網走番外地と文化勲章 102話

今年 俳優の高倉健さんが文化勲章を貰いましたが、人が貰おうと貰うまいと関係ない話なれど、それまでの日本人の庶民の生き方の手本を示す映画を見せて来た高倉 健さんには断った方が男が、上がったのではと個人的には思っています。 そんな 高尚な勲章いらんばいとのセリフが聞けたら喝采したのですが。

御本人も前科者の役が多かった私に云々の話がテレビで流れていましたが、確かに網走番外地と文化勲章は
似合わないですね、私は東映時代の健さんの方が面白く 好きでした、文芸大作とかの映画も悪くはないのですが、画面に出るとその役柄がわかってしまう 即ち 寡黙で男らしい 九州男児が努力する映画は見ていて疲れるので、どうせ 同じような主人公なら任侠映画の方が楽でいいですね。ただ、健さんが映画を娯楽と見ていたか、芸術と見ていたかはわかりませんが。

脇役でしたが、飢餓海峡の刑事役の健さんは、今見てもいい男だなと思います、スケートの羽生選手がリンクに
立つだけで絵になる存在なら 健さんの背広姿は真に絵になる 日本人には珍しい背広が似合う役者でした。
マア、着物も似合いましたが、何をやっても絵になる、これは役者としては財産でしょう。

高倉さんが日本人に生まれて良かったという発言は、文化勲章を貰えたから、そう言ったと思われがちですが
真意は勲章を貰おうと貰わなくても、そう思っていたのではと思っています。健さんに人種差別とか、好戦的な
思想があるわけはなく、日本人として 九州男児として 男はこうあるべきだとの生き方に共感した作品だけに
出たのでしょうが、俳優としてはもっといろんな役に挑戦した方が幅が広がったのでは?

主役でなくとも、脇役でも出て悪役でも何でもやった方が良かったのではと、健さんは大石内蔵助をやりましたが
反対に敵役の吉良をやるとか、イメージを大切にして作品を選ぶのはわかりますが。私生活も九州男児を通すのは疲れる生き方ではなかったでしょうか・・・・・フアンを大事にするのは良い事ですが、年齢とともに役柄も
色々やられればと、流石に主役をやるには年齢がと思われた方も多いのでは。

日本人の悪い癖で゛、芸能人でも作家でも、作品と本人を一緒にイメージして騒ぐ所がある、映画や芝居の主役が私生活では反対の例は幾らでもある、憎たらしい悪役の人が、私生活では凄く善人であったり、青春小説を
書く作家が、実生活では好色でだらしない人間である事もあり、男らしいイメージとか女みたいなイメージが
あっても、実際はわからないのが普通であろう、 作品と実際は違うと思っている私は故に、サインを貰おうとか
逢いたいと考える事はない、又 作品のイメージと違っているからといって落胆する事もない。

お金を払って映画を見たり、本も買うが、私のような人間ばかりでは芸能界は成り立たないのかも知れません
売り物の演技に熱狂する人がいるからこそ 彼等は金を稼げるのであって、健さんはそれをよく承知していた
人かも知れません、道を通っても知らん顔の人間ばかりでは、プライベートでは楽かも知れないが、興行的には
まずいのではなかろうか?

勲章というものは、役人が権力者と相談して決めるもので、二通りある、普段 政権に楯つく野党の人間を黙らせる為とか、勲章を欲しがっている財界「商売人」の人間に恩を売る為とか、後は人気取りと世間体であろう
海外で評価されると、慌てて授与するし、人気者を取りこむことで政権の評判を上げて選挙に有利にするとかで
でしょう。

長嶋監督と松井選手の国民栄誉賞の時も色々 言われましたが、人気取りだというのが透けて見えるのは
哀しい、アホのミックスの失敗が顕著になる前に、色々、手を打っておこうという事でしょうが、自分達が思う
程 国民は馬鹿ではない、そういうアホーマンスが自分の人気上昇にはなるまい、取り巻きと従軍記者たちからは提灯記事がでるでしょうが。

大体、勲一等とか二等とか、誰が決めるのか?ろくでなしの政治家とか、金もうけしか頭にない財界人ばかりが
貰っているが、馬鹿馬鹿しくて言葉にならない、こんな低級の連中より下の、勲章を貰って嬉々として喜ぶ人達の心が、私にはわからない、あなたは勲五等ですよと言われて上を見れば、酷い人間ばかりでは、すぐにドブに
捨てたほうがよろしかろうー元ヘビー級ボクシングチャンピオンだったムハマドアリは、カシアスクレイの頃、オリンピックで金メダルをとったが、すぐに川に投げ捨てた、何の価値もないと。

アリはボクシング馬鹿ではなく、白人に利用されるオリンピックに黒人として抗議した、ベトナム戦争にも行かなかった、見ず知らずベトナムの人を殺す理由は自分にはないと、己の意見と信念を持ったチャンピオンで、
権力者達に利用宣伝される事を拒否した、アメリカ万歳 金メダル万歳と言っておれば、楽な未来か待っていたかも知れないが、白人に頭を撫でられていい子でいるのが嫌であったのだろう、しかし 彼はその行動で株をあげ、ボクシングチャンピオンとしてだけでなく、人間として世界で称賛された。

今 日本にそういうスポーツ芸能人は、いるだろうか? 俳優の故菅原文太氏は中々、たいしたものであったが
人気絶頂の全盛期に反権力を貫く 大スターは少ない、多くの芸能人たちは物言えば唇寒しで、仕事に影響が
あるのではとか、コマーシャルが減るのではとか、会社などから圧力がかかり 沈黙してしまうのだろう。

以前 女優のFさんが機密保護法について 少し発言しましたが、大変感動しました、まだ是からの人なのに
よく発言されたと思いました。権力者は無名の人達がいうぶんには知らん顔ですが、有名人とか、影響ある
人達の発言は厳しくチェックしている、あれから 沈黙されていますが、何かあったのでしょうか、それとも
自主規制されたのでしょうか?

若い人とか 是からの芸能人が沈黙をするのは生活がありますから、仕方なしですが、もう 棺桶に近く、生活にもさほど困らない人達は、はっきり 意見をいうべきであろう、日本の将来に対して、こうあるべきとか、原発に反対ならはっきりとNO 賛成ならイエスとか そんな事はどうでもよく、自分達さえ良ければ わが世の春だと思う
輩には引退をお勧めしますね。

特攻隊の映画は、一応 どれも反戦にはなっているが、問題は見る若者たちが、どう思うかである、恰好いいと
思うかも知れないし、何より大事なのは戦争指導者たちの愚劣さであり、何でそうなったのか?避けられなかったのか?最大限 避ける努力をしたか?であって、避けられない自存自衛の戦いであったので、戦死しても
仕方がない方向に持って行っている、本当に避けられなかったのか疑問だらけである。

故山本元帥が、居並ぶ高官たちに、日本はアメリカから軍需物資の大半を輸入している、そのアメリカと戦争して物資はどうするのか、と問うに沈黙したままであったとある。死中に活路をとか大和魂とか言っても生産力が大人と子供程、違う国に挑むには余りにも国民に対する配慮がない。

日露戦争も勝ち目のない戦であったと言うが、米英の無言の支援があり、一年ばかりの戦争で財政はパンク寸前であった、もう一年続けば 勝利は疑問であった、即ち 日露戦争は真珠湾攻撃から、シンガポール占領で終了したようなもので、日本の国力は長期戦には耐えられないのは今も昔も同じである。

自衛隊が戦えば 勝てるとか 航空戦なら負けないとか そんな無責任な事を言うべきではない、
床屋談義なら許される範囲だろうが、卑しくも議員とか自衛隊幹部が口にするのは恥ずべきであろう。

今 もし 戦争に行かされる若者たちに聞きたい、この醜い国会議員達の為に死ねるのか、国の為といっても
このアホどもの為と同じである、年末の忙しいのに、ただ 今、やれば選挙に勝てると衆議院を解散して、勝った
自公政権に何を期待するや? 普通の常識を持っている人なら、不況のさなか、年末に選挙では国民も大変
だろうから、来年にしようとなる筈だが、ただ 投票率が下がれば楽勝とばかり、強行して何の反対意見も出ない
与党に常識も、国民を思う気持ちはかけらもない。

東映のやくざ映画であれば、町の衆が楽しみにしている祭りの時に、喧嘩で潰してしまうのは済まないので、その日はあこぎな組長に無理難題を言われても我慢しようと、本当の渡世人は耐えるというのがお決まりであったが、政治家たちはやくざにも劣ると言えようか? 庶民の大忙しの年末に野党と喧嘩しても強行する姿勢が
侠客である筈もなく 維新の志士でもない 吉田松陰も賛成するだろうか?山口出身の安部に聞いてみたいものだ、来年 松下村塾のドラマをNHKでやるようだが、何で今 吉田松陰なのか? 国営放送で見るような
ものではない。

安部政権の時に松下村塾のドラマでは、狭い愛国心高揚に利用されるだけで、私は間違っても見ない、松下
塾は民主党で沢山である、彼等の為に多くの時間と金を浪費され、国民は失望しただけである、真に政党助成金はなくすのが筋である、これある限り彼等は解党しない、政治献金を失くす代わりに政治に金がかかるからと
いう理由で始めた筈なのに、今や、両方貰っている、こんなろくでなしの議員達に国の舵取りを任さなくてはならない国民は本当に不幸である。

高倉健さん 菅原文太さんなどと同じような頃に生まれ、戦争を煽るような国会議員がいたが、普通の人達なら
戦争にならないように最大限の注意と努力をすると思う。、日本は特攻隊だけではなく、多くの一家の大黒柱を
失い 家も財産も失くして情報が明らかになり、国民は平和で行こうとなった筈だが、醜く議員の座にしがみつき
漸く 辞めてくれたが、国の為にはそんな犠牲もさしたる問題ではないのかな。

戦争体験のない、甘ちゃん総理 自衛隊の元幹部たちが戦意高揚を煽るのは如何なものか?先の大戦の壊滅的惨敗を喫して満州では軍人が民間人より、先に逃げ、多くの犠牲者が出た事、上野駅だけでなく、日本全国に戦災孤児が溢れ 国民もボロをまとい、その日を暮らすのに精一杯だったのは、まだ 百年もたっていないじゃないか・・・・・・

昔の日本に戻すとはどういう意味なのか? 明確にすべきだろう 、天皇の人間宣言を取り消して帝国憲法に
戻したいのか? 植民地があった頃の帝国日本に戻したいのか? いつの時代の日本に戻したいのか?
まさか、江戸時代ではあるまい、選挙前はあいまいな言葉で誤魔化し、選挙後に勝手な事をすべきではない

戦争を始めるなら、まず、高位高官の子供や孫を最前線に送るべし、無論 自分達が行っても構わないが。
故マッカーサー元帥も言っている、同じ船に乗れと。ワシントンの冷暖房の部屋でコーヒーを飲んで戦争を語るな、最前線に来て、砲弾の前に立て、兵隊と同じ船に乗れと、安倍川モチたちに、それが出来るかな?


再度 書く 棺桶に近い人達はあの世に行く前に、日本の現状を見て意見をはっきり 明確に述べて行動する
べきで、ただ 政治が悪いというだけではなく、どう悪いのか 何が悪いのか どうしたいのか?を述べるべきで
棺桶に勲章を入れて貰っても、地獄の閻魔は何の評価もしないだろうー

かって、明治の元勲と言われた山県有朋が死後 何とか国葬になり、墓に位階勲等 その他の文面で飾り立てたが、下級武士から成り上がった人間の哀しさを感じる、平民宰相と言われた原敬は墓に名前だけである、家老出身の彼にはそんな みっともない真似は出来なかったのだろう。

右と言われたら右向くのが国営放送の務めであると仰った日本の会長さんがいたが、具眼の士ならマスコミの提灯記事に踊らされる事なく、公約違反 選挙の時に大きく言わなかった事をやった政党には二度と投票しない決意が必要で、そんな事をすると政党が無くなると言うなら それで結構 そこから始めの一歩でそれくらいでないと、日本国民の意識は変わらない、無論 それでは困るので多くの議員達が反対するのは、目に見えているが。


健さんの生き方は立派なれど やはり番外地の健さんがいいね 余り うまくはなかったけどどドスの効いた歌声と、そして悪い奴に死んでも貰いますが。勲章を下げて醜議員を切る場面は想像出来ないが、放送禁止歌であった網走番外地の歌  ♪春に追われし・・・を口ずさみながら 健さんを偲ぶとするか。 ・・本当は網走番外地に入るのは酷会議員たちではなかろうか・・・永田町には番外地はなかったか・・・流れ流れて永田町では絵にも歌にもならないなー

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック