験のない徳川軍と実戦を積んできた、薩長が新式銃を持っている有利さに敗北してしまった。この後、事もあろうに将軍は家臣を置き去りにして大阪から船で逃げ帰ってしまった、武士以前であり、人としても情けない、豊臣秀頼以下である。

大阪でもいいから、将軍が激を飛ばせば、江戸からも援軍が来るし負けることは少ないと思う。薩長軍は金がない、要するに軍費がないから東海道を行軍するのに豪商から金を徴収しているくらいで、持久戦になれば、至難であろう、当時の浦賀奉行の与力であった中島三郎助はまだ小さい子供を二人も引き連れ、徳川に忠義を尽くし函館で親子で戦死している。

最後の将軍はそんな事は歯牙にもかけまい、こんな将軍に殉じた人達は哀れである、真の武士は美しいが・・・言葉なし。西郷隆盛はこういう武士たちを多く見て来て各藩にも徳川にも多くの人材がいたことは知っていた、そういう武士たちを食えなくしてしまったのは大義の為とはいえ胸中は??

中島三郎助は民に優しく、航海術を学び造船技術にも優れ、若い頃の桂小五郎が浦賀の中島家に半年ほど泊まり込みで造船を学んでいる、今でも浦賀にも函館にも記念碑がある、海舟が幕臣トップに近い位でありながら薩長に走るのを低い身分ながら、武士の意地と誇りを示した、まことに真の武士で桂も後に、中島親子の戦死を聞いて泣いた、海舟と中島は幕府海軍操練所の同期生である。

坂本龍馬の提案と言われる大政奉還を提出したのに無理やり、徳川に戦争を仕掛け公家政治をしようとした、岩倉や薩長が何故正義なのか?
長岡藩が中立で行きたいと言っているのに無理やり戦争を仕掛け、賊軍にして領地を奪うのが正義か?佐賀藩は鳥羽伏見では何もしなかったが
これも中立ではなかったか?会津も恭順の意を呈しているのに無理やり戦争は如何 とても官軍ではあるまい

海舟にとって、それでも薩長が官軍なのか、幕臣の高官であり武士の端くれなら、徳川を勝たせる戦略を出すべきでそれで負けた時、責任をとって切腹すればすむ、小栗上野介の最後は見事である、武士はかくありたい・・日本国内で争う時ではないと言いながら、薩長の挑発に傍観していたのはおかしい、薩長が勝つのを望んでいたとしか思えない、将軍がろくでなしであっても最後までやるべきと思う。福沢諭吉のやせ我慢の説も一理ある・・・どう見ても人に好かれる性格とは?幕末ではなお嫌われただろう。

吉田松陰も阿部総理には輝く星であるかもしれないが、見方を変えれば、徳川政権にたいするテロリストの親玉に等しいのではないか、幕府老中を殺せと激を飛ばす人間が偉いと思われているのは、徳川政権が悪の権化という仮説に立っているからであって、今のアラブのテロリストたちも米国が悪であり、自分たちの掲げる経典が絶対という論理で、何をやっても正義であり聖戦であると自己正当化している

案外、松陰が今、いたなら安倍腐敗政権打倒とか言って檄文「メール」を飛ばしていたかも知れない、テロリズムに走る人間は狂気の部分がないと出来ない、しかし、テロだけで政権が倒れる例はほとんどない、必ず、軍「または兵隊」が動かないと無理である、ロシア革命もそうだし
井伊大老暗殺だけでは倒れなかった、アラブの春のエジプトもそうである。

吉田松陰の場合は薩長が勝利したので、勝てば官軍ですべては吉田松陰の教えが正しく、その弟子であった人間たちも偉いとなるわけであろう、西郷は、大きな人物であったが、その人物に一番、よく接してきた長州や土佐や肥前の人間たちからはあまり、賞賛の声は聞かない、勝海舟が絶賛するのは、それにより自分も大人物と思われるからであろう、無論、大久保よりは西郷の方が好きであったのは間違いなかろうが。

勝の氷川清話には、幕臣の英傑であった小栗上野介の事を売国奴のように書いているが、幕臣から見れば勝こそ裏切り者の売国奴であったと思う、人間、見る視点が変われば評価も変わる、西郷も薩長の幹部たちの贅沢三昧の生活を見て、こんな連中の為に日本の武士たちを滅ぼしてしまった悔恨の念が強かったと思う。それが征韓論になったかも「武士救済の為に」

いきなり、殿上人のような生活が出来るようになった山縣有朋や三井の番頭と西郷に言われた井上馨などから見れば、西郷はいない方が良い存在であったでしょうー似ても似つかぬ銅像に仕立てられた西郷にとっては大人物に祭り上げられたのは迷惑であったかもしれない。しかし、長州の吉田よりは西郷の方が私には親しみやすい、例え、大西郷であろうとなかろうと。

この銅像には西郷夫人が、うちの人はこんな顔ではない、またこんなだらしない格好で歩くこともないと言ったが周囲の薩摩の幹部たちになだめられて黙ったとある、西郷に引き立てられた薩摩の幹部たちには鹿児島に戻って一緒に戦わなかった事に、忸怩たる想いがあったので何でもいいから銅像を建てて賊軍の汚名を晴らして免罪符にしたかったのであろう、官軍に残った薩摩幹部たちは西南戦争の後は二度と鹿児島に帰る事はなかった。

本物の西郷の顔は米国の宣教師 フルベッキの写真に残っている彫の深い、西洋人のような精悍な顔つきの大男がそうであろう、薩摩藩主たちと一緒に映っている写真もそうである、当時、多くの人達が顔を知っていた筈なのに沈黙して、ああいう顔にしたのはその方がより、大人物に見えるからではないかと思う、

真に西郷を敬愛して銅像を建てるなら、本当の顔はこうだと言えた筈で、一緒の写真に納まっていた薩摩藩士たちが名乗り出てもいいのに、西郷の写真はないとか、彼は顔が残るのを嫌ったとか言っているが、永く日本国民に残すべき銅像が全然、違うのは何か、下心があったとしか思えない、当時、あれだけ多くの人達に知られている顔を変えるのはおかしい、妻だけではなく本人も浮かばれまい。

いやしくも銅像を建てるのに当人とは全然、似てない顔にするだろうか?顔なんかどうでもいいのだ、銅像さえ建てれば俺の胸は少しは晴れるのだと下級武士から大物になった黒田清隆は思っただろうか?そんな筈はなかろう、恩義ある人間の顔を簡単に変えるとは思えない、百歩譲ってどうしても写真が手に入らないなら、人相書きの名人もいた時代、こんな顔だと書かせて彫刻師に頼めば済む話である

しかし、長州「山口県」は不思議な所である、天皇を担いだ、伊東や山縣も出たが、共産党の学者、河上肇や宮本委員長、天皇暗殺未遂の難波大助も山口である、さて、次はどんな人物が出るかなー、いろんな人物がいるから歴史は面白いのかもしれない。

ミスターゴーンの保釈逃亡と日本 174話

日産とルノーの最高責任者であったゴーン氏が逮捕され保釈中に逃亡したので、日本は大騒ぎになった。それも冷酷元年の年末であったので、日本の司法界のみならず、除夜の鐘どころではない人達も大勢おられたと思います。それはゴーン氏の反論会見などで色々と隠しておきたい裏話が表に出るのが不味いと思うからでしょう。

除夜の鐘はゴーン ゴーンと心に響いたか?良からぬ人の煩悩の鐘か 平和の鐘に聞こえたなら良いのだが。

日本の治安は甘いとか、簡単に逃げられる事がわかり世界に笑われるとかの問題ではないでしょうー、無論、その前提には金がなければ成り立たず普通の人達には無理であり、受け入れてくれる国家がなければ、逃亡も亡命も出来ない、

レバノン政府は日本との関係も無視できないので、時間が過ぎるのを待つ作戦でしょうー政府役人の名前をゴーン氏が出さなかったのはレバノン政府の立場を考慮したのだと思ぅ。

本当は政府役人の介入がなかったのをゴーン氏が問題を大きくする為に仄めかした虚偽の話か?本当にあったかは読者が判断すればよいが多くの国民はどう思っているだろうか? 相変わらず大手マスコミと官邸の誘導報道に乗っているだけなのかな?

もしも、ゴーン氏がアメリカ人ならば、簡単に馘首出来なかっただろうと思います、ゴーン氏の主張は日産をフランスに取り込まれると恐れた、日本政府と日産が組んだ国策裁判だと、それもあるかも知れない。

ゴーン氏がいなければ、ズルズルと後退した可能性が大きく、日本の幹部たちはゴーン氏のイエスマンしかおらず、彼にノーと言える人がいたとは思えず、もっと巨大な権力が後押ししなければ、解任をやれるとはとても思えない、司法取引で免罪符を与えられたから決行したのではと思うのは私だけではないでしょう。

要するに彼等の言うゴーン氏の罪は彼等も知っていたか、黙認していたとしか思えず、そういう金を日産社員に還元するだけの余裕がなかったのだろうか?当然、有ったがゴーン氏を恐れて何も言えなかったか、無能であったかでしょう。

逮捕起訴した以上、無罪になったらゴーン氏に巨額の賠償を要求される日産と世界中から批判の矢面に立たされる司法としては無罪はあり得ず、何らかの刑を言い渡されるとゴーン氏は思ったのでしょう、

無論、日本政府は何も知らない、関与もない司法が決めた事だと言うでしょう、政治が絡む案件は国民に真実が明かされることはない、、ケネディ暗殺事件の犯人とされたオズワルドを射殺して、自殺?したジャックルビーが語った言葉、米国民に真実が明かされることはないだろうは
やはり五十年たっても同じであった。

米国のように過去の公文書を開示する国においても至難であるのを思えば、日本のように書き換え、削除、紛失 何でもありの公文書では信用ゼロであり、そして日本国民がほとんど忘れた頃に、あの時はこうだったとか、ああだったとか、当事者が語る事はあるが、権力者たちが認めることはなく人畜無害の頃にそんな話を聞かされる国民にとっては何だそれは過去の話だろう、今頃、聞いたつて仕方ないで終わってしまう、

何事も世代が変わる前に明らかにならなければ、真実もカスミとなる、五十年も後では何にもならない、それでも真実が伝わるだけ少しは民主主義の国と言えるかも知れないが。

日本は北朝鮮、中国、ロシアのような国だとかゴーン氏は話したが、今はそれほど酷くはないがそういう国のトップのようになりたいという欲望が権力者や役人の間にないとは言えない、その方が政権を維持するには楽だから、トランプが将軍や習近平を友達よばわりしているのも羨ましいのかも知れない。

今日、トランプが口の利き方に気をつけろととか言ったらしいが、過去に老いぼれと将軍に言われたが口の利き方に気をつけろとは言わなかった、せいぜい、ロケットマンで、将軍にとっては痛くも痒くもない発言であった、この差は何だろうか?

やはり、核を持ちロケットを持つ小国の方が、核を持たない大国のイランよりは脅威なのか、これではどの国も特に独裁国ほと核を持ちたいと思うのは無理はない、米国がイランを追い込んでいるのだ、イランが壊滅すれば、アラーを狂信的に信じている人たちのテロは世界中に広まるだろう、どうする積りなのか?。

米国とイランの顔を立てる為の日本の自衛隊派遣と同じで、レバノンもゴーン氏と日本との顔を立てる方法を選んだ、弁護士は被告の要望を最大限に考えるのが仕事であり、守秘義務もあり、今回、弁護士会で懲戒請求が出たが、ゴーン氏が日本では無罪は至難と判断して国外脱出を望んでいたのであれば、その望みを適えるのも弁護士の役目か?

法律の範囲内で完全無罪を勝ち取れるならいいが、国策案件の場合は難しく、日産の方にすれば、ダラダラと長く裁判を続けゴーン氏の影響力がなくなれば、勝ちで逃亡でも裁判でもどちらでもよく、下駄は司法に預けているから何の心配もないだろう

日本の治安がどうとか、簡単に逃げれる国と思われて国の名誉が損なわれたとかの報道がなされていたが、戦後から現在まで北朝鮮にはまるで甘い国だと国民には思われている事実からすれば、ミスターゴーンの逃亡などは軽いではないか。

過去の拉致被害者を取り戻し、是からは完全に拉致を防げる治安体制になっていれば、声を大にして逃亡許すまじと言えるのではなかろうか、報道を見ているとアリも逃がさない鉄壁の治安体制を誇っている国のようだが・・・北だけは別か。

凶悪な殺人犯でもなければ、拉致誘拐犯でもない、一応 日産の業績を回復した立役者であった人だし、普通なら日産内部で処理する問題では
なかろうか? かって、北のスパイたちが豪語していた話として、日本に潜入するのも脱出するのも食事中にちょっとトイレに行って戻って来る程度だと・・・軍事政権だったか韓国に入るには半分くらいは緊張するがと、まるで日本なぞは遊園地に行くような感覚である

日本は海岸線が長い、何処からでも侵入できる、平時でこれだけ北の諜報員が楽に活動できるという事は戦争になれば、もっと活発になるだろう、日本は空と海の防衛線が破られたらアウトである、陸上自衛隊が待ち構えている所から侵入する愚かな事はしないだろう

平成から冷酷に変わって年末に思う 173話

昔より、独裁者が年号を決めてた慣習があり、今に続いている、皇帝とか天皇とか将軍とか名乗っている人たちにとっては自分の国を支配している実感がそれによってあるのだろう、平安時代の頃、時の関白、藤原道長が詠んだ句に、この世をば わが世とぞ思う望月の・・・というのがあるが天皇の外戚として権勢を極めた貴族たちも、すぐに武士たちに代わられる世が来るとは想像もしなかったであろう。

人間、一寸先は闇であり幾ら権力を欲しいままにして栄耀栄華を極めようと空しいだけである、例え、裏切り、虚偽、脅迫 暴力を使ってもそういう人間になりたいと願っている者がいるのも事実であるが、スターリンの生涯はどうであったか ヒットラーはどうか 伊藤博文や山縣有朋の晩年はどうであったか?平清盛はどうか ムッソリーニはどうか 今、栄華を極めていても先は??

戦前の東條総理も大命降下で総理になったが、まさか、絞首刑になるとは夢にも思わなかった筈でる、当時の傲慢不遜であった軍人たちの罪悪と悪口を一身に引き受ける破目になった。しかし総理一人が大悪人であったわけではあるまい、米軍も日本も敵役を求めていたという事で、吉良上野介がいなくては忠臣蔵は幕引きにならない。

たしかに元号なり暦がないと生活に不便であるから西暦だけでも必要であるが、日本式の暦があってもいいとは思う、但し、平静なら平静を百年とか千年で区切って新しい元号を国民が決めるようにすれば、いいのではなかろうか・・平静99年とか平静999年とかである。私は平和元年でも良いかと思っています。平和何年と書いてあれば、常に平和を意識して戦争を避けることに繋がるのではと。

人の生活は物凄い速さで変化している、それがいいか悪いかはわからない、そして、今や一国だけで止められるものではなく、害があるかも知れないと思っても他国が、進めば遅れじと参加しなくてはならない世がいいとも思えない。かって東ドイツが自分の国で生産していた車は西欧から見れば時代遅れの代物であったが、東ドイツの人達はそれに乗れれば、満足していた、そんなに速く走る必要のない環境ではそれも可である。

自由競争になり、欲望を刺激して売りまくるビジネス社会では取り残されてしまう、進化?を止めようとあがいても地球規模の欲望社会では至難である、鎖国かそれに近い国でなければ難しいでしょう、独裁でない国で国民が遅くてもこれでいいと決めれるのなら良いとは思うが、商売優先の国ばかりで、なおかつ、自国オンリー、自国ナンバーワンを誇りたい権力者たちがそれを簡単に許すとは思えず、人間に良い社会が来るかどうかは本当に未定である。

福島の大災害を横目に見て、大金を払ってでもすぐに東京でオリンピックを招致しようとした権力者たちを見ていると彼等が真に国民の為に粉骨砕身の努力をするとは到底思えない、今は米国の大統領に平伏しているが、その心はわからない、私は中国なり、ロシアなどが米国より強大になれば雪崩を打って、そちらに平身低頭すると見ている。

当然、米国の権力者たちもそれはわかっているから、中国などが大きくならないように圧力をかけている、北朝鮮を真の脅威だと米高官たちは思っているだろうか?北の核開発は米ソに比べれば、百年は遅れている、スパイなどを使って技術開発して漸く、ここまで来たに過ぎず、米国などは遥か先を進んでいるだろう。

北の脅威を叫ぶことで、日本政府は米国の押し売り兵器を買う大義名分が出来るから、日米にには都合が良いのであろう、今、北朝鮮に怯えていたら、北とは問題にならない強大な核兵器を持つ中国やロシアには永遠に米国大統領閣下のお情けに縋りつくしかないのか?核のボタンを
他人任せにしていいのだろうか?他に道はないのか 頭がいいと自負している元帝国大学出身の役人や議員もボンクラ議員と同じなのかな?

何で北の核を騒ぐかと言うと、ほっておくと日本などが核を持ちたいと言う可能性があるからであろう、強国でいるには自分たちだけが核兵器を所有し、なるたけ他国に所有させないことが肝要である、無論、自分たちは正義の為、自己防衛の為という大義名分を掲げてはいるが。

かって中国のトップが米国に提案したと言う太平洋二分割、半分ずつの勢力圏でどうかという事だが、その頃、日本などという国は10年、20年先にはあるかないか、わからないですよとの話であったというが、そこにはロシアも眼中になかったのだろうか?・・・・ただの噂話であったとも言えない怖さもある。

何処の国も自国の存亡をかけてまで、他国の為に動くかどうかで、第二次大戦の時、ソ連や英国を援助したのは勝てる戦争であり、七割か八割の勝算があり、米国のユダヤ資本は大きく、ナチスに勝たすけにはいかなかった。無論、日米戦争などは百パーセントの勝算があり、参戦したかったルーズベルトにとって真珠湾攻撃は待ってましただろう、想定より犠牲は多かったが。

ヒトラーは米国とは戦争をしたくないので、なるたけ刺激しないように戦っていたが、日本の真珠湾攻撃ですべて無に帰した。目先の花火にヒトラーも目が曇ったか?日本に要請され米国に宣戦布告したがどうであったか・・・日本はドイツと戦争をしているロシアとは中立で参戦していない、ヒトラーは拒否できたハズであり、自己中心の独裁者が日本に同調するかしないかは彼の胸三寸であった、

ヒトラーにとって条約は都合のいい紙切れに過ぎず、三国同盟と言っても自国に不利ならば返事をしないだろう、戦国時代の武田、北条、今川の三国同盟と同じで、政略結婚をして親戚になっても反故になった、織田浅井の同盟も、妹を嫁がしても裏切るのが権力者たちで彼等よりヒトラーが善人である筈もなしである。さて日米同盟は鉄より硬いかな??私には令和も冷酷も同じである

この年の瀬にアフガニスタンで中村医師が殺されたが、真に非道な連中である、彼は医師でありながら、医師よりも多く救える道があると土木技術者となり水を引き荒れ地を緑に変え農地にした、そして、現地の人達の要請を受け、モスクも建設した、キリスト教徒でありながら、それをやったのはマザーテレサに勝るとも劣らない・・・こういう人こそノーベル平和賞であり、国民栄誉賞であると思うが。

普通の人は専門職以外の事はやらない、医師であれば医療行為でしか貢献出来ないと言うだろう、しかし、中村医師は違った、アフガンの平和と生活再建になるなら出来る事なら何でもやりましょうーの気迫が伝わって来る・・・ボランティアもかくありたい、見てくれのいい慈善事業をやるよりも肥桶を担ぐくらいの気持ちが欲しい

現地の人達は水路完成よりもモスク完成の法を喜んだと中村医師は語っていた、イスラムと言うと蛇蝎のように嫌う人達がいるがそれは間違っているとも話していた。日本の仏教にも日蓮宗、浄土真宗 真言宗など沢山あり、時に破戒坊主も出るがすべてが悪人と言うわけではないようにイスラムにも色々あるだろう。

ただし、モスクまで建設した中村氏を殺害するとは、殺人者たちはアラーを掲げているが中身はナチスと同じである、ナチスも多くはキリスト教徒であった、何故、このような聖人に近い人が殺されたのか?それはアラーを掲げてアフガンを思い通りに支配したい人達にとって兵士と兵器がいる、そして兵器は高額である、彼等にとって貧しい方が都合がいいのであろう

産業がなければ、兵士になるしか生活できず、農地よりもアヘンを栽培して売る方が金になり兵器も買える、かっては石と槍しかななかったこの地に殺人兵器を売りまくった死の商人は欧米やソ連ではなかったか?その付けが回って来て今度は弾圧に走っているが、蒔いた種は刈らねばならない、ナチスのようなテロ組織が壊滅しても、平和は容易ではなかろう。

我欲に狂った権力者たちが支配している大国は自分たちがトップにならない平和は歓迎しない、中村医師は復讐は望んではいないと思う、アフガンに平和な生活がよみがえるなら、彼は喜んで死を受容する人ではななかろうか、中村氏の話にアフガンにもいい人もいれば悪い人もいる、それが人間社会でそれでも平和の為に頑張らねばならないと。

今、日本はオリンピック、以前はラクビーなどに熱狂していたが、その半分でも数パーセントでも中村哲医師の生き方に賛同して一人でも多くの若者が世俗の欲「名誉、財産、地位 権力など」を捨てて、駆け出して欲しいと願っています、何でも最初は一人の行動から始まるものです

冬なのに建物の倉庫の中に入って冬眠の準備?をしていた熊の親子三人が捕まりましたが、何とも哀れを誘う話で穴倉も見つからず追い詰められた熊たちに同情すると共に、自分も熊たちを追い詰めた悪人の仲間の一人でしよぅ、熊から見れば人間は鬼か蛇か

現在、眠っている間に暴行されたと訴えていた婦人の裁判が、いい方に認められて良かったと思います、以前は総理の友人だから許されるのかという報道がなされていましたが、それとは別に大マスコミと警察、司法は持ちつ持たれつの関係なので、これからもそういう疑惑の話は起こるでしょう、合法的だろうと立場が強い人間の名誉が守られて下の人間は泣き寝入りは許されないでしょう。

どこかの大使閣下にも似たような疑惑事件がありましたが、これも不起訴、殺人を犯した元官僚も保釈、同じような事件を犯した庶民にも適用されるだろうか?金や地位があれば甘くなる判決ではいつか、国民の不満が爆発するかも知れない、故中村哲医師とか、スーパボランティアの尾畠さんとは正反対の人達ばかりである。

大日本帝国?を夢みる阿部総理のいう美しい日本はいずこにあるや、探してもないからせめて美しい桜だけでも観賞しませんかと同好の士を誘ったのが桜の会ではなかろうか・・本来の桜の会に戻そうと阿部閣下が必死に努力したのに無残にも散ってしまった、マア、桜は散っても
日本が散る事のないように願っています。

近頃、上級国民とかいう言葉が出ているが、まことに不愉快である、これでは中級国民とか、下級国民とかが存在するような感じで、政治生命などという言葉と同じで、マスコミ用語であり差別用語でもある。普段は差別に関しては言葉狩りもするマスコミが、知らんふりをしているのは認めているか、黙認しているという事であろう。

大工生命とか農業生命などという言葉がないように、如何にも重大な生命のように扱うのは不思議である、任に堪えなくなれば、議員を辞めれば済む話で、大工が片手を亡くした場合、非常に困難であるが大工生命がなくなったとは言わない、別の道を探すでしょう、総理に近い人、高級官僚、財界人などを上級国民と言うのか、知らないが、馬鹿な用語は慎むべきでしょう

折角、明治以来の悪しき華族制度がなくなって、貴族もいない四民平等の世になったのに、またもや、元皇族とやらをを皇籍に戻す噂があるようで真に人間は差別が好きなのだなーとつくづく思う、私は真の意味の福沢諭吉の天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらずが好きですが・・・・・今の慶応大学がどうであるかは知らない・・・

桜を見る会とかで、多くの人が参加しましたが、これは権力者と一緒の写真や葉書を有効利用したいグループや人たちにとっては都合がいい会で、世紀の美男美女が主催するなら、見に行こうと思う人がいても不思議ではないが、夫妻の顔を見たいと思う人が二万近くもいるとは驚きである、芸能人の顔を見る為に行く人もいるでしょうが、夫妻だけでは功労者?が集まらないと思ったのかな。

総理夫妻の顔ならテレビで沢山で、出来れば見たくない人もかなりいると思う、税金を使って選挙後援者を招待するとはうまい事を考えたが、同じ園遊会でも皇室の場合、反社会的とか怪しげな人物がいたとは聞かない、選考する人間がまともなのか、完全な人物本位で余計な圧力や忖度がないせいなのか? 

最高権力者と自負している人物の桜の会でこんな疑惑がでるとは情けない、マア、花より団子の人ばかりか、何か、総理の前をチョロチョロしていた人たちがいつの間にか、偉くなっているのを見れば総理の友人とか、知人になりたいのは人情か、安倍総理の日本国に対する最大の貢献は、東大などの優秀な学歴も頭もなくても、凡庸な人物でも長く最高権力者におれるのが日本だと内外に示せたことではなかろうか

無理に大日本帝国に憲法改正しなくても、普通の人達に希望を与えているのだから良しではなかろうか、大命降下の時代ならば、間違っても総理にはなれなかったでしょうにー忖度議員や忖度役人ばかりになったのは最大の失点であるとは思うが。





夜と霧よりパート2 アウシュビッシュにも星は瞬く 172話

          アウシュビッシュにも星は瞬く

アウシュビッシュの昼は長い
僅かな食事に過酷な労働
もたもたしておれば殴られる
ヨタヨタ歩けば蹴飛ばされる
監視の囚人たちは残酷非道だ

アウシュビッシュの夜は短い
労働に酷使され泥のように眠る
暖房もない狭い棚の上に横たわる
朝まで生きているかが問題だ
呼吸が止まれば天国だ

アウシュビッシュの死者は誰が弔う
弔うものなど誰もいない
ガス室の死体は誰が片付ける
同じ囚人仲間が清掃する
彼等も次はガス室が待っている

アウシュビッシュに希望はない
親衛隊も囚人も人ではなくなる
暴力にも死体にもガス室にも無表情
誰かが死んで誰かが助かる
ここに物体はあるが人間はいない

アウシュビッシュに夜が来る
地獄の夜空にも星は瞬く

アウシュビッシュで生き残った人達は被害者でもあり加害者でもある、自分たちがガス室に送られるのを阻止する為なら何でもやった。著者は良い人は戻って来なかったと書いているが、これは生き残った人達が悪人と言うわけではない。

船が沈み大海に投げ出された時、救命ボートが一つ浮かんでいた場合、自分が助かろうとするか他人に譲るかの違いで良い人というのはボートに掴まる気がないか、手を離した人たちで何か何でもボートにしがみついていた人だけ助かった 彼等は悪人だろうか??

平和な環境に暮らしていた人達には想像もつかない劣悪な場所に押し込められれば、大抵の人は生き残るためには何でもやる、死んだ仲間の衣類や靴も少しでも良ければ剥ぎ取る、食料も奪う・・これは日本軍のインパール作戦、南方のジャングル戦 シベリア抑留でも体験談がある。

運よく地獄門を出られた人たちも良心の呵責に悩むそして沈黙する、説明してもわかるまいと。私もそういう環境に入れられたら同じことをするだろう、毎日、殴られ蹴られて病気や飢餓で死ぬのなら、ガス室の方がいいような気がして来た、生きて絶滅収容所を出られた人は本当に奇跡に近いと思う。

収容された人達はほとんどユダヤ人で犯罪者ではない、囚人でもなく戦争捕虜でもない、しかしその待遇は奴隷的囚人である。女性で四回も収容所を移動させられ、奇跡的に生き残った少女がテレビで放送されていた・・地獄の夜空に微かに光った星であろうか。
星に感動・・・・・・星に涙・・・・・地獄の番人、洋二郎も泣く 泣く 泣く

余りに酷い体験をした人たちはほとんど語らない、普通の社会に戻ると余計にその落差に沈黙する、語る者は知らず 知る者は語らず、私もアウシュビッシュの真の恐怖と残酷さを知らない、ゆえにこの本、夜と霧を是非に読んでいただきたい、何としても読んで貰いたい、政治や人種を越えて読んでいただきたい・・地獄門が開かれる前に・

夜と霧 ヴィクトール・E・フランクル著  新版 池田香代子訳 初版 霜山徳爾訳「写真と解説付き」

PB030020.JPG

この写真の人達はすぐに星となったでしょう…・奇跡的に助かったでしょうか?子供に手を挙げさせる世界を私は見たくない

夜と霧よりパートⅠ アウシュビッシュの夜 地獄門 171話

PB030020.JPG


精神科医フランクルの書いた夜と霧 この本を読んだことのない人は一度は読む事をお勧めします、ユダヤ人虐殺の記録だが普通の人がかくも残酷で無慈悲になれるのかと言う人間の記録でもあります。改訂版と初版本があるが写真と解説がついている初版の方がより恐怖感がある、実際に収容されていた医師の証言であり、解放された戦後すぐに出版された本ですが、改訂版も初版のどちらも暇つぶしに読める本ではない、どんな猛獣より怖いのが人間であろう。

アウシュビッシュの夜 地獄門

アウシュビッシュに近づく、地獄門だ
この門を出る時は煙突の煙となる
親衛隊員の指先で生死が決まる
右か左か ほとんどがガス室だ
運よく免れた者は強制労働

アウシュビッシュは死の待合室
死ぬまで奴隷かガス室で希望はない
死者から使えるものはすべて剥ぎ取る
誰もがそうして生きて来た
倫理を唱えるものに明日はない

アウシュビッシュの一日は長い
早朝から酷寒の中での重労働
耐寒設備はなし 靴もボロボロ
病気になればすぐにガス室だ
誰もが健康の振りをする

アウシュビッシュの監視も囚人だ
特に残酷非道な奴が任命される
死んだ人の金歯を抜くのも囚人だ
監視は食事も衣服も優遇される
されど彼等も最後は地獄行だ

アウシュビッシュに夜が来る
何人が朝 息をしているだろうか

ナチスのアウシュビッシュ監獄は人類が体験した最低最悪の環境である、人はここまで残酷になれるのか、生と死しかない環境では人は激変する、アウシュビッシュが他と違うのは戦争で起きた犯罪ではなく、ヒトラーという魔人が作り出したものであるという事である。

ドイツ人も多く加担したが特に狂信的な人間を除き、彼等は命令されたからやっただけで、ユダヤ人を助けたり、優遇した者には報奨金が出るとか、昇進が約束されるとなれば、ほとんどがそっちに回っただろう そこが人間の弱い所であり怖い所でもある。私もナチスドイツに生まれていたら怖い人間の仲間になっていたかも知れない・・・・あなたはならないですか??

独裁国家においては逆らえば、殺されるかも知れない、それでほとんどの人は日光東照宮の三猿になるか「見ざる言わざる聞かざる」、人の不幸よりも出世や報酬だとなるかを選ぶ、そうならなかった数少ない例がリトアニアの大使だった杉原千畝である。今の日本国では憲兵や特高の脅迫、拷問もない、それなのに平目議員や平目官僚の多いのは何故かな、やはり栄達か・・

そういう人間を偉いと勘違いする愚か者も多いが野党議員たちが正義の人かと言うとそうではない、彼らが権力を握れば、同じような事をするだろう、議員とか官僚になった時点でほとんどが愚か者の仲間になるのが現状である・・・最初から三猿か、金権だけは手を出す四猿か

冷たい水のシャワーでもガス室よりはましか・・・裸のまま寒さに震える洋二郎

誰の為のオリンピックか?170話

近頃 オリンピックのマラソンと競歩が札幌に変更決定とかで、都知事が騒いでいるが何を今更である。元々、何かなんでも東京でオリンピックを開催したいと熱望していたのは権力者たちである、IOCが提示してきた、条件を丸呑みしてもやりたい権力者たちにとっては選手一番なぞは二番手以下であろう、表向きは選手の健康と環境を最優先などと話しているが、選手と権力者の夢はまるで違う、同床異夢ではないか。

選手たちは東京という大舞台で、自分の晴れ姿を見せたいという我欲が大きな動機であろう、外国以外なら大阪でも名古屋でも良しではなかろうか、しかし権力者たちの夢は違う、オリンピックは国民をたぶらかす為の道具に過ぎない、以前、傲慢で有名だった元都知事が、東京に決定した時、是で増税がしやすくなったと話した、国民には、日本の金メタルが見たいだろうと煽っていたが腹の中では違っていた。

かって首都移転が話題になった時、大反対していたのも大義名分は立派だったが裏では別の魂胆があったのではと疑いたくなる、世の中に政治家程信用できない集団はないでしょうー特に今は。私は米国のように首都はワシントン、経済はニューヨークと分けた方がいいと思っています。汚い金が飛び交う東京よりは静かな環境の別の土地がベストである、ワシントンでオリンピックはないように金、金まみれの東京で金メダル争いを見たくはないですね。

オリンピックに反対する奴は非国民扱いされる、風潮の日本ではこれを錦の御旗にして、東京再開発とか、土建業や不動産 広告業などは大喜びで政治屋たちも喜色満面か、政治屋たちは金か名誉か票か色香でしか動かないのが常識である、安倍政権も長期政権と言うだけで国民には少しも良い事はない、増税すれば批判される、人気は下がる 選挙に影響する、ここらでどうしてもお祭りマンボが欲しい、オリンピックの後の不況なんぞはお前たちも賛成したではないかと、逃げ切れる。

歴史にはオリンピック開催の権力者として名前が残る??不景気は後の政治屋が被るからお祭りマンボの余韻が覚めない間に、増税大も憲法改悪もしてしまおうとの魂胆と思う、大体 小池都知事が東京、東京と喚いているが、信用ゼロの政治屋の森気楼が言う話では、二人の猿芝居ではと思われても仕方あるまい、小泉の郵政選挙の時、森が小泉さんが言う事を聞いてくれなくてお手上げた゛とテレビの前で話していたが、実はあれは芝居だったと後で言って国民は唖然とした。

今回も前からIOC幹部から聞いていた森が、どの時点で話そうとしていたか、またはどうせ粘っても札幌の決定は変えられないのだから、国民をなだめる為の出来レースかも知れない、都知事もこれだけ頑張って抵抗した、よくやったと次の選挙に好印象を与える場にしようとしたかも知れない、マア、森と小池は仲が悪いと噂されているから、本当に直前まで知らされなかったかも知れないが、所詮、コップの中の争いである。
本当は誰が札幌と言い出したのか? 悪者はIOCと森一派で小池都知事は頑張った路線で又もや、選挙に圧勝するかも知れない。

元々、立候補の時、金だけは凄くあると当時の都知事も宣伝していた金満都市の東京が、今更、札幌では費用がどうのと、言ったて始まるまい、それなら、オリンピックを返上しますと啖呵を切れるなら救いもあるが、やけくそみたいに北方領土で開催みたいな発言をして次元の低さを露呈した、それなら、都知事がマラソンに自由参加しては走った方が人気が上がるだろうし、肥満にも効果があるだろう。

私は元々、日本でのオリンピック開催にはまだ、早いと大反対であり、今でもそう思っています、東日本大災害で福島の原発の後片付けも終わってなく、廃炉の行方も汚染物質の完全撤去には長い道のりがあり、一万年でもわからないのに何故に立候補なのか、大いに疑問であった、
増税、選挙 憲法などをお祭りに乗じてやってしまいたい権力者たちの顔が浮かぶ、

久しぶりにやはり、傲慢な感じで評判の悪かった元都知事をテレビで見たが、プレゼンで東京は温暖でスポーツには最適と書いてあったがと出演者たちが言うと、そんなものは問題ではない、エアコンがあるからいいのだと、物の言い方が上から目線で、テレビに出てこれでは、都庁にいた時は殿様目線であっただろうと推察される・・・そして、こういう人間を絶賛していた権力者たちも同類であろう

選手たちが言い出したわけではない、また、普通の感覚では東北が被害甚大なのに是非、今、やりたいとは言えない筈だし、莫大な金がかかる
お祭りをやるには選手たちが言える筈もなし、決まれば、選手たちは喜ぶだろうが・・・裏金を使っても「これはIOCの常識でその為に理事をっている人間もいる、誰しも金には弱い」東京に決定して欲しい事情が日本にはあったという事で、決定会場で躍り上がって喜んでいた人達を見て私は哀しかった。表向きはおもてなしが成功したとマスコミは報じていたが、そのように報道しなくてはならなかったのだろう。

芸能人もスポーツ人も所詮、権力者たちの将棋の駒に過ぎず、それに逆らう人間はほとんどいないだろう、科学者でさえ、権力が強大になり、戦前の帝国日本か、今のソ連、中国などのようになれば、沈黙して、軍事産業の為に奉仕するようになるだろうー戦後、アメリカに亡命したロケットの父と言われたドイツのブラウン博士でさえ、ナチスに協力してVロケットを開発した、博士のロケット事業には国家的規模の資本が必要で、無差別兵器だとわかっていても協力せざるを得ない事情があったが・・そういう時代になる前から自発的に協力する科学者もいるだろう。

東京があのような被害に会った時、よし、東京復興オリンピックを大阪でやろうとなるだろうか??福島は日本の土地である、近くの親戚が地震と津波原発で被害に会った時、今度、お祭りを盛大にやるから見に来てくれと言えるだろうか?今の日本は来ない奴は非国民か、日本人ではないかのような感じだが、台風被害にあった人たちが、今まで私も他人事と思っていたがと話していた・・・人間、自分に火の粉が飛んでこないとわからない事も多いが、、、、

東日本大災害は忘れようとしても忘れらない日本の悲劇であったと思うが、それがすぐにオリンピック立候補になるかなーーーーーーー何がおもてなしだと怒りを覚えたくらいである、これが東北、福島の人達が是非、オリンピックをやってくれと言い出したなら、私も特に反対はしないが、被災者の人達の嘆きをよそにお祭りはない、プレゼンに参加した人たちの心が正常なのか?私の心が間違っているのか・

参加した人達ががこの先、何をしようと金メダルをとろうと私の中では最低ランクである、権力者の意向に沿っただけだなら、なお悪い、この人達か小学生なら、自分の意見や信念も未熟であるから仕方がないが、世間的には立派な地位や職業の人達で、人の悲しみも苦しみも十分理解できる年齢であると思う、

戦後、占領軍司令官マッカーサー元帥が、日本人の精神年齢は12歳くらいだと発言したが、その意味は米国、ドイツなどの国と比べると民主主義を理解している国民の年齢が下であるという事であろう、私の解釈は集団では行動できるが自分で判断、行動できないと言う意味か、あれから精神年齢は上がったのかなー?聖戦だ オリンピックだと旗を振られるとそれ以外は否定される環境は良くないと思うが。

マア、権力者たちは今回の発言の数々をを見ればわかるように、上から目線か、国民を下に見る人間ばかりで戦前の将軍たちと変わりないなーというのが私の感想です・・兵隊が何人、何処で死のうが何で死のうが構わない高級軍人が議員に変わっただけか・・・そして、お決まりのそういう意味でいったのではないとか、誤解だとか・・その内、どこかの国を真似て知らなかったというのも加わるのではなかろうか・・・記憶喪失ばかりではまずいだろうから。

泣く子と地頭には勝てない、泣く子と米国には勝てない 泣く子とIOCには勝てない日本か・・日本に決定した後は立候補する国がいなくて出れば当選だった、日本もあせらなければ金を使って卑屈にならなくても楽々、決定ではなかったか?これからは独裁国家か、余程の金満国以外には立候補しないだろう、自分たちでオリンピック、オリンピックと煽って来たので、返上も出来ないか

戦前、戦局多難を理由にオリンピック返上したが、ナチスは国威発揚に利用できると見て決行した、日本軍部は戦争の為の金なら出すが、スポーツの為に出す気はなかった・・表向きは日華事変であり「戦争と言うと米国が石油をストップするので」陸軍が決断すれば事変も終了出来たのにしなくてオリンピックとは比較にならない金を浪費した、米国も石油を止めると言えば日本は流石に停戦したであろうが米国も高みの見物であった、ナチスから見れば日本陸軍は子供であった。

今回、小池知事がそれなら、オリンピック返上か、都知事を辞任するくらいの発言があれば、政界渡り鳥とか、狸知事とか言われていたのを見直して戦後、最高の都知事であったと称賛してもいいが、マア 結局は騒いで狸顔を売ったくらいで終わるであろう・・・オリンピックに参加しないということは人気がなくなるので出来ず・・・やはり泣く子とIOC には勝てないで終わるか・・

元 オリンピックの選手たちが政治家になっているが何の輝きもないのは何故か?選手時代はトップになるには練習しかなく、金を積んでもトップになれるわけではない、 しかし、政治の世界は金権がすべてで、努力したからと言って上に上がれるわけではない、結局、泥にまみれた汚い世界に染まって輝きがなくなるのだろう・・・パンダになるか、たまにテレビに出るくらいか、キス事件で顔を売った元選手もいたが、どこかで活躍しているのかな。

私が尊敬する政治家と言えば、故石橋湛山氏、戦前の軍部全盛の時、堂々と陸軍大臣に意見をした粛軍演説の故斎藤隆夫氏 マスコミでは関東防空大演習を嗤うと発表した信濃日日新聞の主筆 故桐生悠々氏などで今はそういう気骨のある人はほとんどいない、

しかし、つい最近まで日本は借金大国で、国民一人当たり赤ん坊も含めて百万近い債務があると騒いで、それを返すためには増税が必要だとか、財政を切り詰める事もあり得ると宣伝していたが、それが20日くらいのお祭りに莫大な金を支出し、軍事費も毎年上がっている、それを不思議に思わない、または思わせないのは何故か?日本人は全員、健忘症になったのか たしかに東京都は金が余っているかもしれないが・・・

何が日本に一番大切か、それは食料の確保と燃料の供給である、戦争をしなくてもそれが駄目になれば、すぐに白旗が上がるのが今の日本である、その命綱は米国が握っている、永遠に米国が友達である筈もない、日本を切って中国と手を握る可能性もある、中国も米国も日本がなくても生きていける、日本はどうか、権力者は生きて行けるだろうが国民の大半は戦後の闇世界に戻るか・・慎ましい生活と穏やかな日々の日本になるように誘導するのが政治とマスコミの責任であろう・・・断崖絶壁の上でお祭りをやっているのが日本ではなかろうか?

政治家は普通の人と違い、直接、国民を助けることが出来る仕事を高い報酬を得てやれる立場にある、ボランティアではないのだ、民衆は自分の仕事と生活でやっという人が多い 間接的に助けれる事はあるが、例えば、農業は作物を作り生活しているが食料には貢献している それが助けて当たり前の職業なのに上から目線とか、賄賂とか 友達優先とか 本当にろくでなしばかりである。まともにやっているのが政治家で
大抵は政治屋である、故に醜議員とか、惨議員とか 酷会議員と呼ばれるのも仕方あるまい。

そういう人間の仲間になって世の為に奉仕しようと決意しても、すぐに日光の三猿になっていく人の多さよ、政治は全部を救うことは出来ない、故に悩むのが当たり前で、彼等に牧師や神父のような人になれとは言わないが助けられない人達を思えば、セクシーなどというふざけた発言は間違っても出てこない筈だ、マア、彼には国連がストリップ劇場に見えたのかもしれないが

そう言えば 過去に言語明瞭 意味不明と言われた総理がいたが、国民に奉仕しようと真剣にやれば、言葉は拙くても心は伝わってくるものだ
顔だけ真剣なポーズをしてもすぐに見破られる これからタレントか役者になるなら別だが。役者から議員になった新選組の党首の方が余程、真剣さが伝わって来る。

国民の夢と権力者の夢 169話

国民の夢と権力者の夢は同じだろうか?同床異夢だろうか まったく、違うだろうか・・・同じ夢を見る国家はあるだろうか。中国、ロシア 米国などは権力者の夢はほぼ、同じではなかろうか・・つまり、米国第一 自国第一 世界に冠たる国家 どちらかと言うとナチスの夢に近いかな。

さて、日本帝国ではどうであろうか、以前ほど 公には言わなくなったが昔を取り戻すとか、発言していた日本帝国総理の阿部氏の夢は何であろうか・・彼が総理になってからの言動を見るに一番、熱心なのは憲法改正「改悪」だけだと思う国民は多数いる、しかし、その人たちが阿部憲法に賛成しているかと言えばそうではない。

総理の昔の夢が薩長政権の頃を指すのか、戦前の軍事政権を指すのか 日清日露の戦争に勝ち一等国になったと勘違いして中国を侵略した頃なのかまさか、徳川政権の江戸時代に帰りたいとは思うまいが、言質をとられないようにはっきりとは言わない作戦のようだ、しかし、己の夢をはっきりと語り、国民に信を問うのが筋と思う、そういう強固な信念と決意がないなら、政治家を辞めるべきであろう。

この夢さえ、はっきりしない権力者たちの憲法改正なぞ、信じられるわけがない、後から、そういう意味で言ったのではないとか、誤解を招くような発言をして申し訳ないとか、日本国の政治家の定番、言い訳であるが、長州の志士たちが聞いたら嘆くだろう・・そんな議員たちは切腹しろと言うか・・・マア、武士ではないから仕方ないと言うかはわからないが。

戦前の大日本帝国にしたいのか、知らないが、現状ではどうやっても戦前の一等国にはなれまい、過去に日本はアメリカの妾になれと言った当時有名だった御用評論家がいたが、言われなくても戦後はそれと大して変わるまい、米国の要求をさも、日本が自分で望んでしたような猿芝居をして国民を誤魔化すのが日本の権力者たちの役目であった。

経済も軍事も米国に死命を握られ、束の間の享楽に慣らされた国民に極貧生活に耐える力はないだろう、戦前も軍事物資の七割近くを米国に頼り、石油も日本の在庫がどれくらいあるか、知っていたアメリカは長引けば勝利は動かない、故に停戦はない、無条件降伏しか道はなかった。
それでも、自分からハンマーを振り上げなければ、戦争にはならなかつたし、ある程度の国として存在したであろうに馬鹿な事をしたものだ。

欧米諸国も強盗か海賊のような真似をして弱い、アジアアフリカを侵略して植民地にしていたので、英国も日本の顔が立つような妥協案を出して来たのに、傲慢になっていた日本はそれを蹴って国際連盟を脱退した 当然、常任理事国も投げ、一等国からも脱落である。松岡全権大使は
連盟脱退を避けたかったので、この案を飲むように東京政府に打電したが駄目だった。堂々の退場ではなく、松岡としては無念の退場であった。

それがあったので次は本当の意味の全権大使「すべてを自分にまかせる」として日独伊三国同盟をして、スターリンとも日ソ中立条約を結んだ、ヒトラーの腹を読めなかった、松岡の失敗であり、日本の諜報活動の低さである。今の日本は戦前よりも勝る諜報活動と思う人は少ない。

今の日本にトルコの真似は出まい、トルコは兵器を米国からソ連に変更、そしてシリアに侵攻している、トランプがトルコの経済を潰すとか言って脅迫しても、平気である、トルコがイラクのようになれば、アラブ諸国は戦国の世となるから、そう簡単ではない。日本が米国の戦闘機ではなくフランスから買うと言えば、トランプは激怒するだろう。

忍耐競争をすれば、日本は一番弱い、中ソ北朝鮮よりももろい、米国が日本の車を買わないと言えば日本は一気に肺炎になる、大豆も小麦も止められたら日本はパニックだ、戦争をしなくても日本は持たない、そのうえ、石油が止まれば、アウトだ、こんな国が一等国になれるわけがない、要するに米国の機嫌を取るために、米国の海外派兵の穴埋めに自衛隊を派遣したいのか?最新の兵器と戦闘経験豊富な最強の米軍の代わりが戦闘体験のない士官と兵の自衛隊で勤まるだろうか???

防衛も食料も米国頼みの日本が、憲法改正して何がしたいのか?米国頼みを辞めて、北朝鮮のように核兵器を持って自主防衛しますとトランプに言えるのか? それを米国が許すのか? 一から十まで支配されている日本では、せいぜい国内の支配力強化くらいだろう、形だけ日本帝国にしたって仕方あるまい。

少しくらい、貧しくとも平和で最低限の食料が自給自足出来れば、一等国だろうが三等国だろうがいいではないか・・・ハツカネズミのように
歯車を回し続けないと落ちてしまう世界を直さないと、落ちる恐怖を克服しないと、永遠に飢餓回転を続けることになる、のんびりした世界は
駄目なのか?憲法改正よりはゆるやかな平和を国民は望んでいるのではなかろうか・・一等国が一等酷になる前に。




横浜市長 お前もか?168話

ブルータス お前もかはシーザ暗殺の場面でシーザが最後に吐いたとされる言葉で有名ですが、まさか、友でもあり腹心でもあったブルータスまでもが自分の暗殺に加わっていたとはとはよもや、思わなかった帝王の心を表している。

林文子横浜市長は私の友でも仲間でも知人でもありませんが、この人がギャンブル都市に立候補するとは夢にも思わなかったので、題名をこれに決めました、この人が女性で初めて車の営業で男性を抜いてナンバーワンになった事は知っていました。男尊女卑の時代、さぞかし苦労されただろうなと推測していました、かっては東電エリート女性の殺人もあり、男社会で実際に上にあがるには大変だった。

今は大手企業とか議員の幹部には数は少ないがなれます、しかしトップには中々、難しいのが現状か・・・マア、市長とか知事とか、議員には
選挙さえ上手くやれば、企業のエリート幹部になるよりは楽かもしれない、日本人は婦人に使われるのを潔しとしない慣習がありますから。

今の選挙は人気タレントを選ぶのと大して変わりませんから、パンダならトップ当選でしょう、何もできなくともノンキャリアがやってくれるのでさして困る事はない 後はマスコミと持ちつ持たれつの関係を保てればめでたしめでたしか 土俵に上がるのが好きな女性議員も過去にはいましたが、土と汗にまみれてふんどし担ぎから、横綱を目指すことはしないでしょう。総理の代わりに優勝カップを手渡したところでそれが
女性解放の役に立つとは到底思えないが・・・・・ろくでなしが増えるだけで感動することはない。

今までにスポーツ界から、転身して議員になった人はかなりいましたが、大抵は輝きのない晩年となっております。何とか、足を引っ張って上にあがりたい欲望の塊の人間たちの中に何が楽しくて、なったのか知りませんが、元々 そういう人間がスポーツをやっていただけなの??正邪がはっきりしていた世界の方が苦労はあっても、努力が報われる可能性が大きかった筈で、国民の拍手だけでは物足りなかったのかな。

市長になられてから、横浜市の金沢文庫にある称名寺における薪能に行った折、お顔を拝見しました、五月の六日頃だったと思います、夜はまだ寒く、私は震えながら能を見ていました。大名が催した能舞台は、もう少し、暖かい日か、屋敷の中から見るので寒くなかったのか、武士にとってこのくらいの寒さは平気であったのかな?

女性ながら 中々の人かと思っていましたが、ギャンブル都市の立候補は如何なものか?東日本大震災の時、これは奢れる日本人に対する天罰だと発言した有名知事がいましたが、その時、是からは日本人は慎ましく生きるべきだと述べた、口の音も乾かぬ間にオリンピック立候補すると発言した、隣の人が災害で苦しんでいる時、お祭りはないだろうと私は思いました。

東京が福島と同じ災害に見舞われた時、よし、日本国民を元気づけようとの大義名分で大阪でオリンピックをやりましょうとなるだろうか?それこそ、天罰が当たるのではなかろうか・・・・オリンピックをやるのはいいが、それは福島の原発処理などがきれいに片付き、福島県民がお祭りにオリンピックでもやりましょうとなるのが本当ではなかろうか・・・・どこか狂っている。

ギャンブル依存症対策も万全?だから、日本のラスへガスにしようとする発想は間違っていると思います、ラスベガスは砂漠の都市で何もなかった場所を歓楽街にして客を呼んで金を儲けようとした米国の商人とギャングの町で、健全な場所ではない。米国のカーネギホールとはまったく、次元の違う所である。

かってはギャンブル好きな政治家や芸能人、大手企業のボンボンなどが群がった場所で、破産や借金は当たり前で天国か地獄かと問われれば、地獄の方が多い所であろう、日本には昔から、賭場もあり、政府公認の競馬も競輪も競艇もある、パチンコもある 以前は一発台とかは賭博性が強いからと廃止させたのに、けた違いの金が動く、より賭博性の強力なルーレットやバカラなどが良しとはどういう事であろうか??

ギャンブル依存症対策もしているからと言うが、それは一般人に対策は十分だから、患者になっても大丈夫だというようなものではないか?麻薬は怖いが対策は十分だから心配するなと言われて、そうだなと答える国民はほとんどいないだろう、最初から手を出すなというのが最も効果的な対策であろう・・キャンブル場は作ったが遊びには来るなと言うかな??

日本国は額に汗して真面目に働いている国民がいるから成り立っている、そういう人達を狂わしたり、惑わしたりしてまで金を儲けようとする政治屋には天罰が当たっても仕方ないだろう・・・横浜の発展の為とか、大義名分は色々あるだろうが、元が間違っている。林市長も男社会でもまれて来たので、汚い男たちと同じ発想に染まってしまったのか・・・

競馬も金持ちの旦那衆たちだけで、賞金を出し合って競争していたらこんなに発展はない、旦那衆も会社も浮き沈みがあり馬の賞金どころでない時もあろう、多くの大衆から馬券と言う形で金をかき集めているので高額な賞金が払われる、一獲千金の人ばかりになれば、国家は崩壊する

戦前から、婦人解放運動に取り組んできた、山川菊栄女史が生きておられたら何というだろうか・・・この人は共産党に属してはいましたが、女性の解放、発展に邪魔になるならマルクスでさえ斬って捨てたでしょう、林さん、よく頑張りましたね、しかし、ギャンブルは婦人解放にはどうかと思いますがと言うのではなかろうか・・・・

戦後、スターリンの恐怖独裁政治が明るみに出て、共産党でも権力は腐敗する事を知った人達はかなり、共産党から離れましたが男尊女卑の厳しき戦前から、婦人の為に必死に努力した山川女史の功績は今も輝いている・・・大勲位はなくとも。林文子市長も同じように輝いて欲しいと思っています。

共産党の働かざる者食うべからずの言葉は聖書が大元である、私はナマケモノですのでこの言葉は痛いですが 真面目に働く人たちには敬意を払っています、格差があって何が悪いと喚いた元総理がいましたが、真面目に働いたことのない人間に言われると・・・能力があって金持ちになったなら別ですが。人を騙す能力ならない方がいいですね。

林文子女史の晩年を汚さないようにと願うばかりです・・・作家 林芙美子の言葉 花の命は短くて 苦しきことのみ多かりし

ヒトラーとロボット 167話

雨が降り止まなかった日々から、猛烈な酷暑となった 冷酷の御代になって庶民の明日は明るいだろうか・・・
猛烈なスピードで時間が過ぎていく、人間にとって暮らしよい時代になるだろうか、車が自動運転となり、列車は増々、ハイスピードになる、エアコンは当り前で子供もそういう環境に育ってきた。パソコンもスマホも普通になり、誰もが主役になりたがる。

人間はどんな環境にも慣れる、アウシュビッシュを知ればよくわかる、業「カルマ」があれば、人間何でもやるとは親鸞聖人の言葉である、しかし、どこかで時代のスピードを止める事も必要ではなかろうか・・・

このハイスピードの時代にただ、走るだけのマラソンや、短距離走、蹴るだけのサッカーなどに人々が興奮するのは何故か?それは本能が長く続いた原始時代を思い出させるからではなかろうか? こういう競技をロボットがやって人は喜ぶか 興奮するか・・・ロボットコンテストはあるがロボットがマラソンをやって人が見るだけの世になるのか・・・ロボットがサッカーをやって人は見るだけで興奮する時代が来るのか

もっと進歩?して人間が走り、ロボットが見て喜ぶ時代になるのか・・・究極の頭脳ゲーム将棋でさえ、AIに勝てなくなり、何をやってもロボットに勝てない時代は人間は幸福なのか不幸なのか・・・ヒトラーならばロボットを軍隊に使用して世界征服を考えるだろうがロボットにヒトラーが使われる時代はもっと不幸であろう。

各国がロボットの生産と開発に力を入れているのは、軍事に転用できるというメリットがあるからで、原発の廃炉にロボットを使用するのは人間が入れない放射能区域に使えるからで、日本は平和利用に使用しているが、他国の目的も同じとは限らない、核戦争になった時、そういう場所に楽に入れるロボットは必要で、何事も表と裏があり、宇宙ロケットも軍事利用がメインの国もある。

漫才師の問題を連日テレビなどでやっていたが、日本国民にとって大きな事件であろうか? それはテレビ局と一企業の癒着の関係が公開されたというだけでほとんどの国民には誰が出ようが、出まいが何の関係もない、反社会だの闇営業だのは昔からあったわけで、興行師なら当たり前の世界で急に法律順守と言われても、本当かと思ってしまう。

芸能部門で大衆にいい顔をしたいタレント議員「タレントをやっていた議員と言う意味ではない タレントのような軽薄な議員の事」や、マスコミを支配したい権力者たちには人気者を多く抱えている事務所は好都合であり、それが裏社会の興行師であっても同じであろう、自分たちの失政を隠し、国民があまり、政治に目が向かないようにするには、スポーツと芸能しかない、ゆえに持ちつ持たれつの関係が出来る。

元々、泣きじゃくる女子マネージャを殴って仕方なく、謝罪した漫才師もいた興行会社に入った時から、その組織がまともな会社であると認識していたのか? 大先輩の一人も何かと暴力団との関係を週刊誌などに書かれていたし 普通ならそこが軍隊かやくざ社会と変わらない縦社会
であることに気が付く筈だが。

テレビに出る表の顔しか知らなかった女子マネージャは不運であった、政治番組にも出たことで傲慢不遜になっていた漫才師に最大限の敬語と
敬意を払う振りをしていれば叩かれる事はなかったであろう、そういう組織だからこそ、強面の顔もあり、もめごとも納めて来たのだ、人気者になって一攫千金を夢見るのは勝手だが、ほとんどは下積みのままだ

役者の世界でも同じだ、役者が食えないからと言って役者の仕事をするだろうか? 居酒屋か肉体を使ったアルバイト、あるいはひものような存在になる事もあろう、横綱を目指す相撲取りもほとんど、幕下で終わる、闇営業で相撲をとるかな、そういう厳しい序列の世界に入ったら泣き言を世間にばらまくのは甘えではなかろうか・・・

京都アニメの殺人事件と漫才師の問題では次元が違う、連日、やるなら京都アニメの容疑者の問題ではなかろうか・・・何故にこの男がこんな事をしたのか なにが彼を絶望に追い込んだのか?世の中に四割近い、非正規が溢れている日本ではいつ、同じ事が起きるかわからないのだ、まだ人生に絶望するには速い年齢なのにである。

官僚の息子に生まれ、金だけは恵まれていた男の場合と秋葉原殺人事件とか今度のような大量殺人事件の容疑者とでは全然違う、前者は親が育て方を間違えたか?戸塚ヨットスクールのようなところに預ければ変わったかも知れず、世間体なのか自宅の引きこもりを認めてしまった親に
責任大だろう・・・殺さねばならなかったのかと思う。

非正規の多くは将来も見えず、世間からは馬鹿にされ、職場で何かあれば、それが導火線となり爆発することもあるでしょう、テレビを見れば、仕事をしなくても生活に困らない連中がバカを言って笑っている、首になれば明日からの生活にも困る人達の胸中や如何に、世襲議員や金持ち議員たちに、民衆の心はわかるまい。

稼業が政治家というのは無職と同じある、かって、なりたい職業はと聞かれ、政治家と書いたら政治家は職業ではないと言った硬骨の士がいたそうだが、私もそう思う、江戸時代ではないのに世襲はおかしいではないか?百年に一度の偉材が次々とその家だけに生まれるのならわかるが
ボンクラ三代がほとんどで、親バカだからご容赦をとニタニタ笑って済まされる事ではない、ボンクラの世襲は民間なら許されるが、公的機関の権力者に座るのは国家として恥ずかしいと思う。 

世間の評価は低くともタクシー運転手と政治家を比べれば私は断然、運転手である、人が頭を下げるのは権力と金であって人間に頭を下げるわけではない。運転手の世襲に怒る人はいない。ボンクラ議員が無報酬なら構わないが官費で養う必要はない。マア、かってタクシー運転手を足蹴にした皆様のNHKの大幹部がいたが、蹴るなら議員を蹴れと言いたい。公になるまでは秘書を罵倒して蹴る議員に知らぬ振りのマスコミでは無理か。

芸能一家ではないかと思う世襲議員もいる、本業はタレント、アルバイトは政治家、やむを得ず政治家をやってはいるがこんな人間が総理になったら日本は闇である、今までに次期総理とか、プリンスとか言われて何人もの政治家が消えて行った、人気だけで総理になれるとは限らない、かってそういう政治家がいたが、結局はダメだった。

大衆受けする言葉をたまに発言して、後はアホーマンスばかりの議員もいるが、所詮、人気だけの総理では国が持たない、日本国民の一部にはあのオーム真理教の宣伝マンでさえ追っかけフアンがいたくらいで、人気があれば、誰でもいいという日本国では、選挙制度を変えるか意識改革をしない限り、これからも中身のない総理が誕生するだろうなー

選挙権もある程度の金を払っていた人間しかない時代は、彼等は大威張りで投票所に行っていたが、誰でも権利があるようになると、税金を使って投票所に行って下さいとお願いするようになった、これはおかしい、絶対に変える必要アリでしょうーみんなが行くならこの制度でいいのだが、このまま人気投票か金で決まるのは如何なものか? このままでいいと思っている勢力があるという事か?

大体、マスコミにプリンスとか言われて過保護に育てられている人間に明日が期待できるわけはない、そういう人間はマスコミにとって都合のいい人間であってアホボンかバカボンであろう、こういう白き手の人間の一番の欠点は、汚れることを嫌う、庶民と一緒に額に汗を流して働く姿を想像出来ない事である、必要ならば褌一丁で肥桶担いで、畑にまくくらいでなければなるまいが・・・出来るかな???

マスコミに嫌われた小沢一郎議員は都合の良くない人間なのか?問題は国民にいいか悪いかであろう、公になり除名処分になりそうだった議員たちの本当の姿を知っているのは常に記者クラブにいる政治部の人間であるが、飯の種を国民に話すことはない、公になって少し漏らすだけである、そんなことは前から知っていたとか、それくらいの議員はゴロゴロしているとか・・・真実をありのままに話すと議員たちがいなくなってしまうという事かな。

常にいい格好をして中身のない演説をした所で、庶民はついて行かない、芸能人好きのおばさんたちは別だが、タレントになりたいのであれば構わない、私は権力者の子供、元権力者の息子の出る番組は見ない。政治の人間は地味でいいのだ、アホーマンスは必要ない、地道な努力が報われる国家であればそれでいい、政治家の顔なんて知らなくてもいい国家が良いのだ、日本も韓国も将軍のアホーマンスに一喜一憂している、

日本の権力者にとっては将軍のお陰で人気取りと米軍の兵器購入の言い訳にはなって来たが、北がおとなしくなったら、またもや、中ロの脅威に備えるという名目でトランプ将軍の兵器押し売りに貢献するだろう、日本がトルコの道を行くか、我が道を行くことはないだろう、米国の力が半減しない限りは。

これから、自爆テロはともかく、自動運転車の爆弾テロとか、ドローンの遠隔操作による化学兵器テロが増えるのではなかろうか・・日本では銃規制が厳しいので乱射事件は簡単には起きないだろうが、さ迷える若者たちの不満が爆発した時、今の無能で民衆を下に見る政治家たちに解決策があるとは思えない・・・道徳とは最も遠い位置にいる彼等に正義を唱えられても・・・・

日本は建前の国である、片方で芸者遊びをしながら、片方では大和撫子の純潔を守れと言っていた、戦前の軍高官たちの矛盾は今の政財界の道徳とおなじである、道徳教育が必要なのは政府高官や役人たちで子供たちではない。まず、隗より始めよである

カルマ{因果応報」について思う事 166話

カルマ 日本では因果応報と訳されている事が多いですが、自分のした結果が自分に帰って来るという意味で、善行をすれば良い事て報われ、悪事をすれば、悪い結果となるとされている。

カルマの法則では殺人をすれば、殺される 騙せば騙されるで、殺さないのに騙したた゛けで殺される事はない、騙した結果 相手が恨んで死んだ場合などは別である。あくまで等価交換で盗んだ場合は盗まれるである。

世界最古の法典に近い、BC1800年くらい前のバビロン国の法典 ハンムラビ法によれば、目には目を歯には歯をがあるが、目を害されたら目を奪う、歯を害されたら歯で同じもので罰するというもので、腕を切られて死刑はない、神の法則を人間が代行するようなものだが、それは似ていて非なるものである。

カルマは人間が神の元に帰る為にある償いみたいなもので、悔い改めもなく、強制的に人が執行すべきものではなく、あくまで人がその報いを受けるのは当然と思って被害者から執行されるべきものであろう。

聖書の蒔いた種は刈らねばならないも同じ理屈で、自分で蒔いた種は刈らねばならない、それがどんなに辛い事でも受けねばならない、被害者も血の涙を流しているかも知れず、蒔いた方は気が付かないか、忘れていたか、そんなに酷い事をしたとは思っていなかったかも知れないが
受けた方は忘れてはいない。

子供の頃、いじめられた方は、いじめた側の人間が幾ら、有名人になったり、表彰されたり、善人と言われるようになっても中々、忘れることはないだろう・・加害者が思い出すのはあの世に行ってからである、生まれてから死ぬまでの人生を見せられ、相手側の心の叫びもわかる映像を見て気が付き申し訳なかったと心から謝罪するが

地球という人生の舞台でしか借りを返すことが出来ないので、再度、返しに戻って来る、いわゆる、東洋の輪廻転生である、すぐに戻れるかどうかはわからないが、次の人生はある程度、普通の人としてか、善人として返されるか、悪人として借りを返すようになるかは、その人の地球の人間としての生き方によるであろう。

近頃、何度でも生まれ変われるなら、今生では悪人の儘でいいやとか、子供の頃から貧しい生活をして来たから、金持ちになれるなら何でもやってやる、他人がどうなろうと構わないという一生を送って来た人は、次にはもっと酷い環境からスタートしなくてはならない

人生はそんなに甘くはない、人間は元々、神様の一部であったのが、アダムとイブ以来、現世の欲に負けて、堕落していった、それをもとに戻す為の法則がカルマなのだ。

人間はマザーテレサ―とか、ナイチンゲールのような清い存在になって、元に戻れる、あの世には誰でも行ける、されど、ほとんどの人は何回も地球に戻される、カルマを全部消化して初めて天国に行ける、

イエスの言う、己の如く隣人を愛せよ、敵を愛せよ、己を憎む人間の為に祈れ、こんなことが出来る人はどれくらいいるか?如何に至難か、おわかりいただけるでしょうー

弟子がイエスに親友が裏切った場合、許せるのは一度でしょうか?あるいは二度くらいまでしょうか?と聞くに、イエスは指を七本示した、弟子は七回ですかと驚く、するとイエスは七の七十倍だと答える、弟子たちは驚愕したと思う、

七回でも多いと思うのに490回と聞いて。私達でも驚いて声もない、普通の人間関係において七回でも許すわけはなく、それは全部許せと言う意味で、こんな人にならなければ天国は遠いという事か。

キリスト教の人達は輪廻転生を信じない人が多いが、それは権力者となった初期の教会長老たちが第五回宗教会議で輪廻転生の教義を削除したからであるという説がある、西暦553年にそういう事を唱える者は異端者として抹殺される、それからは魔女狩りのように中世まで続いた、ゆえにキリスト教では輪廻転生はない事になり

聖書の盲人の話で、イエスが前世の報いでそうなったのかと民衆に問われるに、そんなことはないそれは神の御業だと答えたので、余計に輪廻転生はないと信じられる根拠となった。

ろくでなしの法王たちにとって、現世が駄目でも次回があるさとなれば、自分たちのいう事を聞かなくなる恐れがあり、厳しく弾圧したのであろう、本当の意味を理解し、教える事が出来なかったせいもあるだろう、人生は一回限りで次はない、戒律を犯せば、地獄だとか、聖職者のいう事を聞けば天国だとか、教会の免罪符を買えば、地獄から免れるとか言って大衆を脅かしていた。

権威であるからとか、昔から偉い人と言われていたからとかの理由で盲目的に人を崇拝することは私にはない、歴代のローマ法王がすべて
善人である筈もなく、ろくでなしも多かったと思う、十字軍とか異端者狩りや魔女裁判など、とても聖職者とは思えない過去もあった、貧しい人たちの為には教会も売り払うべしの聖フランチェスコから見れば はるかに劣る人たちが高位を占めていたローマ教会でしょう

仏陀も人には親切にしなさい、前世でお世話になっていたかも知れないからと述べられた、イエスも釈迦も当時の人達にあの世の仕組みを教えることは至難であるからと、わかりやすい例え話をした、今は21世紀である、ある程度は解る人たちが多くいる、神仏がいて、代理人がいて
民衆がいるという構図は古い、神と人の間に代理人は要らない、個人個人が直接、神の前に行けばいいのだ、

キリスト教徒であっても、イエスのいう己の如く隣人を愛する人生を全うするならそれは良い事で、直接、天国に行けると思う。前世も未来も
関係なく、与えられた人生をカルマを解消して生き抜けば、それでいいと思う。地球は人生の舞台に過ぎない、役者が次の役に移るまではその役に全力投球するように、何とか過去のカルマを償い、新しいカルマを創らないように生きるのは非常に難しい。

カルマを創らない為、何もしない方がいいわけではない、常に自然にも人にも優しく、前向きに生きる事が大切である。私は過去にも未来にも興味はない、あるのは現実の今だけをしっかりと生きる事だ思っています、無論、前世も未来もあるのは承知しているが、自分に与えられた時間は今しかない。

悪事をすれば、次の人生はより厳しいスタートなる、人種差別をすれば差別される側に生まれる可能性が大きく、地球に降りて来る前にある程度の事はわかるので、こんな過酷な人生でやっていけるのかと戻りたくない人もいるだろうが神の役者には選択の余地はない、ただ、舞台に立つしかないのだ、故に次があるから今回は石川五右衛門でもナチスでもいいやと思う人は考え直した方が良かろう。

この世に偶然はない、すべて必然であると言う言葉に、最初は疑問でしたが今は完全に信じています、カルマは前回、殺人を犯したとしても次の転生で償わるとは限らない、もっと後になるかも知れず、それは百年後か五百年後か、忘れた頃にやって来るので被害者は理不尽だとか、この世に神も仏もないのかと嘆く事もあるでしょう。

千年前のカルマが今、来たとしたら誰もわからない、この世は公平で神の裁きも公平だというのはそこにある、現在の人達は今しか、知らないし、記憶にないので怒り、嘆く事になる、今の悪事が現世で消化出来れば、わかりやすいのだが・・刑法の死刑制度はあっても償いは厳然としてある、人間の制度には縛られないのだ。

私は死刑制度反対だが、そうすると刑務所が満杯になり新たな施設が必要になり、多くの人達は施設が自分たちの町に出来るのを反対する、私は構わないが隣に出来てもいい人は少ないだろう、危険だとか土地の値段が下がるとか 環境が悪くなるとかで、火葬場とか、ゴミ焼却場とかと同じで、他の町に出来るのは賛成だが自分たちの所は反対というエゴが勝つか・・・私は総理の隣でもいいと思っているが。

天災も人災も偶然ではない、必ず、人間に対してのメッセージがある筈で、そこから、人々は学んで前に進む、ソ連の原発事故でその恐ろしさを知った筈なのに、日本は完璧に高度な技術があるから、大丈夫だ、ソ連は技術的にも遅れていたからとか言って慢心していた結果がこれである、そしてドイツは日本のような最先端の技術を持った国でも制御できなかった原発はつくらないと明言した。

国の事情があるにせよ、あれからも原発を稼働させ、創り続ける日本はどこで目が覚めるのか?金儲けの為に未来をダメにするのか不思議でならない、都道府県より多い、原発の数を異常に思わない権力者とそれに投票している国民は次にもっと大きな事故があった場合、何と言うだろうか・・・

タイの地震の時、波にさらわれ家屋や人が流されていく映像がテレビでありましたが、それから、すぐに日本がそうなるとは誰が予想しただろうか?すべては意味があるのだ、それを神の警告と取るか、自分には関係ないと思うかでしょう、

親鸞聖人が生まれ変わって、今の本願寺を見たら、何の建物だ、私とは何の関係もないと言うでしょう、 イエスが今現れたら、良家の坊ちゃん、嬢ちゃんが通うミッションスクールに行くだろうか、恐らく、行かないでしょう、私の信者はこんな人たちではないと。/span>



世の中公平と思う人は多いか?165話

世の中 公平と思っている人は多いだろうか?恐らく 多くないと思う、それなのに世の中の不公平感が変わらないのは何故か・・それは諦め感が強いからであろう。数の論理からから言えば、貧しい人の方が金持ちよりも 
多い筈だが、多数決の論理から言っても全員が貧しい人たちの代表を選び、投票すれば逆転すると思うが、永らく、不平等が続いているのは国民のレベルが低いせいだろうか??

日本では昔から、長いものには巻かれろとか、寄らば大樹の陰とか言われ、身分相応にしろとか、人間的には何の根拠もない貴族政治 武家政治により差別主義を容認させられてきた、今は富裕層と貧者に別れ、貧しき人たちは卑屈になりがちである。

これの最大原因はどこかの総理の称賛する、薩長政権による明治維新が国民を目隠ししたまま、差別主義を残した事にあると思う、士農工商はなくなったが、官尊民卑は残った、徳川官僚から薩長官僚に変わっただけであろう、薩長の士族の末端にかろうじて入っていた、下級武士たちが権力を握ったとたん、舞い上がり、その上、華族という新貴族を創り、自らを殿様や公家と同じ階級の仲間入りをして、今まで一緒に仰ぎ見た国民を下に見るようになった
 
即ち、仰ぎ見られる存在になり、やりたい放題になり、正論を唱える江藤新平などを疎ましく感じ、反乱の首謀者として抹殺の方向に向かったと思う。江藤司法大臣の時の、外国船の奴隷売買を禁止する裁きや、吉原遊女たちを開放する裁き、人間は牛馬ではないという論理は痛快であった、まさに新しい改革の夜明けであったのだが、そういう虐げられた国民に対する、温かい視点は薩長大臣たちにはなかった。

何が明治維新がと思う、心の温かい人間は薩長政権を去り、追い詰められて非業の末路をたどる事になった。
西郷隆盛も今まで、下級武士として耐えて来た仲間たちが酒池肉林の生活を見るにつけ、これでは徳川から薩長官僚に変わっただけではないのかと思いながらも仲間を裏切るのを良しとせず、薩摩に帰ったのであろう、貧しい生活が長く続いた仲間たちが少しくらいは舞い上がるのも仕方ないかと。

以前、、民主党政権が出来た時、舞い上がって自滅したが、小沢議員の眼は流石で、まだ、この党は政権を担当するには速いと言うような事を言って自民党と合併するような話をしたが、彼は合併して自民党を乗っ取るか
その先を考えていたのだろう、しかるに民主党は自分たちの力で政権を取ったような気になり、とても大臣にはなれそうもない輩が俺か主人公とばかり、愚行を重ね、国民に絶望を与えて政治から遠ざけてしまった、ろくでなしが権力者になるとこんなものかと、それなら自公のろくでなしでもいいかと今に続ている。

明治の初期も権力欲だけは強いろくでなしと、昔の名前で生きている公家たちは舞い上がっていたであろう。
しかし、同じ階級であった全国の武士たちが没落していくのを眺めているのは辛い、まして、今、政府高官として
ふんぞり返っている 武士たちが突出した人間であるとは特に思えず、西郷は倒幕に至るまでは他藩の傑出した武士たちと会い、教えも乞うている、たまたま、雄藩に在籍して明治の高官となったが他藩の武士たちが劣るわけではなく、不運であったかも知れず、自分が武士たちの最後の幕引きをする羽目になるとはであろう。

他の高官は知らず、西郷自身は地位も権力も要らない人間であり、全国武士の幕引きをする人間が奢り高ぶり贅沢三昧の生活をすることに嫌悪感があったと思う、マア、自分が助けてやった権力欲の権化であった陸軍の
長老、山縣有朋にとどめを刺されたのも皮肉である、桐野少将としては、あの時、山縣を断罪しておけばと切歯扼腕であっただろう

あの時とは陸軍省の公金、横流し事件で首謀者は山縣と山城屋和助と言う長州出身の商人であった 普通なら発覚した時点で、真の武士ならば切腹か退官であるが、西郷が不問にした。山城屋は山縣を庇い自害した、山城屋に投資して、遊興費を得る目的であったが投資が失敗して公金は返ってこなかった。そんな男が平清盛以来の位人臣を極め、元帥 大勲位 侯爵 陸軍大将にまで上り詰め国葬となり 墓にも記載してる。真に哀れな男である。

人間は中々、生まれ育った環境から抜ける事は難しく、武士と言う身分に誇りを持っていた西郷としては武士階級の終焉に平静であったとは思えない、薩長の高官たちが同じ思いであったかどうかはわからないが・・・彼等は色々、改革をしたが結局は折角手に入れた権力を強固なものにする為であって、国民の為とは言い難い。
それが富国強兵である、今、同じような道を辿っている大国があるが、成功するだろうか。

富国強兵は国民への酷税である程度は成功し次に、中国を自由にしたい欲望が出て来た、マア、日清日露の戦争は必ずしも侵略とは言えず、真の独立を賭けた戦いでもあったが、その後が非常に悪い、欧米列強と一緒になり中国侵略に走り、独占しようとしたのは天に代わりて不義を討つの陸軍とは思えない暴挙である。

大一次大戦のドサクサに紛れてやった、中国に対する21箇条要求、あまりに露骨すぎて声も出ない、アジア、アフリカのほとんどを欧米が植民地にしていて、残ったのが中国くらいであったのでやったのだろうが、眠れる獅子
と恐れられた中国が死せる豚であるとわかった列強の奪い合いに加わらずに手を差し伸べて共に欧米に対処する道をとっていれば、その後の歴史は変わっていただろう。

弱くなった大国をしゃぶるハゲタカの道は永らく、孔孟の教えを学んだ礼節の国とは程遠く、孔孟の国の大先輩であった中国に対する態度ではなかろう。過日、自衛隊の元高官であった軍人が侵略とか、好戦的な国であったことはないと放言していたが、他の国は知らず、礼節の国、日本は素直に事実を認めるべきであろう、過去に
そういう事があったしても戦後70年以上平和を通して来た日本の評価が下がる事はない。

欧米やアジアに属している国の中には、暗い歴史を抹殺して都合の良い事実だけを教えるか、間違った歴史を
吹き込む傾向があるが、日本は正しい道を行くべきでしょう、南京三十万人虐殺とかは全部が正しいとは言えないが虐殺の事実はあった・・・・ただ三十万とは一つの大都市がなくなる人数で、当時でも大変な数で??

英国のアヘン戦争や、米国のインディアンと言われていた原住民虐殺 黒人奴隷の歴史、インド ベトナム、ビルマ、南アの歴史などを当時の宗主国家は正しく、自国民に伝えているだろうか、教えているだろうか?日本はそうあって欲しくはないと思っています。勝てば官軍は正しい道ではない。

これからの日本は差別のない国、不公平の少ない国になるであろうか?22世紀には少しはなる可能性があるやも知れないが、長らく不平等と不公平に飼いならされてきた国民性が急に変わるとは思えない、見せかけの平等はあるが。

例えば、金持ちは高い金を払い、私選弁護士を雇い何かあっても有利に運べるが、普通の人は国選弁護士しか
つかない、形の上では平等だが、本当にそう思うや?権力者とか、大企業のトップなどに対する司法の態度は普通の国民と同じと思うや?普通の市民はうむを言わさず、任意であっても警察に連れていかれるが権力者たちもそうであるか?

国家は国民が主役である、公僕が公僕を逮捕するのに何の遠慮も要らない筈で、総理と言えど大公僕に過ぎない、国民の僕である人間に気を使い、庶民には上から目線と言うのはおかしいではないか?議員たちは自ら選良と称して、放言するがそれは国民の八割以上が支持した人間であるなら兎も角、一都市、一地方の半分以下の投票率の中の何割かで選良とはおこがましい、私に言わせれば悪霊である。

以前、珍しく、厚労省の婦人局長が逮捕、留置されたが、これは当時の民主党政権を揺さぶる狙いがあったと思う、表面上は汚職疑惑であったが、焦るあまり、証拠の改ざんをやり検察アウトになったが、ノンキャリアの係長の単独犯なのか?その後係長はどうなったのか?退職金も年金も捨ててまでやった理由もわからない、キャリアの課長「当時」は無罪放免で局長にまでなったが、係長こそ哀れである、不思議な事件と言うしかない

キャリアや権力者は余程の理由がないと逮捕しないのが日本の司法であろう、事実かどうかより、何らかの思惑がないとやらないと思っています。要はやる気になるかどうかで、犯罪の有無ではないでしょう

私立大学も今の半分でも良いと思う、私学助成金なしで運営できるならいいが、税金を投入してまで援助する必要はない、そういうと天下りの必要な、文科省や国立大学の退官教授たちが、何かと反対するだろうし、怠け者の学生たちも反対であろう。

何が問題なのか、それは給与が大学と高校では差があるという事で、そういう差別がなくなれば、高い金を出してまで学校に行こうとする生徒は減るし、本当に学問だけやりたい学生のみが行くことになり、人手不足も減少する、本当に人材主義でいけばいいのだ。

いい学校に入り、いい会社に入り、楽な生活をさせたいと思う親たちがいる限り世の中は変わらない、学歴だけ
は立派な平目官僚と権力欲の旺盛な議員たちが支配する日本国がこの先、同じような未来があると思うや?
三年先も見えない連中が百歳とか百年先が見えるわけはない、バブルの前にバブルが崩壊するとわかっていた
人達は何人いるか、オリンピック後に好景気が待っていると思うや、坂道は転がりだしたら止めるのは至難だ

戦前にテレビ時代が来るとわかっていた人は何人いるか、パソコンも携帯もあっという間である、自転車の大洪水だった中国の今を想像した人は何人いるか、戦艦隆盛の時、飛行機の時代が来ると予想していた者は何人いるか・・科学知識のある軍官僚たちが狂奔したのが戦艦大和であり、戦艦武蔵である、それくらい未来を予想するのは至難である。

日中平和条約が成立した時、庶民の中にはこれで中国と戦争する事がなくなり、アジアは平和になると喜んだものだが、今や日中条約前より危険があるかのような環境である、それは鉛筆一本でも中国に売れば十億本だと
金儲けに走った商人たちの欲の皮の産物である、欧米も同じで企業が入れば長らく、ビジネスがなかった中国に商業道徳を求めるのは難しく、ノウハウを盗まれて今に至る。

新幹線も車も、我が国、独自の技術だと公言している軍事大国にしたのは何処の国なのか、すべては蒔いた種は刈らねばならぬの原則どおり、そのつけを払っている、アジアアフリカのテロ組織に武器を売ったのは誰か、ようするに皆、その付けを払っているのだ、槍とこん棒しかなかった国に兵器を売りつけ、今度はそのテロにおびえる、因果応報である。

日本に内部で変革を求めるのは至難で、大変化が起きるのは外部からの脅威であろう、それが戦争か、天災か大恐慌かわからないが、このまま将来も食料が入って来て、日本の製品が売れ続けるとは思わない方が良かろう、東日本大震災が起こった時、ある外国人が地震、津波、放射能と三つも凶事が重なったのは、余程、日本は悪いことをしたのだろうかと・・・・一つでも大変ななのにと言う意味で日本人はこれを重く受け取るべきである

神戸から16年 次いで東日本、次に起きる時は物凄いことになろう・・それが戦災か 人災かはわからないが、必要のない危険物である原発は一日でも早く、減らすべきだろう、日本の都道府県を合したより多い原発は異常であろう、これは利権にたかった政財官の癒着以外、何物でもなかろう、憲法改正を唱える前に自民党政権がやって来た負の遺産を整理する事がオリンピックより急務であると信ずる。

完全に放射性廃棄物がなくなるのは10万年後とか言われているが、一万年後が千年後でも地球が、日本国がどうなっているかわからないのに、こんな危険な原発を稼働させている意味が解らない、以前、南洋諸島の海に放棄するような話があり、安全だからと説得したが、そんなに安全なら東京湾に捨てろと言われ沈黙した。
マア、今が楽なら後は野となれ山となれか・・・沖縄は戦前も戦後も捨て石か・・・

日本の優秀だと豪語していた軍官僚が始めた戦争が、四年も持たずに焼け野原の無条件降伏になろうとは誰が予想したか、それもご丁寧に日本は神の国だから危ない時は神風が吹くと宣伝したのにである。今の官僚たちは当時の軍官僚よりは優秀と思うや? 一寸先は闇であり、問題は予想が外れて敗戦直後のように苦しい経済状況に、この先なった時、日本人は助け合うかどうかである。

高額年金の議員や金持ちが国民全員と同じレベルの生活をするかどうかであり、米国のようにテニスコート プール付きの大豪邸に住むことが夢と思っている連中が、同じレベルの生活に満足するだろうか?大金持ちが中金持ちを貧民がより下の貧民を蔑む構図が変わらん限り、敗戦直後と同じ絵を見ることになろう

星の流れに涙する女性がまた出ない事を切にねがっているが、歴史は繰り返すか・・・税金を払っている国民が、税金で暮らしている、役人、議員たちより苦しい生活を強いられ、非正規が四割近くとは非常におかしいではないか?人が足りなくて外国人を受け入れ、片方では若者の非正規が大勢いる、まつたく、議員たちは国会で遊んでいる場合か・・・

国会が開かれない時は、歳費を削るとか歳費半分とか、厳しくしないと駄目だろう、名古屋の市長に出来て、何故に国会議員に出来ない、大体、年金など問題にしない大金持ちの大臣を選ぶこと自体間違いで、日本には大金持ちは結構いるが、財産の半分でも寄付したか?増やすことには熱心だが。これは選挙制度に欠陥があるからで財産家は、歳費なしとか、立候補できない制度も必要であろう・・こういう話になると憲法に抵触するとかいって反対するだろうが。

故マッカーサー元帥の言、ワシントンで熱いコーヒーを飲みながら指図する人間に言いたい、同じ船に乗れ、つまり、弾丸飛び交う最前線に来て言えと言う意味だが、議員と何とかは一度やったら辞められないと言うが、彼等は庶民と同じ船に乗っているか???議員を減らせと言ってるのに増やしている、まさに国民を愚弄している

マッカーサー元帥の人間性については毀誉褒貶があるが、同じ船に乗れというのは正しいと思う、元帥は上杉謙信タイプであるが日本では武田信玄タイプがトップにふさわしいと思っているようだ、風林火山はいいのだが
肝心の時に動かざること山の如しが多いのも日本だ、日本では源義経も謙信タイプだが、人気も抜群だ、されど
そういうタイプは最後は恵まれない。

北欧諸国のように専業主婦のない国、そのかわり、給与も男女一緒という方向に進むのが一歩前進だろう、何もしないで女性が輝く国などと虚言をふりまき、議員も大企業も婦人差別の日本でいいのか、かって東電OL殺人事件というのがあって、中々、支配企業で女性がトップに立つことの難しさを知らされたが、本当に女性は男性より劣るのか?劣ると思っている議員は多いか少ないか・・・神輿なら担ぐが実権は困るのが本音か?

本当に日本に夜明けが来るのは頭のコペルニクス転換が必要であろう 地球の歴史でもっとも発達した時代は
一万年前くらい前のアトランティス大陸の頃と言われている、産業文化も今とは比較にならないくらいで、大人も子供も働けば同じ賃金を受け取ったとされている。

人類発祥が数百万年前だそうだが、この二千年で急速に発達して最高の文化と兵器を持ったと今の人達は思っているようだが、それでは百万年も寝ていたのか? 遠い過去にも最高の文明があったと考えるのが正しいと思う、ナスカの地上絵だって昔は飛行機も何もなかったと言う前提に立っているから不思議に思えるが、その当時も空を飛ぶ技術があったと信ずれば、何も驚く事ではない。

今が最高と思うのは現代の人達の傲慢である、これからも地球は存在して人類は生き続ける、東洋の輪廻転生は当たり前と思うように人々がなった時、真の平和が訪れるでしょうー人がカルマ「因果応報」をきれいに消して
清い魂にならない限り、この地上で財産、名誉 権力に執着し、己の幸福だけを求める間は空しい争いを繰り返す事でしょうー

輪廻転生について知りたい人は、参考本の一つにハリウッド女優であるシャーリマクレーンの本をお勧めします
マア、学校で習った道徳と科学しか信じれない人達には難しかも知れませんが、ヨガ的呼吸をして頭を空にすればわかるようになるでしょう ただ、間違っても宗教にはまらないように・・多くの宗教は神仏を看板にした集金産業である。神仏の代理人はいらない、生き仏は金を必要としない。

寺も教会も神仏に近づく為の学校に過ぎない、それも小学校程度で学んだらその奥に行く努力が必要である、求めよされば与えられんであり、有り難くもない坊主や聖職者の説法を聞いて満足しているようでは進歩はない

参考文献  シャーリマクレーンのアウト・オン・ア・リムなどの書籍  大阪大学の工学博士、医学博士、故政木和三教授の著書 この世に不可能はない

芸能界と政界はよく似ている  164話

近頃、韓国の人気グループが非合法的理由で逮捕とか騒がれていたが、何も驚く事ではなかろう、知らないのは日本のフアンか、韓国のフアンくらいで知っていても沈黙していたと思われるマスコミや司法は表に出て来たので仕方なしと重い腰を上げたのであろう。

いつも思うのだが、彼らは逮捕されたりすると反省のポーズをとり、頭髪は元の黒髪に戻し、短髪背広姿にネクタイで深々と頭を下げるが、漫画である、日本ではそのほかに座禅とか、滝に打たれるポーズもある、反省しているなーと思う人はほとんどいない、人気者が好きな連中は彼らが反省しようとしまいと、ほとぼりが冷めれは
すぐに群がるので、ポーズは全て司法向けであろう。

反省のポーズをマスコミが流してくれれば、終了で刑務所に入った犯罪者の一部と同じで次はもッと上手くやろうと反省するが、罪の意識の反省はなかろう、故に何度でも同じような事を繰り返す、楽な道を選ぶのは洋の東西を問わない。イスラムの法で裁かれれば、少しは違うだろうが弁護士不要となるのは裁判官も望まないだろう。

マア、日本の人気グループたちが韓国と違うのは整形美少女、美少年ばかりではないということが唯一の救いなのかも知れない、日本のおばさんたちは余程、整形タレントのメロドラマに飢えていたのか、韓国まで押し掛けた者もいたようだが、戦後、君の名はという、すれ違いメロドラマに夢中になった日本のおばさんとたいして変わりはない。

ただ、日本は時代が成長して、そういう単純な美男美女のメロドラマを創らなくなったので、暇なおばさんたちは韓国ドラマに押し掛けたのであろう、もう一つは韓国ドラマは安いので、ある程度の視聴率を上げ、時間を埋めるのに便利だから、日本のTV局は争って買うのでそうなった原因もあるだろう

日本の映画やドラマは禁止されていた韓国のドラマをNHKが流すのは何か、原因があるのだろうか?今は日本映画も全面的に解禁されたのだろうか・・・阿部チャンネルとか御用テレビ局と言われているNHKが積極的になった理由は何だろうか?まさか、日韓親善の為とか言うのではなかろうね、今は日本を擁護するような人間は罵声が飛ぶ韓国では日本映画やドラマを見たいとはいえる雰囲気ではないだろうが。

韓国ドラマが入って来たのはずーと前であり、日本映画禁止の頃であったと思う、いつも、権力者の顔を伺う平目幹部が多い皆様のNHKが独断でやったのだろうか?日本の天皇謝罪発言が、もっと強くなれば当然、ドラマや歌手、ゴルファーなどにも厳しい目が向けられるであろう

そういう場合、文化は別だとテレビ局は言うだろうか、玉虫色の発言になるだろう、日本に出稼ぎに来ているタレントやスポーツ選手に韓国マスコミが聞いた所、どちらも平和的にとか、当たり障りのない発言をしていた。マア
最終的にはどちらを取るかと責められれば、韓国と答えるであろうが。日本の場合は権力者に恫喝されれば
すぐに迷解答をするだろう・・・自発的にしたというポーズで。

日本の国の良い所は、一応、国民が権力者を選べるシステムがあるという事と、批判する自由があるという事である、公権力者とか、公的人間は批判されても仕方あるまい、自ら、望んでその地位を選んだ以上、ある程度は非難、批判にさらされる覚悟がある筈で名もなき大衆の人権と同じではない、大衆が多くのの警官や私服に守られている光景はない、何か事件にならないと守られない人間と権力者たちと同等とは到底言えまい。

言論の自由と言っても、公的人間と大衆とでは重みが違う、議員たちは戦争に狩りだす側の人間で、国民は狩りだされる側で、議員たちは戦場に行くことはない、目には目を歯には歯をは米国の論理だが、戦争で取られた領土は戦争で取り返せは、ドイツとフランスで繰り返されてきたが、今は一歩前進で平和路線である。

たしかに、北方領土はロシアの無法により、占拠されたままになっているが、元々、条約やぶりの常習犯、ヒットラーと同盟を結んでいた日本が、ドイツは破ったがソ連は守ってくれるだろうと甘い期待をしていたのは如何なものかと思う、今回の維新の議員の発言も阿部政権だから出たのではなかろうか?

今、安倍総理に平目になっている議員や官僚たちも米国の力が衰えて、中国やソ連の力が強大になれば、雪崩をうってそっちに鞍替えをするだろうと思っている、外務省が中国寄りの外交官を抱えているのはどちらになってもいいようにしているのでは?今は冷や飯食いかもしれないが、戦前から米英が外交官の花形であったが、一時、独伊に変わりそうになったが、中ソは戦前の独伊で終わるのか・・・・

永遠に米国とは限るまい、米国に建国の理想がある限りは大丈夫とは思うが、力と金だけの大統領を選ぶかな??日本低国総理大臣は米国大統領に平伏する時代がいつまで続くのか、過去に御用評論家と言われていた人の言葉、日本はアメリカの妾になれがあまり違和感がない状態になってはしまいか?

この米国の妾発言は当時、大きな波紋を呼び愛国的な国民からは非難されたが、要は名よりも身を取れと言う事であろう、どんな大統領でもノーと言えない日本のトップは他国から見れば妾状態と思われても仕方なしか
現在は完全に対等な関係になったのであろうか・・・・国内では威勢がいいが完全独立はいつの日になるか?

何処の国も自国優先であるから日本が米国を見限るより、米国が日本を捨てる場合もあるだろう、そんな時
日本の権力者たちに秘策があるだろうか?いつも酷会の中だけで権力争いをしているろくでなしたちにーー、
米国の財布から解放された時、違う大国の財布にならなければいいが・・・・・真の開放は来るだろうか・・・

ソ連が弱くなったり分裂したり 日本の軍備が強大になれば、とりかえそうと思っている議員は与野党にもまだいるだろう、ただ、今は不味いので言わないだけで、時節到来を待っているのではと思うが核がある限り、夢物語であろう、戦争をしても取り返したい国民が多いとは思わないが、それをわざわざ聞くかね?暇なんだろうな。

そう思っていても言わないのが最低限の大人の知恵でそれを言ってしまうのは幼稚園児と同じで、東大出もここまで落ちたか? 単なる学歴馬鹿なのか?今、彼を擁護すれば選挙に落ちてしまうので議員たちは叩いてはいるが・・・・こういう人間でも当選してしまう選挙にも?である。

芸能人と議員たちは本当によく似ている、テレビに映る顔と本当の素顔とはまるで別であるという事を国民はもっと知るべきだが、一番よく知っているマスコミと秘書や付き人たちが表に出さない限り、中々、至難であろう
特に大物議員とか大物タレントたちは不祥事があってもほとんど表に出ない、捕まるのは弱小プロのタレントか
タレント議員だけである。

今までに薬物などで多くの芸能人が逮捕されたが、それは氷山の一角であろう、もっと大物のタレント、俳優 歌手もやっていただろうと思っている国民は少なくないと思う、すべては力関係でもみ消されたか、闇に消えただろう、全てをオープンにしていいと麻薬捜査官に命令が下れば、もっと驚くべき結果になるのではと思います。

何故に麻薬や大麻に日本が厳しいかと言うと、最初はいいかもしれないが段々、薬の影響で労働意欲がなくなり、税金が入って来なくなり、将来の兵役にも不都合となるからで、官僚の摘発は一罰百戒であろう。表向きは
国民の健康という事になっているが、ろくでなしの権力者たちが本当に国民の健康を考えていると思うや?自分たちの健康には百倍くらい、気をつかっているだろうが。

されど片方で麻薬禁止で働かせ、片方ではギャンブル人間を生み出すのを奨励するようなカジノ法案では日本という国はまったく両頭の蛇みたいなものだと思わざるを得ない、米国は宗教の為、禁酒法を制定したが、アルカポネを生んだ。動機が正しくとも失敗した、カジノ法案は動機が正しいだろうか?小学生に説明できるのかな
最初から不純な動機で出発して、博打は控えましょうは漫画以下である

汗水たらして働き、酷税を納める勤勉な国民があって国が成り立っていると思うが、やはり、議員たちはラスベガスのバニーガールと賭博と酒の方が素晴らしい国になるだろうと思っているのだろう、黙っているという事は、賛成と同じで、不労所得の地主と同じく、働かないで総理の顔色を見ながらどうでもいい発言をして税金を散財しているに過ぎず、マア、私から言えばまだ、アルカポネの方が汗をかいていたと思う・・・汗の種類は違うが。

私はまだ、戦前の軍事国家や、ナチス、中国、ソ連、北朝鮮のような国よりは日本はましだと思っていますが、安倍総理の言う美しい日本、過去を取り戻したいとはどの時代の日本なのか、未だに疑問である。勝てば官軍の明治維新が美しい日本なのか??東北諸藩にとっては少しも美しくはあるまい。

かってセクハラで逮捕された大坂知事がいたが、タレント知事であっても権力に座ると元々、好色だったのが余計に破目を外すようになったのか、人気と権力で傲慢になった人間は後を絶たないが、それでも多くの人達はテレビに映る顔しか知らないので騒動があって、驚いたりしている。

選挙民に問題があるのか、選挙の方法に問題があるのか、人間と政策がはっきりとわかるシステムがあったとしても今の議員たちは改善はしないだろうなーただ、総理の解散権はただちに失くすべきである、解散は四年ごとか五年ごとかに法律で定め、権力者の都合のいい時に解散は金と時間の無駄であり、国民の為にもならない

いつになったら、議員を減らすのか、まったく彼等は国民には痛みを強いても自分たちの生活だけは完全補償で
痛みはなし マア、出来るだけ永く議員を続けて後は楽な年金生活 国会と称している酷会に座っているのが仕事か ?少子高齢化で人も減っているのに議員はそのままか、半分でも多いくらいだ こんなろくでなしの集まりに何を期待したらいいのだろう。


この頃 都に流行るもの中毒患者と金権崇拝 163話

この頃 都に流行るもの、 オレオレ詐欺のバカ者か、スマホ中毒のバカ者か 麻薬中毒のバカ者か、忖度ばかりの政治家か 金 金 金の成金か 金 金 金のオリンピック中毒か 国民不在の元号休日か ろくでなしの害狡官か 国民不名誉症か ギャンブル国家に明日はあるのか??

泥棒にも三分の理があると言われているが、オレオレ詐欺には何もない、鼠小僧には金持ちや大名屋敷から金を奪い、貧しき人たちにばらまいたと噂されたが、実態はどうだろう?当時の江戸で小判を使える人間は武士か
大商人か富農くらいで、鼠小僧も小判はバラまかないだろうー銀貨くらいではなかったか?

それにしても10両盗めば死罪の法律があり、まして大名屋敷では捕まれば殺される可能性も大きく、命がけの仕事であり、鼠小僧の立場に立てば金持ちから盗み、ばらまく行為の何処が悪いと思っていたのかも知れない
そして一人で堂々とやったのは拍手喝采はないが、見事である。

今のオレオレ詐欺はかっての豊田商事と同じで、なんの理もなく、ただ、認知症に近い老人をだまかして、おこぼれに預からんとする情けない集団で、若者と言うよりバカ者である、一人で全部やれるならまだしも、親玉のいいなりになって、自分たちの祖父や祖母に近い老人をたぶらかして一時金を得て遊興費に散財するだけの無能集団とも言えようか・・・・

遊興費が欲しければ、必死で働くことだ、悪事に加担して一時金を得た所で、身元は親玉にしっかり記録されているから、万一、やめて成功しても途中で正業に戻っても生涯、揺すられる危険があり、逃げることも難しく将来は何もないだろう。簡単に金が入るなら何でもいいと思っているのだろうが、これは薩長政権から続く、勝てば官軍、勝ちさえすれば何でもいいと同じで、今の政権に繋がっていく

長州の偉人などと安倍総理は褒めたたえるが、勝ってしまえば何でもいいの精神は、法も正義も関係ない権力を握った者が正義となり、今の若者も棺桶に近い老人が金を持っていても仕方ないだろう、俺が散財してやるくらいの気持ちだから、捕まるのは嫌だが、罪悪感はないだろう

鼠小僧と違い、知らない、頼まれただけだと逃げ切ろうとする行為は何とも情けないの一語で、成りすますこと自体、普通の頭ではおかしいと気づく筈で幼稚園児ならわかるが、逮捕されると俯くかマスクをして顔を隠すのが多い、こういう犯罪は顔と名前を出しても良かろうと思う。

さすれば、すぐにこの手の犯罪は激減すると思う、こんなに長く続いているのは軽い刑だからと甘い考えからであろう、マア、人権派?とかいう弁護士が人権を守れとか言って喚くからマスコミもしないだろうが、弁護士はビジネスでやっているのであって、逮捕された連中が再犯しようが、殺人を犯そうが関係なく、裁判で刑が軽くなれば、勝ちで自分たちの家族に被害が及ばなければ、OKで正義の為に無償でやっているわけではない。

弁護士も生活があるから、冤罪の弁護もするが商売の為の弁護もやるのが普通でしょう―人権、人権と言うが
人権と自由の先進国アメリカでは顔も晒すし、名前も出す、全部ではないが少年だからと言って犯罪によっては
顔も名前も出す、後進国の日本で顔を隠し名前も出さないのはおかしいではないか?人権に違いがあるのだろうか?

悪党仲間にも仁義アリと言うが、豊田商事のように何の理もない連中は、親玉が死んで終わりではなく、幹部連中の顔と名前を張り出すべきであった、その残党が後も暗躍して同じような事件を起こしている。すべてが隔靴掻痒である。

勝てば官軍の日本では、総理の友達とか、知り合いは逃げ切れることが普通で、役人も忖度して出世した方が楽な生活を送れるから、何を言われてもカエルの面に小便で罪悪感など何もないだろう、追及する側の人間が
楽な余生を保障しない限り、忖度議員と平目役人はなくならないだろう。

オリンピックも終われば、一気に景気が悪くなるのはわかっている事だが、権力者たちはオリンピックやスポーツが死ぬほど好きかと言うと??であろう、票と金と名誉以外に興味のない政治屋がやるのは、人気取りと国民が喜んでいる間に他の事をしたいか、悪政から目を反らす狙いがあるからだと思っています。

以前、ある都知事が日本の金メダル見たいだろうと煽り、招致が決定するとこれで増税しやすくなったと言った
本音は増税であり、何に使うかわかったものではない、オリンピック反対などと言うと非国民扱いされるので中々
言う人は少ない。

かってサッカー王国ブラジルでさえ、ワールドカップよりも国民の暮らしだとデモがあった、一過性のスポーツよりも国民の生活優先であろう、借金もなく原発の後始末も完璧にやれた後に、それでは福島でやりましょうが本当であり、それが真の民意ではなかろうか・・

選手たちがやりたいのはわかるが、金メダルの選手は人間も素晴らしいのだろうか、その競技に関しては賞賛
されてもいいのだが、何が何でも金は何か違うような気がする、オリンピックの後に政治家になった選手たちを見ていると選手時代に輝いていた頃が色褪せて見えるのは私だけだろうか?

個人の記録は国とは関係ない、国と関係あるように最大限利用したのがヒットラーで、今もそういう国がある、日本はそうなる必要はない、頂点に立つのは世界選手権でもいいわけで国の称賛があろうとなかろうと全力を尽くして勝敗はその結果である。もう一つ言えば、活躍すれば大金が入るプロの世界にいて、国の名誉も手に入れようとするは如何なものか?国の役に立ちたいと言えば聞こえがいいが、結局は権力者の役に立つことになる

何億も稼ぐ人間は、辞退して陽の当らぬアマチュア選手たちに席を譲るのが本当のオリンピック精神ではなかろうか・・プロになれないかもしれない、またはオリンピックが最高の思い出となって社会人となるかも知れない人達に場を与えるのが本来のJOC幹部たちの仕事であろう、金 金 金メダルと銭ゲバの成金のような考えは見苦しい、これが阿部総理の美しい日本だと言われれば、そうかと思うしかないのかな

JOCが日本プロ協会の集団であれば、何もいう事はないが一応、スポーツの健全な発達と国民の心身の成長を
推進する所ではないのかな?日本にかっての東ドイツのようになって欲しくないと思うのだが、金をつぎ込み金をとる行為も度が過ぎると見苦しい、東ドイツは尊敬されていただろうか?独裁政権が他に誇るものがないので
金メダルに固執しただけであろう、日本は他に誇るものがないのだろうか・・・・

クーベルタン男爵は参加することに意義があると言ってなかったかな・・・いつの間にか国別対抗戦になってしまい、不正をしても薬を使っても金メダルとなったが、勝てば官軍は洋の東西を問わないか?私はそんなにシャカリキになって金メダルを取らなくても、穏やかな日本であって欲しいと願っています、大政翼賛会と化しているマスコミは権力者の意向に逆らうようなことはしないだろうが。

武道と言えば、こんな話があります、江戸時代、剣術で日本一になった武士の妻が、我が亭主がそんな偉い
人だとは今まで気が付かなかったと、家ではおとなしく風流をたしなむ人間で自慢する事もなく、静かな侍で
日本一と称賛されてもその生活態度は変わらなかった 日本の美の神髄はそこにあるのではと思います。

どれだけ金を使っても招致したかったつけが、JOC元会長の疑惑につながったのでないか、?フランスにとっては日本の元皇族だろうと関係ない、ゴーンの事件がなければ、どうなっていたかはわからないが。言えることは
米国の自動車のビッグスリーが、同じような事をした場合、逮捕と長期拘留をしたかどうかで大統領に何も言えない日本政府では政治的決着をしただろうと思う。

裁判所の判断だからと逃げるだろうが、日本の風土では最高裁は権力者に弱いことは国民の多くは知っている。プライドの高いフランスとしては米国に出来そうなことを何故、日本政府はしないのかと思っているのだろう
それが元皇族の尋問、逮捕さえ匂わした遠因ではなかろうか?

元号が変わるからと言って休日を増やすのは如何なものか、国民は公務員ではない、ほとんどの国民は中小企業で働いている、要するに日給月給の人が多いという事で、完全月給の公務員とか、大企業の社員はいいかも知れないが、働かない日は金が入ってこない人達にとって連休があっても家族旅行も出来まい、常に権力者たちは自分たちの都合ばかりで、国民不在である。

元々 元号なぞは時の権力者が勝手に決めたもので、時も支配していることを民衆に示す道具で、今も独裁政権の国では西暦ではなく、独自の暦を出している所がある。日本では将軍や天皇が決めていた、今は日本政府が決定するようだが、令和ではなく冷酷 冷色の間違いではないのか・・・巧言令色の多い議員たちにはピッタリではなかろうか

令和には温かみがまるで感じられない、温和とか春世の方が余程いいと思う、日本古来の万葉集から選んだと自画自賛していたが、使用している漢字は中国から渡って来たものであり、大体、漢字ばかりの万葉集を読めた日本人が当時どれくらいたのか 今でも読める人はそう多くはない、今も昔も学者か役人しかおるまい。

又も害務省の全権大使とかが、セクハラで訴えられているが、そんなものは氷山の一角であろう、被害者は大使館に勤めて日が浅い女性らしいが、彼女も勘違いしている所がある、日本を代表し天皇から信任状を頂いている偉い人だと書いていたが、そんな御大層なものではなかろう

彼らは公僕であり日本の出張所の所長に過ぎない、ODAなどで利権を得たい日本の商社などが、閣下などと持ち上げるから、その気になり、踏ん反りん返っているだけであろう、天皇の信任状などは内閣が任命すれば、セレモニーはあるが、自動的に出されるもので人間を天皇が吟味するわけではない。

多くの庶民にとって旅先でなんかあっても大使が出てくるわけではなく、部下たちが対応する、閣下と呼ばれる人間が対応するのは議員とか、権力者、大会社の幹部までである。大使を数回やれば、家が建つと噂されている外務省の役人ようにとっては有難い職場であろう。被害者が騒げば、いずれはどこか、目立たない所に回すか自発的に辞めるように仕向けるだろう。

立場の弱い人間が訴えるにはそれなりの理由と事実があり、こういう訴えをしたら、外務省に在籍するには快適な職場とはならないだろうと思いながらの訴状であると私は思う、全権大使で偉い人だと持ち上げたのは皮肉なのか?真にそう思っていたのか?わからないが。マア外務省が役に立っていたのは明治末まであろう、匿名全権大使ならわかるが。

こういう厚顔無恥の幹部たちに共通しているのは、絶対、自分の上司とか、偉い人間にセクハラとか暴力はしない、例え、酔っていてもしない、忖度や最敬礼はするが。立場の弱い人間にしかしない、それも証拠があいまいな場所でしかしない、これからの日本では上司に会う時はテープレコーダーは必須なものでかつ、監視カメラの前でしか会わないようにする事を義務付ける法律が必要になるかな

阿部総理は女性が輝く社会とか何とか、御託を並べていたが輝きはしないが目立っていたのは総理夫人だけではなかったか・・・日本はまだまだ閉鎖的な社会でであり、彼女が総理の友達の娘であったら違う展開になっていただろうが、こういう役人はそういう情報はしっかり握っているので、そういう時は最敬礼でハグした事でしょう

断られてからもメールをしていたのは本人がまだ、自分に気があると勘違いしていた可能性があると擁護していたテレビ番組があったが、それは勘違いしていただけで本人は善良な一市民であると演技して逃げ切ろうとする
狡猾なメールではなかったかと思う

ペーパーテストだけは優秀な官僚であるから、それくらいは考えるだろう、こんな男が全権大使でイラン親善協会の会長に押されていたとは、漫画である。高官と議員は普段は何をやっているのかわからないと国民は思った方が間違いなかろう。

ギャンブル都市構想が決定したそうだが、競馬競輪、競艇 パチンコ やくざの賭場もあり、賭け麻雀は当たり前の日本で、何でまた、ギャンブラーを増やしたいのか、さっぱりわからない、マア、政治家たちにはおいしい利権があるのだろう、片方でギャンブラーを増やし、片方で博打依存症を減らすために万全の対策があると豪語しているが、マア無理だろうし、そこまでして博打うちを増やしたいのか?

パチンコは射幸心をあおるとか言って、一発台とかを規制してスロットマシンはいいのか?、ルーレットやカードがやりたければラスベガスかモナコに行けばいいだろう、ラスベガスは何もない砂漠であったので、集客するには歓楽街が必要悪であったかも知れないが日本は何もない土地なのか?

日本の政治家にはギャンブルマンが多いのだろうなー、かって有名なギャンブル政治家がラスベガスで大負けして政商のOに助けてもらったと週刊誌などに載っていましたから、政治家が賭博好きなのを驚くことはない
しかし、負けるのは勝手だが、額に汗して税金を納めている庶民に申し訳ないと思わないのか、政治家や公務員の収入は税金ではないのか・・・全員が公務員ならいいが、博打はなるたけ減らすような政策が正しいと思う

国民栄誉賞をイチロー選手が断ったからとニュースになりましたが、私は拍手喝采です、権力者に利用されなくても彼は世界のイチローですから、こんな賞を受け取る必要はないですね、どういう基準で選んでいるのか、わかりませんが、人を利用して人気を取ろう擦る魂胆は目に見えているので、これから、どんどん断ればいいと思っています。マア、国民不名誉症とか、国民不在症とかなら、政治家、役人にも一杯いますが。

平成の徒然草 162話

徒然なるままに書いた書が兼好法師の徒然草であるが、今でも広く読まれているのは教科書などに載って、学校で教え、受験にも使用されたからであろう、この本の成立したころは鎌倉時代であり、文字を読み書きできる人はそう多くはない、日本全体の何パーセントくらいであったか?

兼好法師も現代、かくも読まれているとは想像もしなかったであろう、武士の世が長く続くことになるのか、またもや公家の政権になるのか、誰もわからない時代に書いた随筆が貴重なのは歴史を探る価値もあるからで、書物も書く人も少なかったので近代の学者たちの研究材料となった。

紙自体が貴重なもので、一般大衆が書くことは中々、至難であった筈で、貧しい人たちは明日の暮らしよりも今日の命であり、とても書を読んだり、勉強したり、本を書くことまで行かなかったと思う、それをやれるのは坊主か
暇な貴族階級か、高級武士階級であろう、しかし、兼好法師のお陰で当時の人達の思いや生活の一端が少しでもわかったのは良い事であった。

さて、同じく暇に任せて書いた文章であるが、私のは人に感銘を与えるような名文ではなく、書物が氾濫している
時代、ましてネットなどで世界中に文が飛び交う今、歴史的価値のある筈もなく、ただ、ひたすら駄文を書いております、私の文章が、後世で陽の目を見るとすれば、他の書物などが消失して私の本だけが奇跡的に残った場合でありましょう・・・・・

徒然草とは天と地の違いがあるでしょうが、兼好法師もまさか、受験の為の古典になるとは思いもよらず、心にたまった思いを書いてストレス発散をしていたのかも知れず、名文を書いて余人を驚かそうとか、名を残そうとかは考えていなかったでしょう、こんな文章を書いてみたがどうかなー程度ではなかったか?

歌人でもあり、神官の出てあり、坊主でもあり、朝廷や、鎌倉幕府の要人とも付き合いがあった知識人であった
人に比べれば、私は本当に暇を持て余した駄文家で、なんら、人のお役に立っているとは思えませんが、人は
こうあって欲しいと願う気持ちはあります、それが私の文章の中心で、権力者や国の役に立たなくても、庶民の
生活にささやかでもいいから、微かな光でも感じて頂けたら幸いであります。

さて、人間の能力は努力によって天才になれるかと言うと、私はなれないと思います、天才は生まれながらに決まっているもので、今の学校教育は、努力次第で皆、天才になれる、ガンバレと叱咤激励していますが、本当に
そうでしょうか?音楽家は努力でモーツアルトやベートーベンになれるのか?画家はダビンチやピカソになれるのか?

学者は努力すればアインシュタインになれるのか?葛飾北斎になれるのか?江戸時代は現代よりは誘惑も少なく、環境も多様ではなかった、絵の修行に打ち込むには適していた筈だが、北斎を越える画家は現れなかった
日本の音楽環境が初歩の頃でも三浦環は、世界で絶賛された、上野音大から芸大と名前も変わり、環境も良くなったにも関わらず、三浦環を越える声楽家は出なかった。努力しなかったからだろうか・・・・・

何の分野でも自分の才能の限界は感じることはある、大抵の人はそこで諦める、天才は軽々と超えていく、努力で勝ち取れるのは、天才の足元まであろう、野球でもプロの選手には中々なれない、ましてメジャーリーグで活躍できる人は少ない、そこで頂点に立てる人はほとんどいない、努力が足りないからからだろうか?

努力次第でプロの選手にはなれるだろう、メジャーのマウンドに立つことも可能だろう、しかし、トップには努力だけではなれない壁がある、努力だけでレオナルドダビンチになれると思う人はほとんどいないだろう、楽譜の読めなかった美空ひばりになれるだろうか?歌手は皆、美空ひばりになれるのか?その場に立った人だけがわかる事があり、人間、努力次第で可能だと言う人は詐欺師か、現実に立ったことのない空想家であろう。

凡才でも努力すれば、ある程度の所までは行けるが正解で、努力で私は金メダルをとりましたと言う人はいるが
それは競技人口が少ないか、たいした天才がいなかったか、その人自身が天才であったかであろう、短距離界では何年も世界一であれば、天才と言ってもいいだろう、誰でも子供の頃から足の速い子がいた記憶があるだろう、しかし、努力すればその子が、金メダルを取れるとはほとんどの人は思うまい、

短距離とか中距離では、黒人系の人達には適わないというのが、ランナーたちの実感であり、それで女子は長距離に転向する、努力では限界がある、その中でトップになるのは天才である。学校だけは誰でも努力すれば
東大に入れると激励する、学問に向かない子供たちにも半強制する、努力でかろうじて東大に入れる子はいるだろう、しかし、その先はどうだろう?

何の為の東大なのか、プロ野球の一軍選手になれただけなのか、その後の生存競争で落後していく選手は多い、二軍で終わる選手も多い、プロにはいるまではそれなりの資質を見せた人達だ、誰しも努力すれば、王、長島、イチローになれるのか?その場に立った人は言うだろうか?努力すればなれると、成れないのは努力が足りないからだと。

それでは何故にそういう虚言がまかり通っているのか、一つは親たちが我が子に楽な生活、立身出世を望むからで努力次第で有名大学、東大、京大に入れるなら入れたい、子供の能力も考えずに叱咤する場合とか、親の見栄などである もう一つは出来の悪い子供を持つ親たちに、夢を与えるのが教育であると思う大人たちがいるからである。

就職するのに学歴が何の関係もなく、高卒だろうと中卒だろうと給与も昇進も同じ社会であれば、どのくらいの人が進学するか見たいものだ、中には労働よりは遊ぶ方がいいと進学を選ぶ人間もいると思うが、真面目に働いて親に楽をさせたいと思っている人間にとって、差別がなくなれば、苦学しても学歴とは思うまい。学ぶ学生が
減って困るのは教育産業の商売人たちである、無論、教授も文部省も苦い顔であろう。

誰もが同じ夢を見るわけはなく、そんな必要もない、人生色んな選択肢があって当然で、大工でも調理師でも
歌手でも画家でもいいわけで、それを全員同じ方向に向けて、追い込むのは如何なものかと思う。子供の頃から努力すれば東大も夢ではない、馬鹿な子供はいない、努力が足りないだけだと吹き込む大人がいるから、それなら塾に通わせましょうとなる。

戦時中の予科練募集と同じで、若い子は全員飛行機乗りに志願するのが当たり前と全員、戦闘員となることを進め、煽るのとたいして変わらない、兵隊に向こうが向くまいが志願させる、それが強制なのか自主的なものかの違いはあるが、同じ方向に進むのはどうだろうか?いずれの学校も東大合格率を競い、人間教育は後回しである その結果、人生経験が勉強だけの東大馬鹿になる危険がある。

つい、最近、韓国で酒に酔って大暴れしたキャリア官僚が厚労省にいたが、帰国後のパソコンでは被害者のような事を載せているが、現場の証拠もあり、暴言も残っておりながらの言い訳で真に見苦しい、泥酔ではないとしたら、余計に酷く、仕事でないなら嫌いな韓国に行かなければいいのに。こういう官僚が上司や総理などには平身低頭で平目官僚の典型であろう

学校の成績は良かったから、高級官僚になれたのだろう、こういう人物は試験問題では腹が立っても外国の人とは仲良くしましょうなどと答えるのでは。以前、、酔っ払って警官を叩き、平巡査のお前に俺を逮捕できるのかなどと暴言を吐いた官僚がいた、また、NHKでは幹部がタクシー運転手を足蹴にした事件もあった。そう言えば人気グループやタレントにも自分を大物だと勘違いして暴言を吐いた者もいたが・・・馬鹿につける薬はないか?

酔うと本音が出るのが普通で、自分より下の人間、下だと思っている人間には徹底的に強いのがこういう人間に多い、私の最も嫌う人種である、間違っても大臣とか、大幹部に蹴りやパンチをふるう事は酔っていてもしない故に上司も気が付かない、または上司もそういうタイプだから出世したのを見習ったのかも知れない。

無論、彼らが高級官僚になれても、天才ではない、答のある問題を解く作業に強いと言うだけで、国民の役に立つかどうかは別で、大抵は権力者の役に立つだけである。こういう官僚は民間では解雇であるが、役所ではどこか、目立たぬ部署にほとぼりの醒めるまで置くか、どこかへ天下りであろう。そういう面倒見はいいだろう。

こんな無恥で酒乱の上司に、御無理ごもっともでございますと仕えてきたノンキャリアの部下たちこそ哀れである
他のキャリア官僚も似たようなもので、上に目が向いても下に向くことはまずなかろう、平目役人とはその通りで
それで一生を終え、勝ち組と呼ばれるのだろう・・・

人間に完璧な人はなく、誰しも欠点がある、そういう人間の集合体が国となり、ろくでなしがトップになる仕組みが今の日本であるが、それでも、完全独裁の北朝鮮や中国、ソ連よりはましであるのがせめてもの救いか??
表向きは正義と平和を唱えているが、実態は我欲の金権亡者たちが、世界を動かしているのが現状か。

かってイデオロギー論争で、中ソは対立したが、何のことはない、北朝鮮は世襲の金帝国である、それを支援していた中ソの何処が共産主義で、人民の国か?みんな、自国の利益になれば何でもいいのが現実で、米国は
自由主義を金看板にしているので、そう、あからさまにには出来ないのか辛い所だろう。

平目官僚と金権政治家の我が世の春はいつまで続くのであろうか?かって日本はは幕藩体制が正義であった、それに反旗を翻して改革をやった薩長政権が潰れたのは徳川政権と同じ、米国の外圧であった、中身が腐れば
同じ運命をたどることになる、今の自民党、安倍政権が正義である保証はない、反旗を翻した方が正義かも知れない・・・徳川は260年以上続いた・・・この政党政治が後、百年も持つとは到底思えないが。

追記
平成から令和とやらになったが、こんな事に大騒ぎしているのはマスコミのせいだろう、権力者に忖度したのか、出来るだけ賑やかになるように頼まれたのか知らないが、オリンピック以外、何もいいことがなさそうな政権にとっては国民が浮かれるのは望ましいだろう、オリンピックも終われば、美空ひばりさんのお祭りマンボと同じような結果になるだろう。

元号などというものは権力者たちが権力を誇示する為、勝手に決めて来たもので、天皇の力が強ければ、天皇が、徳川将軍の力が強ければ、将軍がもっともらしい元号をつけて来た歴史があり、今も、中国の書物ではなく万葉集からとった、日本の元号だと自画自賛しているが、漢字自体は中国から取り入れたものである以上、何の意味もない。ひらがなの元号なら別だが

江戸時代の庶民にとって、権力者が亡くなる度に元号が変わるのでは覚えきれまい、大名や大商人は知らず、普通の人達には、元号なぞ関係なく、その日その日を生きて行くのに必死であったろう、今も庶民も同じような
ものだが、役所とか学校、ビジネスなどでは昔と違い、使用しなくてはならないのが少々、面倒と言えるか。

令和ではなく、平和でも良かろうに、西暦ではなくどうしても元号にしたいのなら、五十年とか、百年で変わるように決めればいいのだ、どちらを使ってもいいような事を官房長は話したが、運転免許証などはどうするのか?西暦で通るわけはあるまい、お上に逆らう不埒者として扱われるだろう。権力者は独裁国家に限らず、役所の決めた事に、素直に従う人民がいいのであって、私のように醒めた眼の人間は歓迎されないのは今も昔も同じである


子供は国の宝と本当に思っているのか?161話

よく、子供は国の宝だと声を大にして言う人が日本では多いが、官僚、政治家たちは本当にそう思っているのかいつも疑問に感じているのは私だけだろうか?戦前もそう叫ばれていたが、その心は兵隊と納税の為の人材確保が目的であった。産めよ増やせよのスローガンの元、子供が多い家庭は当たり前でその傾向は戦後もある程度は続いた。

私の世代では五人くらいの子供は普通で、一クラス五十人程度はざらにあり、当時の教師の理想数は三十人学級が望ましく、それくらいだと子供一人一人に目が届くと言われていたが、現実は少子高齢化が進み、どんどん
子供が減り、クラスの数も減ったのだが、一人一人に目が届いているかというと??であろう。

貧乏人の子沢山で、余った人間は移民で外国に放り出し、戦前は満州、南米、ハワイ、戦後は南米に送り出し
実態は一握りの成功者を除き、棄民であった。国の宝を困難な外地に送り、後は野となれ山となれで、政府高官の家族が、そういう場所に放り出されたら、一月どころか一週間も持たないであろう。

普通の家庭でも兄や姉のお下がりの教科書や、衣服が珍しくなかった子沢山の時代から、一人や二人の子供が当たり前になった今日、真に子供は国の宝であり、人間国宝や国宝よりも大切ではなかろうか・・・

過日、小学生の女の子が父親に虐待され亡くなったが、連日、正義を振りかざして政治家、マスコミが騒いでいたが、今に始まった事ではあるまい、以前からあった事で、これからもあるだろう、まずは児童虐待罪という法律を制定したらという提案があるのに、そういう風に進んでいるとは思えない、自分たちに有利な事、不利益な事に
関しては、世論を無視してもすぐに議員立法とか、多数決で決めるのに総論賛成 各論反対なのか?

国の宝である児童を交通事故とか天災で失ったわけでもなく、頭のおかしい親の為に失うのはあまりにも悲しく
何もできなかった大人たちを見れば、情けなくて声も出ない、今すぐ、虐待児童を守るためには何でもやるべきであろう、原因究明とか言っているが、家族を虐待してストレス発散をしている親は何処にでもいる。

米国にならい、一度でも虐待があれば、成人するまで二度と会わせないか、選挙だけは成人と認めた出鱈目な
年齢18歳まで会わせないか、真に自分の意見と体力がつくまで、保護施設に置くべきだろう。教育委員会の幹部が、父親の態度に恐怖を覚えたと言うが、彼は暴力団員なのか?教育者が恐怖を覚えるほどなら、子供は
沈黙するしかあるまい。

子供の書いた紙を見て、内容文書のコピーを渡したと言っているが、誰が見たって、子供が書かされたと思うのが普通で、そう思ったが渡したという事は、役人特有の事なかれ主義か、保身の為としか思えない。何とかなりませんか・・と悲痛な叫びを握りつぶしたのが、ただの役人ならまだしも卑しくも教育に携わる連中とあっては
何をか言わんやである。

自分の知人や家族の子供であっても同じ態度なのか?移民政策の高官と変わらない、後は野となれ山となれではないか?こういう教育委員会の任命する校長などの管理職も押して知るべしか、父親は職場では問題なかったと報道されているが、そんなにストレスのたまる仕事であったのか?それとも職場では無理に合わせていたのか?そのストレスが原因なのか?

そうでないとしたら、この父親の性格が異常であったと言うべきで、沖縄時代からあったのが今も続いていたとしか思えない、転校したとき、次の学校には何の報告もしてなかったのは、前の学校の管理職の保身で、厄介な
親のいる子供がいなくなって一件落着なのか? ひと月も学校を休んで何も思わなかったのは児相からも前の学校からも報告がなかったからであろうか?

マンモス学級で生徒が百人もいたのだろうか・・・・生徒の確認も出来ない程、教師は忙しいのか、何の指導も
しなかった管理職の校長や教頭たちの責任はないのか?何で転校してきたのか、しつこく聞くべきであろうに
そういう学校体制を改めるべきだろう。

以前、管理職になるのに校長、教頭候補などが、教育委員会の幹部に付け届け「金品など」をする慣習が明白になりマスコミに叩かれたが、もう、それはなくなったと思っている国民はほとんどいないだろう、そういう決定権を持つ教育委員会の幹部は誰が決めるのか?それが問題である。

民間でも出世したい人間が、幹部に付け届けと言うか、金品などを贈るのは珍しくもないが、公的機関の人間の
教育現場であるのは如何なものか?全国では滅多にないというならまだしも、そうではなさそうだというのが問題で、元が人格高潔、信念ある人たちが上にあるなら、下もそうなり、子供優先の対応となる筈である。
再度いう、農業委員会とか、建設委員会ならともかく、教育委員会を名乗る以上、辞職しかあるまい。

転校理由は何と書いてあったのか?子供にとって転向は友達との別れもあり、心に傷が残ることであり、簡単には転校はない、そのへんの事は教育者なら気がついている筈だが。他にも色々、対応しなければならない件が
あり、一つの事に構っておれなかったというが、免罪符にはなるまい。

今、政権も官僚も、ここぞとばかり、票と人気取りの為に騒いでいるようだが、すぐに出来ることは児童虐待罪の
制定であり、何でもやるという事で、人でも相談所でも 施設でも増やすべきは増やすべきで、国の一斉点検などという空虚な指令は、教育委員会などは適当に報告して、まずいことは隠すに決まっている。

面倒な事を言って来たなーが本音ではないだろうか?今、是だけ騒がれている時に実はうちの学校でも酷い
虐待をする親がいると報告する管理職はあまり、いないだろう、もっとも軽度の虐待を報告して後は隠して終わりではなかろうか? まさか、死に至ることはあるまい、自分たちが管理職をしている間に起こらなければ良しか

いくら、人を増やしても、何の信念もない事なかれの人間ばかりでは何もならないが、少しは役に立つ教育者が出る事を祈るしかないか? 父親に訴えると言われて恐怖するような役人、または威圧的態度に下がるような
教育者ばかりでは・・・他の県も似たり寄ったりであろうと国民は思うか、我が県だけは違うと思う県民が多いか

教育委員会ではなく、無教育委員会とか生徒放任委員会とかに改名したらどうだろうか・・・上からの指令だと
現実に向き合っている最前線の人達の意見が通るとは思えない、管理職たちはまず、自らの保身と出世が第一だから、自分の子供でない限り、責任をとらなくていいような回答しか出すまい。

ここも、安倍内閣と同じで、役人の書類の紛失や記憶喪失が多いだろうが、韓国と同じ反対内閣になれば、書類も出て来て記憶喪失も治るだろうが、国の宝が消えたのにいい加減な対策では、亡くなった子供浮かばれまい、妻の立場も難しく、亭主が逮捕され子供が小さい場合、生活保護しかない時、我慢してしまう事もあろう。

亭主の親は息子を庇うだろうし、自分の親にも援助を頼みにくい時、どこに助けを求めるのか、生活保護を受けなくても子供がある程度の年齢に達するまで、虐待児童の場合、別枠で支援する制度も必要ではなかろうか?
米国のバカ高い兵器はどんどん買って、こういう予算はないと言うのも不思議である。楽に生活が出来る制度があれば、虐待されている妻たちも子供たちも声を上げるのではと思います。

日本の総理は米国大統領に忖度して兵器を買い、挙句はノーベル賞推薦とはゴマすりも度が過ぎるというものだ、そしてそんな総理に日本の平目官僚 平目議員が群がって忖度、さすれば、下の人間も忖度となり、国の宝は子供ではなく、アホ総理となったのか?それにしても、阿部夫妻は品がない、鳩山夫妻は宇宙人とか奇人変人と言われていたが、品格は今の夫妻よりはあった。やじを飛ばす総理を見ているとこんな男が日本の代表か
と悲しくなる。長州も維新の傑物とは程遠い人間しかいなくなったのか、明治は遠くなりにけるか。

戦前であれば、女は三界に家無しと言われていたから、忍耐するしかなかったが、もはや、戦後ではないと政治家たちが豪語してきた昭和も過ぎ、平成も終わらんとするに、虐待と忍耐が後を絶たないのは何故だろう・・日本という国は良い国なのだろうか? 一部の人達にとっての良い国ではなかろうか・・・勝てば官軍、何をしてもいいのだと思い違いをしてきた薩長政権から今に至るまで、何か違うような気がする。

虐待された子供は、不運だったで済まされるだろうか?無職の親とか同居した男性の暴力とかが一時、騒がれたが、一応 勤め人の父親に虐待され続けられた今回は何処の家庭でも起きる可能性があるだろう。

本当に何とかなりませんか? 唯一の息抜きが学校であっただろうに、一月も休まされて毎日か地獄の日々ではなかつたか・・・・教育者を名乗る者は恥ずかしくて、直ちに辞職するか 教育に関係のない部署に異動が筋であろう、彼女の転校は死につながったが、教育者の転職は命は保証されるだろうから。何ともなりませんと答えるのはダメな大人の一人である私も非常に辛い。